無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 時代小説散歩(その弐) | トップページ | 大晦日東京ウォーキング »

2013/12/29

時代小説散歩(その参)兼スタンプラリー

日本各地は荒れ模様のお天気らしいが、東京は土曜日も日曜日も好天に恵まれた。
気温は低いが風がないので、日が当たるとポカポカと暖かい。
申し訳ないくらいのウォーキング日和だったので、頑張ってスタンプラリーを
することにした。

高札廻りスタンプラリーは、どうやら両国観光案内所が企画したものらしく、
スタンプ対象高札の場所は、両国近辺に集中している。両国周辺ということは、
我家から徒歩圏内にあるということで、スタンプ収集は楽だった。

Photo

このスタンプは、GPSの電波か何かで認識するらしい。
高札にスマホをくっ付けてもダメなのに、少し離したらOKになったりした。
それが分かってからは、スタンプの数がどんどん増えていった。

土曜日は主に竪川を越えた墨田区の南端地域を歩いた。
スカイツリーとは逆方向で、江東区に接している地域だ。

先日「弥勒寺」に行ってきたけれど、それまでこのエリアはほとんど歩いたことが
なかった。でも藤沢周平の時代小説に頻繁に登場するエリアなので、歩くのが
楽しみだった。

Photo_2

まず菊川駅の近くにある「長谷川平蔵・遠山金四郎屋敷跡」に行く。ここには
高札が無かった。両国からちょっと距離があるからかしら。

Photo_3

その代わり、地元が立てたらしい「鬼兵通り」の幟が、大通りにそって何本も
風になびいていた。

Photo_4

ここではスタンプゲットできなかったけれど、町歩きしていると気になる看板や
お店が目についたりして楽しい。菊川駅周辺には手頃なレストラン、カフェなど
あって、とても住み易そうな街だ。

そこから新大橋通りを森下駅に向って歩いた。この大通りが区の境界線なら分かり
やすいのだけれど、森下駅周辺でいきなり江東区が墨田区側に食い込んでくる。

ちょうど弥勒寺のある辺り、「五間堀」や「六間堀」があったところで、時代小説
ではお馴染みの場所だ。昔は掘割だったが、今はその一部が公園になってその名が
残っているだけ。

Photo_5

江東区の五間堀公園。一帯は墨田区と江東区が狭い路地を挟んで向かい合い、
境界線がギザギザに入り組んでいる。

この辺りのマップと「スタンプをゲットした場所」>が、このサイトに載っていた
ので、リンクした。

「六間堀中心の周辺地図」にも、今回歩いたエリアが載っている。この地図を
見ながら時代小説を読むと、位置関係がよくわかる。
ここに載っている「三保ヶ関部屋」でもスタンプもらってきた。

Photo_6
(西光寺)

ところで、締め切りが12月31日の高札スタンプラリーを優先したが、ついでに
お寺のスタンプも貰おうとマップを持って行った。でも結局お寺のスタンプは
貰わなかった。この地域にある要津寺や西光寺を覗いてみたのだが、どちらも
真新しい建物で、何だか高級料亭みたいで、とっつきにくい印象だった。

いろいろなお寺があるから、一概には言えないかもしれないが、いくつものお寺と
神社を訪ねてみて、その違いを実感した。お寺は敷居が高く入りにくいが、神社は
かた苦しさがなく、ふらっと入ることができる。

Photo_7
(初音森神社)

今回訪れた神社のなかでは、初音森神社の素朴な佇まいが気に入った。もともと
問屋街の馬喰町の氏神さまだったらしいが、明暦の大火の後この地に移転した
らしい。

Photo_8

初音森神社の片隅の「難波稲荷大明神」という小さなお社が気になった。どういう
由来があるのだろう?

「江島杉山神社」も良かった。

Photo_9

ここには江ノ島弁財天を模した洞窟があり、その中に杉山和一の小像やお社が
祭られている。

Photo_10

この日は人影が無かったけれど、大晦日や初詣のときには、近隣の人達で賑わう
だろう。私もこんな神社にお参りしたいと思った。

Photo_11

日曜日にまた自宅から両国まで歩いた。途中でいくつかスタンプをゲットし、
目標の30をクリア。その足で両国観光案内所に行ったら、残念なことに年末年始の
休みに入っていた。

Photo_12

仕方ない、また年明けに来ることにしよう。

Photo_13

観光案内所の裏手でこんなお店を見つけたので、メンチカツと焼きドーナツを
買ってきた。焼きドーナツは日持ちするというので、夕食の時にメンチカツだけ
食べた。美味しい~。これで1個160円は安い。また買うわ。

両国駅前の国技館は、イベントかライブでもあるらしく、若い男性でいっぱい
だった。
(写真をクリックすると拡大します)

« 時代小説散歩(その弐) | トップページ | 大晦日東京ウォーキング »

江戸を歩く」カテゴリの記事

コメント

最近のスタンプラリーは看板についているコードを読み取るタイプと、GPS機能を使うタイプがありますね。GPSは結構誤差があったりとんでもないところの電波を拾ったりするので面白くもありますが。私も楽しんでますが、反面このデーターがどこかで使われるのかな、と思うとちょっと怖い。スカイツリー搭乗券当たるとよいですね。携帯スタンプラリー、これだけ回れる人は少ないかもしれませんので当選率高いかな~。
私はスタンプラリーに満足してしまって応募するのを忘れること多いです(*^_^*)

HANAさん、高札をためつすがめつ調べても、タダの木の板なんです。だから電波でスタンプを認識するんだと思いました。

たしかに、スマホにアプリをインストールし、それを見ながら両国界隈を歩き回れる人なんて、限られていますよね。スカイツリーの搭乗券と達成者全員にくれる景品もあるようなんで、少しは期待しています。

でも今回のスタンプラリーでいちばん良かったのは、長年近くに住んでいながら縁の無かった路地や神社を知ったことです。小さい発見がありますね>まちかど散歩

とくに神社は、町の歴史や謎がひそんでいるようで、気に入りました。神社はいろいろなことを知っている‥‥。

ところで、もうすぐドイツから帰国ですね。東京は毎日良いお天気ですが、神戸はどうかしら。最後まで気を抜かずに、楽しい旅をしてください。

「難波稲荷大明神」の扁額?が下に置いてあるのが気になりました。
すでにご存知かもしれませんが以下ブログ
http://glassesmaiden.blog81.fc2.com/blog-category-44.html
詳しくいろいろ書かれてあるのに、難波稲荷大明神は台座だけ…となってました。
関東大震災とか東京大空襲とかで燃えたのかしら?
それとも…?
謎は深まるばかり…

今年もいろいろ楽しい記事ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

ulalaさん、今年もよろしくお願いします。

それから、ブログのご紹介有難うございます。こうやって実際に歩いて、町の片隅の忘れられたような神社を見つけて、記事にしている方がいるんですね~。専門家も知らない神社があるんじゃないかしら。写真付きでこういう記録が残るってことは、とても意味がありますよね。

難波稲荷大明神は台座だけなんですね。奥の小さいお社は、となりに別の神社名の石碑がありますから、違いますね。難波って大阪の難波でしょうか?

何だかとても心ひかれるものがあるので、もう一度行ってこようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代小説散歩(その弐) | トップページ | 大晦日東京ウォーキング »