無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 近所の秋みつけた | トップページ | コミュバス1日券でぶらぶら散歩 »

2013/11/17

ちょっと遠出「品川宿」

先週の散歩のとき、亀戸天神で「東京十社めぐり」という立て看板を見て、その
中の「品川神社」について書いた。

とくに深い意味があったわけではないのだが、すぐその後で、「サンデー毎日」の
グラビア1ページ目に品川神社の「富士塚」が載っているのを見つけて、ちょっと
気になった。

そして昨夜、テレビのスイッチを入れたら、いきなり品川神社が映ってビックリ。
たしか「ぶらぶら美術館」という番組で、近くにある「原美術館」に行く前に
品川神社の富士塚に立ち寄ったときの映像らしい。

これだけ立て続けに品川神社が出てくると、神様がお参りに来なさいと言って
いるような気がして、土曜日の今日足を運んだのだった。

インターネットで場所を調べたら、この辺りには東海道五十三次の「品川宿」
あったようで、地元も案内所を開いたりして観光に力を入れているらしい。
なかなか見どころの多い土地のようだ。

錦糸町から品川まで乗換なし18分、運賃210円だから、遠出のうちに入らないかな。
でもいつもと違う街を歩くのは楽しみだ。

S

品川駅の海岸側は超モダンな人工都市だ。いくつものビルを回廊がつないでいる。
その回廊をどんどん歩くと、終点に巨大な都営住宅「北品川アパート」がある。

S_2

S_3

そこで階段を下りて海岸とは反対側に少し坂を上ると、もう「旧東海道」だ。

観光案内所があったので、そこで「まち歩きマップ」を買う。50円。

S_4

旧東海道に沿って手入れの行き届いた商店街が延びていて、その道筋に名所や
神社仏閣がある。マップの終わり「鈴ケ森刑場跡」までは3.8km、ひたすら真っ直ぐ
歩くだけならそんなに時間がかからないだろうが、目指す品川神社は旧東海道から
外れるので、+αの距離がかなりありそうだ。

S_5

まず「船浦だまり」を眺め、商店をぶらぶら歩きしながら「入江長八」の鏝絵が
あるという「善福寺」に向う。入江長八の鏝絵はこのお寺以外に「寄木神社」にも
あると書いてあるので、そちらにも行ってみるつもり。

小さい住宅がぎっしり建ち並ぶ一角にあるので、見つけ出すのが一苦労だった。
何度も同じ路地をうろつき、地元の人に聞いて、やっとたどり着くことが出来た。

S_6
(善福寺の門)

境内にもお寺にも人影がなく、たまたま出会った人に聞いてみたが、入江長八の
ことは知らないという。

S_7

S_8

たぶん土蔵造りの本堂(↑)に描かれているのが、その鏝絵だと思う。だいぶ
古ぼけているが、なかなか味わいのある建物だ。

善福寺は第一京浜(国道15号)にも近い。目指す品川神社はその第一京浜沿いに
ある。その上を京浜急行の高架が延びていて、とにかく交通量が多く、また分かり
やすいところだ。

S_9

大通りからすぐに品川神社の境内につづく階段があり、それを上ったところに
「富士浅間神社」の小さなお社と溶岩の塊のような富士塚があった。

S_10

S_11

品川神社は思っていたより広く立派だ。能舞台もある。

S_12

この神社の裏手には「板垣退助のお墓」があった。すぐ近くまで住宅が迫って
いる。この辺りは坂が多い。大雨でがけ崩れがあったら、お墓はそっくり流されて
しまいそうだ。

S_13

品川神社から10分ほど歩いたところに品川図書館があたので、そこでしばらく
休憩し、もう一ヶ所入江長八の鏝絵があるという「寄木神社」に向った。

S_14
(寄木神社の門。住宅街の中に埋もれるような小さい神社だった)

S_15

こちらの神社も人影がなかった。
左官職人とかアーティストならともなく、私のようなミーハーが本堂に入って
鏝絵を見せてもらうこともないので、お参りだけして帰った。

「こちらのブログ」にその鏝絵が載っていました。

あちこち寄り道をしたので疲れてしまい、品川宿散歩はそこまでにして、また
品川駅まで戻った。マップに載っている範囲の3分の1程度しか歩いていないが、
続きはまたの機会ということにしよう。

S_16

また回廊を歩く。こういう無味乾燥なところを歩くのには慣れているわ(^^;)

帰宅して万歩計を見たら「17,378歩」だった。

« 近所の秋みつけた | トップページ | コミュバス1日券でぶらぶら散歩 »

江戸を歩く」カテゴリの記事

コメント

17,378歩はけっこうな数字ですね。
これぐらいになると今日は足に疲労残ってませんでしたか。

左官職人さんて芸術家ですね。
今やもうめったに左官屋さんの技を見ることはできなくなってますね。

東海道53次の1番目が品川で、私が先月歩いたのは最後の京三条から大津まで。
東海道は現在はなおさら交通量多い幹線道路ですから、
全部歩くのは大変でしょうけどピックアップして楽しめるといなと思います。

ulalaさん、夕方には相当足がくたびれていましたが、翌日は、図書館から予約していた本が準備できたと連絡があったので、また少し歩きました。普段あまり歩かない脇道を歩いたら、人のいない公園の紅葉がキレイでした。たまに普段と違う道を歩くと、小さな発見がありますね。

伊豆まつざき町は入江長八の鏝絵を大事に保存していましたが、品川のほうはだいぶ崩れかけていました。マップに載せるんなら、保存にも力を注いで欲しいです。

西に行く時は「東海道五十三次の旅」、北に行くときには「おくの細道の旅」、全行程は無理ですけどちょこちょこっと立ち寄ると楽しいし、目的があるとやる気がおきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の秋みつけた | トップページ | コミュバス1日券でぶらぶら散歩 »