無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 青森に行ってきます | トップページ | 縄文の町、木造 »

2013/07/26

青森行きの夜行列車

ブルートレインがホームに入ってくると、いっせいにカメラのシャッターが押されます。

rps20130726_214442.jpg

雨が心配でしたが、良いお天気だったので、着いてすぐに「田んぼアート」を見に行ってきました。

rps20130726_214531.jpg

私の住んでいる辺り、本所は、弘前藩津軽家のお屋敷があったところ。

rps20130726_215005.jpg

一度は弘前に来たいと思っていました。



« 青森に行ってきます | トップページ | 縄文の町、木造 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

弘前の ゆるキャラ 「たかまる君」が いますね。

意外と 洋風建築が 多かったりして
弘前って ふしぎな 雰囲気のところだと 思います。

田んぼアートは第2会場ですね。(^◇^)
そこからシャトルバスが第1会場の役場へ出てますが、行きましたか。
展望室がお城風になってますよ。
旅の続きも楽しんで下さい。

私の方は近場へ水汲みに行く程度です。
9月にはヒューストンへ行くので、それを楽しみにします。(^o^)/~~~

わたなべのもとさん、弘前はみどころの多い街ですね。城下町であり、歴史ある洋風建築が数多く残る街であり、喫茶店が沢山ある街です。
松江に雰囲気が似ていますね。
もっと滞在したかったんですが、今は青森です。今日は津軽半島に行ってきました。

欠食児さんも、いらしたことがあるんですか?
最近、テレビでよく取り上げていますね。
私が行った日の翌日から、第一会場と第二会場の間に無料シャトルが走るんですって。平日だから仕方ない。第一の方は、だいぶ歩かなくちゃならないので、あきらめました。
それにしても、種まきの段階から設計するわけでしょう?根気がいるけど、素晴らしい着眼点ですね。

数年前に見てきました。(^◇^)
その頃は役場前の会場だけ。
今の第2会場は無かったです。

昨日の読売にも載ってました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130727-OYT1T00508.htm

又見に行けるのはいつかなあ。(^o^)/~~~

欠食児さん、新聞記事のご紹介、有難うございます。
私も青森の新聞で27日に無人駅がオープンすることを知りました。「田んぼアート駅」というんですね。
無料シャトルも27日からだし、「ああ上野駅」130周年記念日は28日だし、ねぶた(ねぷた)祭りは8月1日からだし、タイミングが少しずつずれていますわ>私(-_-;)

夕方東京に戻ったんですが、午前中に製作中の「ねぶた」をいくつか見てきました。勇壮ですね~。そのうちにお祭も見たいです。

寝台ではなくて、夜行なんですね。疲れませんでしたか。
たんぼのウルトラマン、いいですね~!
ねぶたはやはり混みますかね。。

まみさん、この列車は今や絶滅危惧種の寝台列車なんです。
2日前ならキャンセルが出やすいと聞き、その日にB寝台のチケットがとれたので、急遽旅をすることにしました。

ラッキーなことに、4人用の部屋に乗客は私ひとりでした。他はどこも満員なのに。ベッドは狭いけど、個室みたいなものだから、隣の人を気にすることもなくてラクラクでしたわ。

シーツも枕もつかない「ゴロンとシート」(レディースオンリーもあり)というのもあるんですが、ここも満員でした。

青森に行くまで「ねぶた」には知識も関心も薄かったんですが、実物を見たらスゴイ迫力で魅せられました。これが練り歩いたら、圧倒されるでしょう。会期中は混雑するでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青森に行ってきます | トップページ | 縄文の町、木造 »