無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 梅雨らしくなってきた | トップページ | 東京駅ステーションギャラリー »

2013/06/22

祝 富士山世界文化遺産

S
(錦糸町北口と両国の江戸東京博物館をつなぐ北斎通り。
道の両側には富嶽三十六景の浮世絵がかかっている)

今日はお休み。でもノンビリ昼寝もしていられない。上の部屋から工事の音が
聞こえてくるのだ。リフォームが始まったらしい。それに、蒸し暑い部屋では
クーラーが欠かせないが、ずっと冷たい風にあたっていると身体がだるくなって
良くない。

それで、お昼ごろになって、久しぶりにウォーキングでもしようと出かけた。

でもその前にランチだ。今の仕事が終わるまでは、お休みの日もランチは外食に
するつもり。食材買っても余ってしまい、けっきょく捨ててしまうのがオチだ
もの。

S_2

今日はアジア料理でなく、駅前ビルの地下にある「餃子の眠眠」に行く。
餃子の眠眠は、錦糸町駅近くに2軒もあるのだ。でも行くのはいつも駅前ビルの
このお店。大阪本店直営店となっているけれど、もう1軒は違うのかしら?

眠眠の餃子は小ぶりで皮が柔らかいので、食べやすい。ショッピングモールの
フードコートには「餃子の王将」があるが、一度しか食べたことがない。他にも
錦糸町には「亀戸ぎょうざ」という有名なお店がある。でもいつもオッサンで
いっぱいなので、まだ入ったことがない。

S_3

店の前には、こんな(↑)ポスターが貼ってあった。餃子1人前とやきそばで
たった100円だなんて、ぜひ来なくちゃ。でも売り切れなんて言われるかもね。

お腹がいっぱいになったので、北斎通りを図書館まで歩く。
ホテルの前に「富士急行」のバスが止まっていた。これに乗って富士山の麓まで
行きたいな。

私はまだ赤富士もダイアモンド富士も見たことがない。写真で見ただけ。出来たら
今年中に、どちらかの富士をこの目で見たいものだ。

« 梅雨らしくなってきた | トップページ | 東京駅ステーションギャラリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

富士山の世界文化遺産に美保の松原も含まれたようでよかったですね。
赤富士の絵もそうですが、日本人は皆富士山大好き、誇りですもん。

さて、珉珉 はすぐ近くにもあります。
ココの餃子好きです。
大阪の珉珉の発祥ってどこなんだろうと調べたら、
本店サイトに、珉珉が大阪千日前に1号店をオープンしたのは昭和28年。
私の誕生年と一緒やった~♪

ついに世界遺産決定ですね。でも富士登山ますます混雑しそう。むかーし、昔に修学旅行でバスで行けるところまで行った。中学生の頃です。でも全然覚えてません。
私の富士山の思い出といえば、仕事をはじめて少ししてから富士吉田にある経団連の研修所で研修を受けたことがあります。新宿からバスに乗って行ったなぁ。研修中だったか終わった後だったか浅間神社にお参りに行ったことを覚えてます。
お正月箱根で迎えたとき綺麗に雪化粧した富士山が印象的でした。一緒に行った祖母も義父も亡くなってしまったけど。
千葉に住んでいるとき朝の散歩の途中に小さく富士山が見えると縁起が良い、と喜んだものです。
富士山は新幹線からも飛行機からも見えますけど、生活圏に富士山が見えるだなんて、なんとなく得した気分になりますね。絵になる風景ですものね。
富士山や大雪山が見える風景が私の好きな風景です。今毎日見ているのは六甲山ですが(これはこれでよいです)


ところで餃子の珉珉が東京にまで進出しているとは知りませんでした
大阪では超メジャーな餃子屋さんですが、実は私食べたことないんです。生活する範囲内になかったからですけど、大阪の餃子屋さんってなかなか入って食べるのには女性にはちょっとハードル高い雰囲気があります。餃子は家で食べるものと思ってる私は古いかな。

ulalaさん、「餃子の眠眠」と同い年ですか。
なんだか目出度いですね(^_^)

私は餃子が好きなので、いろいろ食べてみるんですが、一番食べる機会が多いのが「餃子の眠眠」です。食べやすいんですよ。餃子は大好物です。

富士山はやはり自然遺産より文化遺産がふさわしいと思いました。日本人の信仰と憧れの対象として、長い歴史がありますものね。当日だったかのニュースで見たんですが、なんと奈良からダイヤモンド富士の撮影に成功したんですって。よっぽどの好条件に恵まれたんでしょう。

それから三保の松原が入ったのも嬉しいニュースです。
静岡に知人が住んでいて、三保の松原や登呂遺跡などに案内してもらったことがあります。そのとき静岡県立美術館では富士山の写真展をやっていて、富士山が日常の暮らしの中に入り込んでいると感じました。

HANAさん、経団連の研修所は富士山の麓にあるんですか。さすが、じっくり研修するには最高の場所ですね。研修で富士山に行って浅間神社に参拝できたら、ちょっと得した気分じゃないですか?少なくとも、都心のビルで研修受けるよりは、身が入りますよね。

私はいつも静岡側から富士山を見るだけで、山梨側からは見たことが無いんです。通りがかりに1~2回はあるかも知れませんが‥‥。
夏の青春18きっぷで身延山に行こうと思っているので、その時に浅間神社で参拝しようと思います。

富士山は昔ドライブで途中まで登りましたが、道の真正面にドーンと富士山が見える場所があって、そこでよそ見した車がカーブを回りきれず、道路を外れて止まっていました。眺めたい気持はよく分かるけど、運転手は運転に専念してほしいものです(^^;)

真正面の富士山も圧巻ですが、遠くからふっと富士が見えたときの喜びは格別です。あれほど多くの浮世絵に描かれた理由が分かります。
やはり富士山は文化遺産ですね。

話はガラッと変わりますが、錦糸町の「餃子の眠眠」は駅前ビルの中にあるので、いつも女性客がたくさん入っています。ランチタイムは混むでしょう。昨日は土曜日でしたが、午後1時ごろでも満席でしたよ。場所によって雰囲気がだいぶ違うんでしょうね。

三保の松原の字、変換間違えてました^^
先だって美保神社のこと書いたので家のPCが美保に反応したみたいです。
餃子の珉珉は、眠眠と眠たいのではなくて、王偏なんです。
この漢字を出すために、餃子のみんみんでググって本店サイトを見に行ったのでした。

ulalaさん、そういえば王偏ですね。何度も写真を見ているのに、気が付きませんでした。思い込みって、困ったもんですね。パソコンで漢字変換するようになってから、そういう思い込みが増えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨らしくなってきた | トップページ | 東京駅ステーションギャラリー »