無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 酒場放浪記 | トップページ | フォトラリーで景品ゲット(1) »

2013/10/24

台風に襲われる島々

伊豆大島の台風被害の凄まじさを目の当たりにして、あらためて島の暮らしの
厳しさを知った。避難するにも場所が限られている。大災害に襲われたら、島の
外に出るしかないのだろう。

S
(竹芝桟橋)

竹芝桟橋に隣接しているビルに勤めていたとき、お昼休みによく船を見に行った。

S_2

S_3

ターミナルビルには、島々の物産なども売られていて、「いつか、ゆらゆらと
船に揺られて、のんびり島で過ごしたいな」などと呑気なことを考えていたが、
今はそんなことを言っていられない状況だ。

S_4

それでも島民の皆さんは島の暮らしが好きだという。
魅力もたっぷりあるんでしょうね。

S_5

« 酒場放浪記 | トップページ | フォトラリーで景品ゲット(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ようやく台風が去って避難勧告が解除されたようですね。島暮らしは不便なことも多いけど良いこともいっぱいあるから離れられないのでしょう。
島を離れても何かあるときには皆帰ってきて、本土の人たちより帰属意識が強いように思います。

2年前、竹芝桟橋の近くで研修があり数日通いました。桟橋のところも良く通ってここからいつか島に行ってみたい、と思いました。近くにお勤めだったんですね。

先ほどまで「瀬戸内びっくりアイランド」という番組を見ていました。島にはそれぞれの個性があるんですね。面白い島とかのどかな島とかアートの島とか。

竹芝桟橋からは、いろんな島への定期船が出ていました。
竹芝は隅田川と東京湾が合流するところで、浜離宮やレインボーブリッジ、東京タワーやスカイツリーも眺められて、風景抜群のエリアです。
でも伊豆大島からの避難してきた皆さんは、いっときも早く島に戻りたいことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒場放浪記 | トップページ | フォトラリーで景品ゲット(1) »