無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 縄文を訪ねる~遮光器土偶のしゃこちゃん | トップページ | 鉄道の旅、「ブルトレ」と「はやぶさ」 »

2013/08/03

縄文を訪ねる~三内丸山遺跡

青森到着の翌日は、楽しみにしていた「三内丸山遺跡」に向った。
今回泊まったビジネスホテルは、弘前も青森も「朝食が充実している」という
ところにしたので、ゆっくり朝ご飯を食べて出かけたら、バスは出たばかりで、
次は1時間以上も待たなければならない。

青森市内の観光名所をめぐるシャトルバス「ねぶたん号」は本数が少ないので、
市営バスで行くことにした。

案内所で観光パンフなどを眺めていたら、「土日祝日のみ乗り放題の市営バス
1日券500円」という文字が目に入った。
「今日はたしか日曜日、三内丸山遺跡まで片道300円だから、往復するだけで
元が取れる」と、さっそくパスを購入。結局パスを使ったのは遺跡と駅の往復
だけだったが、停留所名が載ったプリントを見たら、かなりのところまで行ける
ようだ。便数の少ない停留所もあるから、計画性が必要だけどね。

S

遺跡というと、不便な場所にあるのが通り相場だが、ここは市内最大の観光名所
だけあって、ラクラク行くことができる。バス停の前は「縄文時遊館」という
施設で、ミュージアムや物産館、レストラン、体験工房などが入っている。
疲れた時や、お天気が悪い時は、バスが来るまでここでノンビリ過ごすことが
出来るから便利だ。ミュージアムもその他の施設も遺跡も入場無料なのが嬉しい。

ミュージアムで印象に残ったのが、

S_2

S_3

糸魚川産ヒスイなどアクセサリー類

S_4

縄文ポシェット

時遊館の背後に遺跡の敷地(?)が広がっている。

S_5

「縄文時代の住居つくり」というイベントをやっているらしく、所々に竪穴式
住居があった。実際に発掘された地層などは、ドームのなかにある。内部は暗い
から、目が慣れるまで待って観察した。

S_6
(ゴミ捨て場だったところ)

野球場を造るつもりで整地をしたら、広大な縄文時代の遺跡が見つかった。
けっきょく野球場建設を諦め、保存して観光名所に変更したわけだけれど、これは
大正解だったわね。

遺跡は建築現場で発見されることが多い。日本各地の原野のようなところに、
まだまだスゴイ遺跡が眠っていそうだ。

縄文遺跡からの発掘品は、翌日朝に行った「青森県立郷土館」の展示品がとても
良かった。新幹線が午後だったので、ホテルから徒歩圏内のこの博物館に行って
みたのだが、静かな館内に(アサイチだから入館者一人だけ)見ごたえタップリの
縄文遺跡の発掘品、自然のフロアには世界遺産の白神山地、風土や文化は「津軽と
ねぶた」と楽しいものばかり。

S_8

とくにジックリ見入ってしまったのは、「風韻堂コレクション」だ。遮光器土偶の
可愛らしさと力強さにメロメロになってしまった。
また「漆塗りのお皿」は、色彩や紋様が古代ギリシャのものとよく似ている。
このお皿は、今発売中の雑誌「PEN 8/1号、日本美術をめぐる旅」でも紹介されて
いる。

縄文遺跡の展示室には図書コーナーもあったので、休憩がてら縄文土偶写真集
などを見て、頭に少しばかり知識を仕込んだ。

ところで、8月1日発売のBRUTUS(ブルータス)が、「日本美術総まとめ」という
タイトルで、東京国立博物館の所蔵品を紹介している。
そのページをパッとめくったら、目に飛び込んできたのが「しゃこちゃん」では
ないか!

なんか、ご縁がありそうだなあ>しゃこちゃん

« 縄文を訪ねる~遮光器土偶のしゃこちゃん | トップページ | 鉄道の旅、「ブルトレ」と「はやぶさ」 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

縄文ポシェットがのこってたって、いろんな意味でスゴくないですか?
漆塗の技術も素晴らしく、普通に想像する縄文時代をはるかに超えてます。
なんでも渡来人に教えてもらったかのような歴史観が払拭され、ホントの日本のなりたち知りたいものです。

ulalaさん、縄文時代というのも興味深いです。縄文の写真集を見ていて気付いたんですが、山梨県にも多くの縄文遺跡があるようなんです。他にも沢山あるんでしょうねぇ。
縄文時代から始めて、歴史をたどる旅なんかも面白そうです。

話は変わりますが、先ほどテレビを見たいたら「ビリケンさんが、岩手で1日駅長をする」というニュースが目に入りました。「ビリケンさん」も「しゃこちゃん」も、可愛くて大好きなんですよ。年のせいかしら。

この遺跡、昨年近くまで行ったのに行けませんでした。時間があまりなく遺跡か美術館か、という選択肢で、暑くない美術館を選んだのでした。
遺跡巡りは体力がいりそうだったので。

でもなかなか面白そうですね。
行けばよかったなぁ~。
古代ロマンですものね。

乗り放題チケットって使いこなせればお得なことが多いですね。
でも乗り放題に乗りたくても本数が少なければ乗れない・・・。
ついつい不便なところではレンタカーに頼ってしまってます。

HANAさん、私は運転が出来ないので列車&バスを利用しましたが、古代遺跡をめぐるなら車がいちばん便利です。三内丸山遺跡以外は、どこも不便な場所にありますからね。

今回は「つがるフリーパス」という乗り放題チケットを買いました。
これは使い途ありましたよ。津軽鉄道に乗って「太宰治の生家」も見てきました。でも「しゃこちゃん」のふるさと木造は範囲外なんです。観光地じゃないんでしょうかねぇ?

私も遺跡を見た後で、隣接している青森県立美術館に行ったんですが、その時はもう足がクタクタで、例の「あおもり犬」しか覚えていません。
立派な美術館だったけど、カフェもレストランも無かったですよね?三内丸山遺跡のレストランでお茶すれば良かったと後悔しました。まあ遺跡のレストランで「栗のソフトクリーム」は食べたんですけどね。

縄文関係で言えば、いちばん良かったのは「青森県立郷土館」です。
北海道にも縄文遺跡があるようなので、行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縄文を訪ねる~遮光器土偶のしゃこちゃん | トップページ | 鉄道の旅、「ブルトレ」と「はやぶさ」 »