無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/24

コミュバス1日券でぶらぶら散歩

フォトラリーで貰った「すみだ区」と「台東区」のコミュニティバス1日券が
まだ未使用なので、絶好の散策日和の土曜日まずは「すみだ」を廻ることにした。

じつは一ヶ所行きたい所があった。
芭蕉についてWEBで調べていて、本所吾妻橋の近くに芭蕉が数年寄宿したと
いう「芭蕉わらじ脱ぎの寺」芭蕉山桃青寺があることを知った。

前の土曜日、図書館に行ったついでに近所を歩いたのだが、そんなお寺がある
なんて、知らなかったな~。すぐ近くだったのになあ。
まあ過ぎたことは仕方ないので、今日はまず桃青寺に行くことにした。

芭蕉といえば、先日千住に行ってきた。
「おくのほそ道の景勝地10県13ヶ所」が名勝に指定されたというニュースがあった
ばかりなので、グッドタイミングで芭蕉旅立ちの地「千住」に行ってきたと嬉しかった。
そして、その時に立ち寄った「素盞雄神社」に、富士塚があったことを思い出した。
品川神社の富士塚よりは小さかったけれど。

S

Photo
(画像をクリックすると拡大します)

「芭蕉庵ドットコム」というサイトが便利)

桃青寺の門は閉まっていたが、脇のくぐり戸が開いていたので、そこから中に入った。
ディパックを背負った中年男性が一人いたが、やがてその人も出て行った。

S_2

こじんまりしたお寺の境内は、普通の住宅のお庭のようで、紅葉した樹木や植栽に
小春日がサンサンと降りそそいでいた。

S_10
(冬はスカイツリーがくっきりと見える。展望台から富士山も見えるだろう)

お寺の前の道を少し歩いて浅草通りに出ると、そこは「本所吾妻橋駅」で、
スカイツリーが目の前にそびえている。こんな近くに芭蕉ゆかりのお寺がある
のに、観光案内パンフには載っていない。スカイツリーが近すぎるから、宣伝
したら観光客がやってきて、小さいお寺はかえって迷惑するのかも。

ここから千住までは、じゅうぶん歩ける距離だ。それなのに何故芭蕉は、住まいの
あった深川から千住まで、大川(現隅田川)を舟で行ったのかしら?
もちろん徒歩より舟のほうが早くて楽なのは確かだが、これから延々陸奥の旅に
出ようという芭蕉なのだから、歩くのが苦だったわけではないだろう。

やっぱり、隅田川のほとりに立ち寄るべき場所があったんじゃないかな。
芭蕉は「素盞雄神社」で参拝してから、旅立ちたかったんじゃないかしら。
そう考えると、かわざわざ舟で千住まで行った理由が分かるんだけど。

Photo_2
(画像をクリックすると拡大します)

まあ、「橋を渡った」とか「参拝した」とか、ひとことヒントになる言葉を書いて
くれていれば、のちのち南か北かと千住争いになることも無かったんだけどね。

桃青寺から歩いてスカイツリーまで行き、そこでコミュニティバス「すみまる君
北西部ルート」に乗る。次の目的は「水神橋」だ。隅田川にかかるすみだ区内の
橋のなかで、ここはまだ渡ったことがないのだ。

S_3

水神橋を渡ると荒川区で、南千住が最寄り駅になる。橋を渡ったところは広々と
した公園になっていて、木造の「汐入りタワー」が建っている。

S_4

内部は螺旋状のスロープになっている。小さいけれど見晴らし抜群のタワーだ。
その周囲には、小春日和が眠気を誘うのか、寝転がっている人が沢山いた。

S_5

すみだ区側の水神橋あたりは、こちらも広大な東白鬚公園が続いている。
次に目指すのはこの公園内にある「隅田川神社」だ。隅田川神社はもとは水神社と
呼ばれていた。水神橋の名はそこから来ている。

ここにも40代とおぼしき女性一人がいた。
こうして歩いてみると、知る人ぞ知るといった地味な神社仏閣で、一人歩きの
中高年によく出会う。どの人もディパックとカメラと地図を持っている(^_^)

S_11

ここには巨大団地が連なって建っている。いざ大地震で火災が発生したら、この
団地群が「防火壁」となるのだ。このことは前にもブログに書いた。

(都営白鬚東アパートの写真が「このブログ」にいっぱい載っています)

S_6

大通りに面して立つ一の鳥居からは、アパート群を突き抜けて参道があるのだが、
すっかり公園の一部になっていて、言われなければ分からない。

そこからまたコミュバスに乗り「鳩の街通り商店街」に行った。

S_8

S_9

映画のセットのようなレトロな商店街だ。お惣菜でも買いたいと思ったのだが、
時間が悪くて多くのお店がシャッターを下ろしていた。商店街を抜けて幹線道路の
「水戸街道」に出ると、ところどころに洒落たカフェがあった。

2013/11/17

ちょっと遠出「品川宿」

先週の散歩のとき、亀戸天神で「東京十社めぐり」という立て看板を見て、その
中の「品川神社」について書いた。

とくに深い意味があったわけではないのだが、すぐその後で、「サンデー毎日」の
グラビア1ページ目に品川神社の「富士塚」が載っているのを見つけて、ちょっと
気になった。

そして昨夜、テレビのスイッチを入れたら、いきなり品川神社が映ってビックリ。
たしか「ぶらぶら美術館」という番組で、近くにある「原美術館」に行く前に
品川神社の富士塚に立ち寄ったときの映像らしい。

これだけ立て続けに品川神社が出てくると、神様がお参りに来なさいと言って
いるような気がして、土曜日の今日足を運んだのだった。

インターネットで場所を調べたら、この辺りには東海道五十三次の「品川宿」
あったようで、地元も案内所を開いたりして観光に力を入れているらしい。
なかなか見どころの多い土地のようだ。

錦糸町から品川まで乗換なし18分、運賃210円だから、遠出のうちに入らないかな。
でもいつもと違う街を歩くのは楽しみだ。

S

品川駅の海岸側は超モダンな人工都市だ。いくつものビルを回廊がつないでいる。
その回廊をどんどん歩くと、終点に巨大な都営住宅「北品川アパート」がある。

S_2

S_3

そこで階段を下りて海岸とは反対側に少し坂を上ると、もう「旧東海道」だ。

観光案内所があったので、そこで「まち歩きマップ」を買う。50円。

S_4

旧東海道に沿って手入れの行き届いた商店街が延びていて、その道筋に名所や
神社仏閣がある。マップの終わり「鈴ケ森刑場跡」までは3.8km、ひたすら真っ直ぐ
歩くだけならそんなに時間がかからないだろうが、目指す品川神社は旧東海道から
外れるので、+αの距離がかなりありそうだ。

S_5

まず「船浦だまり」を眺め、商店をぶらぶら歩きしながら「入江長八」の鏝絵が
あるという「善福寺」に向う。入江長八の鏝絵はこのお寺以外に「寄木神社」にも
あると書いてあるので、そちらにも行ってみるつもり。

小さい住宅がぎっしり建ち並ぶ一角にあるので、見つけ出すのが一苦労だった。
何度も同じ路地をうろつき、地元の人に聞いて、やっとたどり着くことが出来た。

S_6
(善福寺の門)

境内にもお寺にも人影がなく、たまたま出会った人に聞いてみたが、入江長八の
ことは知らないという。

S_7

S_8

たぶん土蔵造りの本堂(↑)に描かれているのが、その鏝絵だと思う。だいぶ
古ぼけているが、なかなか味わいのある建物だ。

善福寺は第一京浜(国道15号)にも近い。目指す品川神社はその第一京浜沿いに
ある。その上を京浜急行の高架が延びていて、とにかく交通量が多く、また分かり
やすいところだ。

S_9

大通りからすぐに品川神社の境内につづく階段があり、それを上ったところに
「富士浅間神社」の小さなお社と溶岩の塊のような富士塚があった。

S_10

S_11

品川神社は思っていたより広く立派だ。能舞台もある。

S_12

この神社の裏手には「板垣退助のお墓」があった。すぐ近くまで住宅が迫って
いる。この辺りは坂が多い。大雨でがけ崩れがあったら、お墓はそっくり流されて
しまいそうだ。

S_13

品川神社から10分ほど歩いたところに品川図書館があたので、そこでしばらく
休憩し、もう一ヶ所入江長八の鏝絵があるという「寄木神社」に向った。

S_14
(寄木神社の門。住宅街の中に埋もれるような小さい神社だった)

S_15

こちらの神社も人影がなかった。
左官職人とかアーティストならともなく、私のようなミーハーが本堂に入って
鏝絵を見せてもらうこともないので、お参りだけして帰った。

「こちらのブログ」にその鏝絵が載っていました。

あちこち寄り道をしたので疲れてしまい、品川宿散歩はそこまでにして、また
品川駅まで戻った。マップに載っている範囲の3分の1程度しか歩いていないが、
続きはまたの機会ということにしよう。

S_16

また回廊を歩く。こういう無味乾燥なところを歩くのには慣れているわ(^^;)

帰宅して万歩計を見たら「17,378歩」だった。

2013/11/10

近所の秋みつけた

自然に恵まれていない我が住まいだが、それでも街はうっすら秋の色なので、
ウォーキングがてら近所の秋を探すことにした。

ウォーキングといえば両国方面かスカイツリー方面になるのだが、今日は亀戸
方面に向って歩く。

S

上を首都高速が走っている竪川沿いを行くと「猿江恩賜公園」がある。

S_2

秋らしくない可愛いお花が咲いていた。

S_3

でも広い公園内は枯葉が舞って晩秋の気配が漂っていた。

公園の隣を、スカイツリー方面に向って縦に流れているのが「横十間川」だ。
地図で見ると、縦に流れている川が「横」で横に流れている川が「竪」となって
いる。江戸城からみて川の名前をつけたので、今の地図ではタテとヨコが逆になる
のだ。

S_4

横十間川に沿って歩く。こうして橋の上から見ると、川幅はかなり広い。
スカイツリー前にある北十間川よりだいぶ広い感じがする。
両方とも同じ十間なのかしら。気のせいかな?

天気予報によると、今日は夕方から荒れ模様になるらしい。その影響か風が強く
空はどんより曇っている。

横十間川をはさんで墨田区と江東区にわかれる。

S_5
(墨田区にある都立墨東病院)

S_6

途中でこんなものを見つけた。亀戸銭座なんて知らなかったな~。最近立てたの
かしら。

S_7

天神橋のところから亀戸天神に向う。菊祭りと七五三でけっこう賑わっていた。
菊のツリー前は恰好の撮影スポット。

S_10

S_9

品川神社って、行ったことない気がするわ。いちばん行きやすそうな印象だけど。

S_13

亀戸天神の裏通りに出ると、いかにも下町らしい光景があった。
お風呂屋さんの煙突がスカイツリーと張り合っている。

錦糸町をはさんで横十間川と平行して流れる「大横川親水公園」は、紅葉の赤も
混じって多少鮮やかだった。江東区側の大横川は豊かな水が流れる川のままだが、
墨田区は公園にしてしまったので川はない。

S_11

それでも所々に名残の小川が流れている。この景色だけを見たら、すぐ近くに
スカイツリーがたっているなんて思えないだろうな。

S_12

「ユズリハ」ってそういう意味だったのね。知らなかったわ。

2013/11/04

芭蕉サミットあれこれ

荒川区で、芭蕉「奥の細道のパネル展」を開催しているというので、行ってみた。

S

会場の「荒川ふるさと文化館」は、南千住駅から歩いて10分ほどの「千住大橋」の
たもとにある。すぐ隣には由緒ありげな「素盞雄神社」がある。

S_2

ここに来て初めて知ったのだが、荒川区で来年「芭蕉サミット」が開催される
ことになり、そのプレイベントとしてのパネル展らしい。

S_3

ところで芭蕉サミットというと、千住大橋を渡ったところにある足立区北千住でも
開催されたことがある。千住大橋をはさんで対面している荒川区(南千住)と
足立区(北千住)が、芭蕉が奥の細道に旅立った「千住」は自分たちのほうだと
主張して譲らないのだ。

S_4
(足立区側の橋のたもとに立つ記念碑)

それで両方でサミットを開くのだろうが、迷惑するのは他の関係市町村だよね。

「北千住か南千住か」

両区が力を合わせて「千住特区」でも作ったらどうかしら?
ちなみに江戸時代に建てられた石碑は「素盞雄神社」の中にある。

S_6

千寿といふ所より船をあがれば
前途三千里のおもひ胸にふさがりて
幻のちまたに離別の
なみだをそそぐ「行くはるや烏啼き魚の目は泪」

S_7
(見事な神輿にしばし見とれた)

S_15

参拝してから千住大橋を渡って足立区側に行く。つい最近足立区で仕事をした
ので、千住大橋はバスで何度か通ったことがあるが、歩いて渡るのは初めてだ。

S_12

足立区側の護岸にはいろんな絵や文が描かれていて、芭蕉ファンらしき中高年の
姿があった。都内ではちょうど良い歴史ウォーキングだものね>芭蕉さん廻り

S_13

「見立て番付」が面白い。

S_10

江戸時代の人々は「見立て番付」が大好きで、なんでもランキングにして楽しんで
いたらしい。
これらの番付の中で勧進元というのは、別格のものやランキング付けが憚られる
ようなものがなったようで、「大江戸番付づくし」という文章によると、山の
ランキングでは、勧進元が富士山で差添人が大阪の天保山になっているとか。

S_14

そこから久しぶりに北千住駅まで歩く。むかし放送大学で学んでいたことがあり、
スクーリングの時、荒川土手の近くにあった「学びピア」という立派な建物に
よく通った。途中に通ったのが「宿場町通り」で、文化財のような古い建物が
いくつもあり、また芭蕉の小道のようなところもあった。
ちょっと懐かしい。

S_11

駅の規模からすると、北千住と南千住では比較にならない。
北千住は都内有数のターミナル駅だ。足立区役所もやたら立派なビルで、「たけし
くん、ハイ」の舞台のイメージとはだいぶかけ離れている。

足立区には知恵者がいたんだろうか?

2013/11/02

高幡不動尊

都下に住む妹と、「高幡不動尊」に行ってきた。

S

本当は「御岳山」に行って、「御嶽神社」にお参りしたかったのだが、妹の足の
調子が悪く山は無理というので、高幡不動駅前にあるこのお不動さんにした。

高幡不動には行ったことはなかったので、良かったけどね。

S_2

ちょうど七五三の時期だったので、境内は着飾ったちびっ子達で賑わっていた。

S_3

紅葉はまだまだだったが、緑色のもみじも良かったわ。

S_4
(定番の菊祭り)

威厳の塊のようなご本尊「丈六不動三尊」も間近で参拝してきた。この辺りは
京王線と多摩モノレールが通っているので、便利な住宅街だけれど、昔は深い
山の中だったんだろうな~。

S_5

土方歳三は高幡山の檀頭格の旧家の出身ということで、銅像が建っていた。

2013/11/01

フォトラリーで景品ゲット(3)晴天の日曜日

日曜日は打って変わってドピーカンの秋の空だった。
前日すみだ区内6ヶ所のアートのうち5ヶ所に行ったので、今日は残りの7つの
アートを廻るつもり。

コミュニティバスで区役所まで行く。秋祭りの季節ということで、途中の弘前藩
津軽家上屋敷跡地の公園では「北斎祭り」をやっていた。
会場には弘前の「金魚ねぷた」がぶら下がり、妙齢のご婦人達がフラダンスを披露
していた。どういう訳か、すみだ区のイベントというと必ずフランダンスなのだ。

S

区役所に着くと、日曜日にもかかわらず窓口は開いていて、「消費生活展」という
のをやっていた。エコ関連のいろんなブースがあって、それぞれクイズに答えると
プレゼントが貰えるというので参加する。

S_2

その結果、こんなにドッサリと景品を貰った。これからウォーキングする予定
だから、水とお茶のボトルは助かる。ペン3本とねり消しゴムも使えそう。
荷物になってしまうけど、エコの展覧会でごみを出したらマズイから、みんな利用
させてもらうわ。

S_3

すみだ区最後の一つ「ソラニハ」は三囲神社近くの墨堤にある。
犬のような動物が空を見上げている様子。その先にはスカイツリーがそびえて
いる。

S_4

三囲神社の参拝はパスして、桜橋を渡って台東区側に行った。

S_5

桜橋のすぐ近くにあるのが、「桜橋北詰はらっぱ」だ。ブランコのようなものが
ひとつ。

そこから浅草寺方面、吾妻橋を目指して歩く。

S_6

「スカイネスト」。向こうにちらっと「言問橋」が見える。

Looks

「Look」。木の板張りが椅子にもなって居心地良かった。

S_7

途中隅田川堤防を少し離れ、浅草小学校脇の公園にある「石の舟」へ。

S_8

S_9

また堤防に戻り、「グリーンプラネット」を写す。穴があいていて、そこから
覗くと内部はびっしり植物が植えられていた。

S_10

最後は「吾妻橋」のたもとにある「そらちゃん」。子供と若い女性に人気がある
ようだ。

S_11

これでフォトラリー12作品撮影を達成し、記念品の「オリジナル手拭」と「墨田&
台東」それぞれのコミュニティバス1日券をもらった。
金額的には大したことないけれど、バス1日券あると、まだ行ったことのない
近場を散策が出来るから嬉しい。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »