無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 東京駅ステーションギャラリー | トップページ | お酒に強い人、弱い人 »

2013/06/29

旅行に行きたいな

天気予報では猛暑というわけではないのだが、部屋にいると蒸し暑くて、つい
クーラーをつけてしまう。でもずっとこのまま部屋にいたのでは、身体にも良く
ないし、電気代も勿体ない。

‥‥というわけで、お休みの今日も、東京駅界隈の地下街ウォーキングにでか
けた。これから暑くなると、地下街とかビル街など長時間時間をつぶせるところで
過ごすことが多くなる。図書館でも良いけれど、人が多くてあまりノンビリでき
ないのよね~。

ただ歩き廻るだけではつまらないので、今日は各地アンテナショップで観光資料を
集めることにした。まだ当分は仕事があるけれど、旅行を楽しみに頑張ることに
しよう。

東京駅八重洲地下街では、仙台の七夕祭りをやっていた。

S

ここで、仙台の市内マップなど貰った。仙台に行くかどうか分からないけれど、
とりあえず貰っておこう。

そこから地下通路を歩いて有楽町駅前にある「東京交通会館」に行った。
ここは各都道府県のアンテナショップがたくさん入っていて、それを目当ての
観光客でいつも賑わっている。

3fs
(3Fのガーデンには、新幹線見学の子供連れの姿が目立った)

ここで静岡の富士山関係と秋田の資料をゲットした。青春18きっぷで身延山に
行きたいと思っているのだが、その途中静岡県富士や富士宮を通るので、途中
下車しようと思う。秋田にも行きたいけど、どうなるか。

それからまた地下街を、東銀座にある「岩手県のアンテナショップ」まで歩いた。
ここも混雑していた。たぶんNHKの朝ドラ「あまちゃん」の効果だろう。

S_2
(途中にある歌舞伎座をパチリ)

暑い日差しのなかをテクテクと有楽町方面に引き返す。
沖縄の「わしたショップ」辺りは、交通会館に次ぐアンテナショップエリアで、
高知県、福島県、山形県がある。

S_3

山形県アンテナショップの店先のポスター。それで店内にはお酒を飲んでいる人が
たくさんいたのか。もっと早く知っていたらなあ~。でも明日は仕事だから自重
するわ。

« 東京駅ステーションギャラリー | トップページ | お酒に強い人、弱い人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旅の資料、私も行けるかどうかわからないのに、よく貰ってきます。
いつでも行きたくなったら利用できるように。でも出番が出るのは少ないんですが、眺めてプランを考えるだけでも楽しいですよね。
ガイドブックには無い地元の人の意気込みが感じられることもあって(でも行ってみるとありゃ~ってことも)面白いです。
今年は節電とあまり言ってませんが、電気代も毎月上がる感じですから節電しないと家計に響きますよね。ウォーキングするのは体力づくりも兼ねて良いけど、私は地下街ウォーキングはつい買い物してしまって散財することも・・・。
昨日は関西大回り乗車してきました。大阪から和歌山、奈良方面を回って帰ってきたんですが、海や山の車窓風景を楽しみました。適度にエアコンも効いているし、乗り鉄傾向のある私にとってはぴったりです。青春18きっぷが出れば途中下車できるのですが、まだそのシーズンじゃないので大回り乗車で費用節約です。大阪から尼崎までの170円の切符でこんなに楽しめて車窓風景に飽きたら本を読んだり、居眠りしたり。もちろん国盗りがメインなんですが。今日も行きたいけどいろいろと雑用があるのでそれを済ませればいけるかも。
首都圏と違って関西は比較的電車が空いているのでのんびりできて良いです。

やっぱり東京はアンテナショップがいっぱいあって、そこをめぐるだけでも楽しそう。
関西ではどこにあるんだろう?
地域のガイドブック駅や高速道サービスエリアもらえるところでは必ずいただきます。
かつて旅したところの資料も残してます。
しかしこれがたまってエリア別の整理が大変。
またその地再訪するときに取り出してみると便利なので捨てられず…
HANAさんの関西大回り乗車おもしろそう。
駅外に出なければ、適当に乗りついだらいいのですね。
私の場合は京橋駅からスタートすればいいので、今度試してみます。

ulalaさん、こんにちは

大阪はアンテナショップ東京に比べると少ないです。昔阪神の横の通路に全国各県のお店がありましたからね。
行ったことのあるのは、北東北の3県のアンテナショップです。
http://www.jengo.jp/
ここ大阪市近代美術館準備室心斎橋展示室(旧出光美術館)があった建物の1階だったので時々帰りに立ち寄ってました。イベントもよくやってます。
心斎橋には他にも徳島のアンテナショップありますが、他にあるのは沖縄のわしたショップぐらいでしょうか。こちらは三宮の店には行ったことあります。
やはり東京はレストランもあったり地方出身者も多いので規模が違うと思います。
大回り乗車ですが、ルールがあって、大都市近郊区間内で、同じ駅を通過しないとかいろいろあるので、検札にあったときに説明できるようにルートを考えて行った方が良いですよ。関東はsuica利用で何時間でもOKですが、関西はどうやらicocaを利用すると3時間以上経っていると自動改札を通過できないらしいので、私は駅で切符を買ってます。これだと同日内であればOKです。また大都市近郊区間外に出て大回りしている人を抜き打ちに検札することがあるらしく、高額な乗車賃を払った人もいるのでご注意ください。あまり検札やってませんが、私は1回だけ姫路行きの新快速の中で検札に出会ったことがあります。ルートを路線図見て考えるのも楽しい。でも最近JR遅れが多いのでぎりぎり乗り継ぎにしないようにしてます。ぜひ試してください。

HANAさん、アンテナショップ巡りはけっこう楽しめますよね。
昨日は土曜日だったせいか、どこもずい分混雑していました。

各店舗からドッサリ観光パンフを貰ってきて、コーヒーショップでのんびり眺めていました。地下街散歩してコーヒーブレークというのが、最近の私の暑さしのぎの方法です。

電車に乗って居眠りするのもいいですね。仮眠は脳に良いらしいですから。電車の中だと熟睡はしませんし。東京なら、やっぱり山手線1周かな~。隅っこの席でウトウトと‥‥。これがリラックスできるんです。電車の中の居眠りって、どうしてあんなに癒されるんでしょう?

今ふと思いついたんですが、東京駅から武蔵野線の旅も一度やってみたいです。広域山手線みたいな感じですからね。Suicaだったら、130円で出来るのかしら?
それにしても、大阪から和歌山、奈良を廻って神戸とは、いろんな車窓風景を見られそう。途中で駅弁を食べたくなりますね。
icocaに3時間の時間制限は困りものですが、切符なら大丈夫なんですか?

ulalaさん、昨日はドッサリ観光パンフを貰ってきました。
地図もいろいろあるし、美味しいものや観光名所と内容も盛り沢山で、ガイドブックより充実していますわ。

見ていると全部行きたくなりますが、HANAさん仰るように「誇大広告気味」のところも、きっとありますね(^^;)

山形のショップで聞いたところだと、芭蕉の句で有名な山寺は1015段の石段を足で上るしかないよそうです。それで計画から除外しました。1015段上がるだけでなく、1015段下りなきゃいけないんですから、元気な人しか行けませんね。

今は「米沢を通って弘前、青森」というコースが浮上中です。でも青森だと、往復とも「青春18きっぷ」というわけにはいかないでしょう。

おはようございます。
大阪のアンテナショップの紹介ありがとうございます。
すぐ近くまで行っててもその前を通ってないので知りませんでした。
大回り乗車にはルールがあるのですね。
今までの体験からして、京阪神、そして奈良、たいてい私鉄利用でした。
JRがどこでどう繋がってるのかあまり意識したことなかったです。
ゆっくり路線図みて電車の時間見てよく考えてから行動に移すことにします。

ろうまさん、切符やsuica利用だと同日内だと途中下車さえしなければ大丈夫のようです。武蔵野線もすごいループですよね。結構時間かかります。(1周はしていないけど時々乗ります)

今度友達と長岡花火見に行きたいって言ってるんですが、また石川雲蝶の彫刻見られないかなぁ、と思ってます。花火行くだけでも大変かもしれませんが。長岡花火見たことありますか?

HANAさん、日曜日から3日間仕事をして今日はやっとお休みです。同僚とこの仕事が終わるのを指折り数えて待っています。だって夜8時半までの勤務なんですよ。

長岡には甥っ子家族が住んでいて、親類縁者がいっぱい住んでいるんですが、私はまだ長岡の花火は見たことがないんです(-_-;)
「花火大会=混雑」と頭に刷り込まれているんですね。
まあそのうちに‥‥なんて言っているうちに、ドンドン年をとってしまいました。

それから、魚沼市観光協会のHPを見たら、浦佐駅から無料リムジンバスが出ているようです。停まるのは西福寺開山堂、永林寺、「道の駅」ゆのたにだけのようですが、何と言っても無料ですから、時間があれば乗ってみるのも良いんじゃないでしょうか。「ゆのたに温泉号」というみたいです。

私も今の仕事が終わったら、妹と長岡で会おうと思っています。その時に、まだ見ていない雲蝶作品を一つでも二つでも見たいんですけどね。そうそう長岡でサフラン酒も買わなくちゃ。もしお時間があったら、機那サフラン酒の蔵の鏝絵もぜひご覧下さい。この鏝絵の作者は地元の左官ですが、雲蝶に魅せられて開山堂に足しげく通ったそうです。私も、この蔵の鏝絵を見たとき、とっさに雲蝶を感じたんですよね。あ~やっぱりと、納得しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅ステーションギャラリー | トップページ | お酒に強い人、弱い人 »