無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/30

ひと足お先にねぶた祭り

上野発の夜行寝台に乗り、弘前には7/26の朝9時少し過ぎに到着した。そして
7/29青森発の「はやぶさ」で東京に戻った。

弘前も津軽も青森も、まもなく始まる「ねぶた(ねぷた)」祭りで大わらわと
いう感じだった。

ちなみに弘前は「ねぷた祭り」で8/1~8/7、青森は「ねぶた祭り」で8/2~8/7、
大都市弘前から一漁村だった青森に県庁が移転して以来、青森県を代表する二大
都市のあいだには微妙な雰囲気があるのかもね。

S

7/29は、新幹線の出発時刻が午後2時半だったので、朝はホテル近くの博物館に
行き、そこから観光物産館「アスパム」でお昼を食べたのだが、ここはどうやら
「ねぶた祭り」の本部のようで、隣接する倉庫群では「ねぶた制作」が進行中
だった。

S_2

カーテンがかけられたブースが並んでいる。「ねぶた祭り」用に造った広場なの
かしら?

S_3

何ヶ所かカーテンが開いているブースがあったので、ひと足お先にねぶた祭り
気分を味わってきた。

S_4

S_5

S_6

この倉庫を利用している「ねぶた」は大掛かりなものが多いから、この中から
大賞が出るかも知れないわね。ちょっと楽しみ。

S_7

ところで「ねぶた」というと、墨田区の「北斎祭り」では「弘前の金魚ねぷた」を
飾ったり、作り方を教えたりしている。

S_8

本所には弘前藩津軽家の江戸屋敷があったので、墨田区の歴史を知る上で弘前藩の
資料は欠かせない。葛飾北斎もこの近くに住んでいて、弘前藩から頼まれて絵を
制作したらしい。

S_9

ねぶた祭りの時期だから、青森各所で「金魚ねぷた」を見ることが出来た。

S_10
(証券会社)

S_11
(五所川原駅ホーム)

お土産に、金魚ねぶたの箸置きと楊枝入れを買ってきた。

2013/07/28

縄文の町、木造

津軽半島、五能線の木造駅です。
rps20130728_194212.jpg
この辺りは、縄文時代の遺跡が多く発掘されています。
rps20130728_194600.jpg
木造は、なかなか雰囲気のある町。
rps20130728_194512.jpg

rps20130728_194404.jpg

rps20130728_194702.jpg

ここでも「ねぶた祭り」準備中でした。

rps20130728_194325.jpg



2013/07/26

青森行きの夜行列車

ブルートレインがホームに入ってくると、いっせいにカメラのシャッターが押されます。

rps20130726_214442.jpg

雨が心配でしたが、良いお天気だったので、着いてすぐに「田んぼアート」を見に行ってきました。

rps20130726_214531.jpg

私の住んでいる辺り、本所は、弘前藩津軽家のお屋敷があったところ。

rps20130726_215005.jpg

一度は弘前に来たいと思っていました。



2013/07/23

青森に行ってきます

そろそろ旅に出ようかと、先日青森県物産館で旅のパンフをドッサリ貰ってきた。

S

最初は「青春18きっぷ」で行こうと思っていたのだが、途中で立ち寄るつもりの
山形は大雨被害で鉄道網が乱れているようだ。
「山形美術館」に行きたかったんだけど‥‥。

また秋田は、「秋田県立美術館」が9月28日にオープンの予定なので、見たかった
藤田嗣治の「秋田の行事」や、最近話題になった「藤田嗣治の花鳥図」も、それ
まで待たなければならない。

S_2

と言う訳で、立ち寄り予定が消滅してしまったので、今回は新幹線か飛行機に
しようと思って調べたら、上野発青森行きブルートレインがあるではないか!
しかも、ゴロッと横になるだけの「ゴロンとシート」なんてのもある。女性専用の
「レディースゴロンとシート」もあるらしい。

ブルートレインなんて、もう何十年も乗っていない。これはいい機会だと、今日
さっそく「みどりの窓口」で調べてもらったら、あさってもその後も寝台車は
すべて売り切れとのこと。どうやら愛好家が早々と席を押さえてしまうらしい。

2日前にキャンセルが出ると聞いたので、あさって分ならキャンセルがあるのでは
ないかと思ったのだが‥‥残念。

でもこの後にキャンセルが出る可能性があるので、午後また当たってみることに
して、暑苦しい髪を切りに美容院のある後楽園に向った。
わざわざ後楽園まで行くのは、ここがリーズナブルな美容院だから。

S_3

東京ドームでは都市対抗野球の最中で、今日が決勝戦らしい。

美容院を出て、ドームシティのカフェで冷たいものを飲んでいたら、雲行きが
怪しくなってきた。
慌てて水道橋まで行き電車に乗ったら、そのとたん雨がすごい音をたてて降って
きた。間一髪だったな~。
でも錦糸町までのほんの15分程度のあいだに雨は上がった。まるで熱帯地方の
スコールのようだ。

駅でもう一度寝台車を調べてもらったら、ゴロンとシートの空きはないが、B寝台
なら取れるという。もちろんその場でチケットを買った。
あさって25日の夜に上野を出て弘前に着くのは9時過ぎ、ちょうど良い時間帯だ。
2万円近くかかるけど仕方ない。

2013/07/21

複雑な北千住駅

やっと派遣の仕事が終わった。一緒に働いた人のなかには、この仕事が好きだから
終わるのが残念という人と、私のように「やっと終わった。やれやれ‥‥」という
人に、ハッキリ別れた。

S_2

いつも通った北千住駅だけど、これからは来る機会が少なくなるだろう。
ところでこの北千住駅は、首都圏内の数々の駅のなかでも、もっとも分かりにくい
駅ではないかしら。

複雑で乗換が難しい駅には大手町などがあるが、せまい駅構内に多くの路線が
乗り入れている北千住のほうが、分かりにくさは上のような気がする。

「北千住駅」に乗り入れているのは、東武スカイツリーライン(元東武伊勢崎線)
東京メトロの日比谷線、千代田線、(じつは私が利用する半蔵門線もだが、ワケ
ありで、あまり大々的には表示されていない)JR常磐線、つくばエクスプレスと
いろいろ。

ちなみに、東京メトロの「東北千住駅構内図」には、半蔵門線の文字はない。

北千住から東京メトロ錦糸町駅へは、「北千住~曳舟~押上~錦糸町」と直行で
きるのだが、表示が小さいのは、押上までが東武線利用となるのに、その分の
電車賃を払わない客が多いからだろうと、私は考えている。
私の場合は利用駅が東武線沿線だったので、ちゃんと両方とも払っている。

S

東武線は東京メトロの半蔵門線、日比谷線と乗り入れしていて、それぞれ準急や
急行と各駅停車にわかれるので、乗り降りするホームも違う。地下鉄乗り入れの
他に、本来の浅草発東武スカイツリーラインもあるから、駅の案内板をじっくり
見て、←に従って電車のホームを見つけなければならない。

昨日の土曜日は荒川土手での「花火大会」があり、ちょうど終了時刻と帰宅が
重なって、電車に乗るのもひと苦労だった。

S_3

やっと錦糸町駅に着くと、もう9時をとっくに回っているというのに、駅前広場で
ストリートミュージシャンが演奏していた。警視庁のジャケットを着た人もいた。
この広場では、いつも多くのミュージシャンが歌や演奏を披露しているけれど、
警視庁の人を見たのは初めて。何のパフォーマンスだったのかしら?

2013/07/13

久しぶりの東京スカイツリー

今日の暑さしのぎの場所は、久しぶりの「東京スカイツリー」

熱中症になったら困るから歩くのをやめて、隣駅の押上まで地下鉄を利用した。
片道160円、東京駅に行くよりかかる。

東京メトロや京成線、都営浅草線の押上駅がある地下フロアから、エスカレータで
インフォメーションがある1階に行く。

S

東京ディズニーランドの大きなポスターがあった。

S_2

3連休初日の土曜日ということもあって、「ソラマチ商店街」は相変わらずの
混雑ぶりだった。2階の書店で人だかりがしていたので、何かと覗いてみたら
「海老名香葉子のサイン会」をやっていた。

エスカレータで5階の「すみだ まち処」に行き、牛乳とメレンゲでひと休み。
ここで「すみだ珈琲」のコーヒーバッグ5個入り(997円)を買った。

S_3

同じフロアの「スペース634」では、「ゆかりの寺たび展」という慈覚大師
円仁と比叡山延暦寺の展覧会を開催していた。
円仁の中国での足どりを見ていたら、私も歩いてみたくなったわ。円仁が記した
「入唐求法巡礼行記」は、世界的にも貴重な旅行記と言われている。
時間ができたら読んでみたい。

無料で写経体験できるというので、私も挑戦してみた。
30分コースと1時間コースがある。もちろん書くスピードは人それぞれだから、
いちおうの目安だけれど。

S_4

私は30分コースの最澄の文章にした。(↑)1時間のほうは「般若心経」だった
かな?

写経は無料だが延暦寺に奉納する場合は1000円払う。せっかくだから「願意」と
「氏名」を書いて奉納して貰うことにした。
「願意」は無難なものにした。写経の前にお坊さんから心得など有難いお話を
していただいたばかりだから、「願意」に「宝くじ当選」なんて書けないよね~。

S_5

北十間川に面した広場では、子供達が噴水の中を跳びまわって楽しそう。
見ているだけで気持が癒される。

これからが猛暑の本番だから、どこで暑さしのぎするか、頭を悩ます日が続き
そうだ。

2013/07/10

今日の休みは新宿地下街散歩

暑い、暑い、暑い。明日も猛暑日だと、東京の新記録とか。

こう暑いと、お休みになっても、何もやる気がしない。でも家でダラダラして
いたら、健康にも良くないし電気代もかかるので、どこかで暑さをしのごうと
出かける。

たいていは、東京駅から有楽町、銀座にかけての地下街をうろつく。電車賃が
片道150円と安いし、広々としていて歩きやすいし、コーヒーブレークするカフェも
たくさんあるからだ。

でも、いつも同じ地下街ばかり歩いていると、当然ながら飽きてしまう。漫然と
義務的に歩いていたら、エクササイズ効果もあまり上がらないだろうし。

それで、今日のお休みは気分を変えようと、久しぶりに新宿に行ってきた。

お昼はランチサービス鰻丼を食べたかったが、適当なお店が見つからなかった
ので、以前によく行ったお店のランチ定食を食べた。鰻丼、食べたいな~。

新宿西口の大型書店で立ち読み後、東口経由し南口の東急ハンズまで地下街を
ウォーキング。

S

西口と東口をつなぐメトロの通路に「嵐」のテレビ番宣らしきポスターが貼って
あって、その前はカメラを向ける若い女性たちでごった返していた。
ポスターが貼ってあるだけで、とくにイベントしているようでもなかったけど。

S_2

同じ通路のほかのポスター(↑)の前は、この通り静かだった。
「嵐」と言われても、ポスターに書いてなかったら、私には分からなかったわ。

地下通路をもう少し歩くと、昔よくサラダを買った「高野」がある。
そのビルの4階「コニカミノルタプラザ」に、写真展を見に立ち寄った。

S_3

「超・深海展」という、有人潜水調査船「しんかい6500」で撮影した深海の生物の
写真展だ。深海のように暗くした写真展会場に懐中電灯を持って入り、それで写真
パネルを照らして見る。

海洋の約90パーセントを占める深海には、謎を秘めた別の世界が広がっていた。

S_4

ここには何ヶ所か映像コーナーがあったので、ひと休みしながら「深海にうごめく
クラゲの多彩なかたち」に見とれた。暑さしのぎの来場者が数人いた。

S_5

富山湾のホタルイカも良かったわ。

2013/07/03

お酒に強い人、弱い人

今日は、先日行った「餃子の珉珉」の60周年記念の日ということなので、お昼に
行ってみた。この日はサービスメニューのみとのこと。
私は餃子とやきそばとビールを注文した。

Nec_0016s
(ビールも含めて全部で230円でした)

ビールが大瓶で出てきてビックリ。創業の昭和28年当時は、この大瓶ビールしか
なかったのだそう。さすがに1本は飲めなかった。コップ3杯でお腹がいっぱい。

お酒には強いほうだけど、ビールはすぐにお腹がふくれてしまうので、そんなには
飲めない。お昼ということで、ビールを飲んでいる人は余りいなかった。
このお店は駅前オフィスビルの地下にあるので、お昼は勤め人がほとんど。いくら
お得でもビールなんか飲めないのだ。私は今日たまたまお休みでラッキーだった。

お酒といえば、先日スカイツリーに行った時、エントランスロビーでアルコールに
強いか弱いかを調べるパッチテストをやっていた。外国のお酒メーカーのイベント
だったが、無料で簡単に検査できるというので、私も腕にパッチを貼って貰った。

数分後にパッチをはがし、赤みがあると、お酒に弱い体質ということになる。
私はもちろん、試すまでもないことだけれど、何の反応も無かった。
「お酒に強い体質ですね」とスタッフに念を押してもらった。

それでちょっと調べてみたら、「遺伝子で決められているお酒の強さ」という
サイトが見つかった。

日本人の約半数がお酒に弱い体質だが、アフリカ系黒人、ヨーロッパ系白人、
アメリカ先住民にそういう体質の人がいないとは、初耳だったな。
どうして日本人はそんな体質になったのかしら?

不思議に思ってネット検索したら、この(↓)サイトに原因は弥生人という説が
載っていた。

http://miraikoro.3.pro.tok2.com/study/mekarauroko/sakenituyoiyowai.htm

でもこの説も、それじゃ何故弥生人がお酒に弱いのかという疑問は残ったまま。

お酒に強ければ呑む楽しみがあるし、弱ければ他の楽しみがある。どちらが損とも
得とも言えないけれど、酒飲みだと酒代やつまみ代でエンゲル係数が高くなるのが
悩みだ。

Nec_0017s
(錦糸町駅で見かけた花火大会のポスター。全国的じゃないけれど、柏崎の花火
大会も昔から有名でしたよ)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »