無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/29

旅行に行きたいな

天気予報では猛暑というわけではないのだが、部屋にいると蒸し暑くて、つい
クーラーをつけてしまう。でもずっとこのまま部屋にいたのでは、身体にも良く
ないし、電気代も勿体ない。

‥‥というわけで、お休みの今日も、東京駅界隈の地下街ウォーキングにでか
けた。これから暑くなると、地下街とかビル街など長時間時間をつぶせるところで
過ごすことが多くなる。図書館でも良いけれど、人が多くてあまりノンビリでき
ないのよね~。

ただ歩き廻るだけではつまらないので、今日は各地アンテナショップで観光資料を
集めることにした。まだ当分は仕事があるけれど、旅行を楽しみに頑張ることに
しよう。

東京駅八重洲地下街では、仙台の七夕祭りをやっていた。

S

ここで、仙台の市内マップなど貰った。仙台に行くかどうか分からないけれど、
とりあえず貰っておこう。

そこから地下通路を歩いて有楽町駅前にある「東京交通会館」に行った。
ここは各都道府県のアンテナショップがたくさん入っていて、それを目当ての
観光客でいつも賑わっている。

3fs
(3Fのガーデンには、新幹線見学の子供連れの姿が目立った)

ここで静岡の富士山関係と秋田の資料をゲットした。青春18きっぷで身延山に
行きたいと思っているのだが、その途中静岡県富士や富士宮を通るので、途中
下車しようと思う。秋田にも行きたいけど、どうなるか。

それからまた地下街を、東銀座にある「岩手県のアンテナショップ」まで歩いた。
ここも混雑していた。たぶんNHKの朝ドラ「あまちゃん」の効果だろう。

S_2
(途中にある歌舞伎座をパチリ)

暑い日差しのなかをテクテクと有楽町方面に引き返す。
沖縄の「わしたショップ」辺りは、交通会館に次ぐアンテナショップエリアで、
高知県、福島県、山形県がある。

S_3

山形県アンテナショップの店先のポスター。それで店内にはお酒を飲んでいる人が
たくさんいたのか。もっと早く知っていたらなあ~。でも明日は仕事だから自重
するわ。

2013/06/23

東京駅ステーションギャラリー

今日は東京都議選の投票日なので、両国高校で1票を投じてきた。

S
(両国高校の校門入ったところにある「芥川龍之介の碑」)

それから東京駅へ。今日のお昼は残り物で済ませたので、外食はなし。目的は
東京駅の中にある「東京ステーションギャラリー」で開催中の「エミール・クラ
ウスとベルギーの印象派展」を見ること。

S_2

改装されてから、このギャラリーに入るのは初めてだ。

その時々の体調で見たい絵画が変わる。疲れ気味の時は、安らぎを与えてくれる
こんな絵がいい。クラウスが暮らしたアトリエ兼住居の「陽光荘」は、作品の
題材になっている農村にあったのだろう。こんな村で生活していたら、身も心も
癒されるでしょうね。

S_3
(3階から2階の展示室へ行く階段。壁のレンガは重要文化財とか)

S_4
(ギャラリーの休憩室の窓から丸ビルなどが見える)

このクラウスには、太田喜二郎、児島虎次郎という2人の画家が教えを受けた。
児島虎次郎というと、確か「大原美術館」の作品収集に奔走した人だ。美術品の
鑑定眼も一級だったけど、画家としても才能ある人だったのね。

S_5
(丸の内北口)

ギャラリーを出てから、高島屋日本橋店で「ポーム・ダムール」という林檎入り
チョコレートを買った。HANAさんのお母様がお好きだと漏れ聞いたチョコはこれ
かな?食い意地だけは元気いっぱいの私なのだ。

オレンジ入りチョコも美味しいけど、林檎のチョコもマイルドな味でいくらでも
食べてしまいそう。ブラックコーヒーだと、美味しいチョコレートが食べられる
から嬉しい。

S_6

そこから銀座までウォーキング。いつも地下街を歩くので、地上を歩くのは久し
ぶりだ。銀座では歩行者天国をやっていた。

2013/06/22

祝 富士山世界文化遺産

S
(錦糸町北口と両国の江戸東京博物館をつなぐ北斎通り。
道の両側には富嶽三十六景の浮世絵がかかっている)

今日はお休み。でもノンビリ昼寝もしていられない。上の部屋から工事の音が
聞こえてくるのだ。リフォームが始まったらしい。それに、蒸し暑い部屋では
クーラーが欠かせないが、ずっと冷たい風にあたっていると身体がだるくなって
良くない。

それで、お昼ごろになって、久しぶりにウォーキングでもしようと出かけた。

でもその前にランチだ。今の仕事が終わるまでは、お休みの日もランチは外食に
するつもり。食材買っても余ってしまい、けっきょく捨ててしまうのがオチだ
もの。

S_2

今日はアジア料理でなく、駅前ビルの地下にある「餃子の眠眠」に行く。
餃子の眠眠は、錦糸町駅近くに2軒もあるのだ。でも行くのはいつも駅前ビルの
このお店。大阪本店直営店となっているけれど、もう1軒は違うのかしら?

眠眠の餃子は小ぶりで皮が柔らかいので、食べやすい。ショッピングモールの
フードコートには「餃子の王将」があるが、一度しか食べたことがない。他にも
錦糸町には「亀戸ぎょうざ」という有名なお店がある。でもいつもオッサンで
いっぱいなので、まだ入ったことがない。

S_3

店の前には、こんな(↑)ポスターが貼ってあった。餃子1人前とやきそばで
たった100円だなんて、ぜひ来なくちゃ。でも売り切れなんて言われるかもね。

お腹がいっぱいになったので、北斎通りを図書館まで歩く。
ホテルの前に「富士急行」のバスが止まっていた。これに乗って富士山の麓まで
行きたいな。

私はまだ赤富士もダイアモンド富士も見たことがない。写真で見ただけ。出来たら
今年中に、どちらかの富士をこの目で見たいものだ。

2013/06/21

梅雨らしくなってきた

今日は朝から雨が降っている。ずっと空梅雨だったけど、ここのところ梅雨
らしくなってきた。

Nec_0006s
(道端の紫色の花をつけた木。何ていう植物かな?)

帰宅が遅い毎日だが、そんな最中にマンションで水漏れ事故が発生してしまった。
その日はたまたま休日で、早めにお風呂に入ったのだが、ノンビリ湯船につかって
いたら、天井からポトンポトンと冷たい水滴が落ちてくるではないか。

さっそくリフォーム会社に見てもらい、上階からの水漏れらしいと分かったが、
さあ、それからが大変。今度は管理会社の担当者がきて、まずすぐ上の階の
部屋を調べた。でも原因は分からない。どうやらもっと上階から水漏れしている
ようだ。土日をはさんでいたので留守が多く、なかなか水漏箇所が判明しない。

2~3日たって、やっと9階の部屋であることが分かった。思っていた通り、
給湯管のピンホールが原因だった。それにしても、9階の水漏れが5階の部屋に
まで影響するなんて、本当にビックリした。まあ部屋の中でなくお風呂だった
ことと水漏れの量も少なかったので、大きな被害は免れたが、この間リフォーム
したばかりのバスルームをまたリフォームする羽目に‥‥(-_-;) やれ、やれ。

土、日も仕事がある状態の毎日、たまの休みは食べることだけが楽しみだ。
最近はエスニック料理店のランチを食べ歩くことにしている。錦糸町界隈には
たくさんのタイ・インド料理店があり、その数は増える傾向にある。

Nec_0005s

この通り(↑)は蔵前橋通り。錦糸町北口のショッピングモール「オリナス」の近くで、
安い中華料理店が並ぶ地域。

Nec_0002s

亀戸天神手前の天神橋近くにあるインド料理のお店。
インド・ネパール料理店だが、タイ料理もある。現地のビールも各種揃っていた。
この辺りのインド料理店はグリーンカレーやガパオなどポピュラーなタイ料理も
出す。

通りを挟んだ向かい側にもタイ料理店があったし、天神橋の手前にはフィリピン
料理店もあった。もっともフィリピン料理店のほうは、夜だけの営業なのか
閉まっていたけれど。

Nec_0003s

ポークカレーとグリーンカレーの2種類のカレーを選んだ。美味しかった。
これにドリンクも付く。ナンを食べ残したら、ラップで包んでくれた。
また行きたいけど、他にも行っていないお店が沢山あるからなあ‥‥。
美味しいと評判のタイ料理店はいくつもあるが、営業は夜だけのところが
多くて残念だ。

2013/06/10

青春18きっぷと江戸絵画の奇跡展(無関係だけど)

「青春18きっぷ」夏季の発売期間と利用期間が発表になった。

・発売期間 7月1日から8月31日
・利用期間 7月20日から9月10日

とりあえず、廃止にならなくて良かった。
利用期間が始まる時に今の仕事が終わるので、タイミングもちょうど良かった。
プランはこれから考えるけれど、近場&東北方面が第一候補だ。

「江戸東京博物館」で開催されている「江戸絵画の奇跡、ファインバーグ・コレク
ション展」に行ってきた。じつは始まってすぐ行ったのだが、少々疲れ気味だった
こともあって、感想を書きそびれていた。

江戸絵画といってもいくつかの系統がある。展覧会では、「琳派」「文人画」
「円山四条派」「奇想派」「浮世絵」のコーナーが設けられていた。

「伊藤若冲」「曽我蕭白」「長沢芦雪」など、外国人がこうやって蒐集し保存
してくれたお陰で、現代になってその魅力が発見され脚光を浴びている作品が
目に付く。個人の審美眼って大したもんだなあ。

ボストン美術館展で曽我蕭白の意外な作品を見たが、こちらの蕭白はこれまで
私が抱いていたイメージのギラギラ感みなぎる作品だった。
幅広い才能の人だったのね。

もちろん俵屋宗達、尾形光琳、池大雅、円山応挙といったビッグネームの作品も
素晴らしい。広い邸宅があったら置いておきたい屏風や掛け軸ばかり。でもそれは
無理な相談というもの。こうやってシッカリしたミュージアムで鑑賞できるだけで
有難い。

この展覧会の作品には官画派のものはなく、民間画派のものが中心になっている。
江戸ではかなり規制があったので、自由闊達な作品は京都を中心に活躍した画家に
多いという。丸山応挙や長沢芦雪の屏風を見に、また西に旅しなくちゃならないわ。

その前に、6月18日から展示替えがあるので、もう一度見に行こうと思っている。

Edos

S

(↑この写真は展覧会とは関係なし。以前の資料展の説明文)

江戸東京博物館のある辺りは、江戸時代は弘前藩津軽家のお屋敷があった。
今度の旅では弘前には行きたい。

2013/06/08

エスニックタウン錦糸町

最近は夜遅く帰ることが多い。夜9時半ごろ東京メトロ押上駅を通ると、いつも
かなりの客が乗り込んでくる。こんな時間までスカイツリーで遊んでいるのかと
思いながら、次の駅の錦糸町で下りると、ホームやエスカレーターはまるで朝の
通勤ラッシュのような人混みだ。もちろん押上よりずっと人は多い。

昔から錦糸町は夜の盛り場だから、今さらビックリすることでもないのだが、
南口駅前広場にたむろする多民族多国籍の客引きを見ると、あらためてこの街は
繁華街なんだと思う。

新宿歌舞伎町では客引きが取り締まられているようだが、ここ錦糸町はそんな
気配はない。まだ明るいうちから、男女学生アルバイト風の客引きが、メニューを
手に通りがかりのグループに声をかけている。お互いに知り合いなのか、客引き
同士で談笑したりしている。たぶん居酒屋のチェーン店だろう。

夜が更けるにつれ、客引きは、学生アルバイト風から男女の外国人に変わって
いく。夜9時半頃になると、駅前は完全に夜の盛り場の雰囲気になるが、バス
ターミナルにはひっりなしに都バスが入ってきて、沢山の乗客が乗り降りしているし、
駅前広場では高校生らしき若者のグループやサラリーマングループが歩いていて、
怖いイメージはない。

私は普段人通りの少ない道を行くのだが、夜遅くなると飲み屋街を通って帰る。
人が多いほうが安心だからだ。

土、日に競馬ファンで賑わうJRAビルの周辺には、夜になると怪しげな雰囲気の
客引きが何人もブラブラしている。でもこの通りは、パブやクラブなどが入った
雑居ビルの間に普通の居酒屋やコンビニがあり、女性グループやサラリーマンが
飲み食いしている様子が外からよく見えるので、あまり不安は感じない。

黒服の間をすり抜けるようにして、買物帰りのオバサンや子供連れの夫婦が歩いて
いる。もちろん客引きは、そんな人達には声をかけてこない。私も、自慢じゃ
ないけど、一度も声をかけられたことがない。

錦糸町は歌舞伎町ほど奥が深くないんでしょうね。

錦糸町でやたらと目立つのはタイ料理とインド料理のレストランだ。裏通りを
歩いていると、新しく出来たアジア料理レストランをよく見かける。このあいだ
その中の2軒のタイ料理店に入ってみた。

S

平日だったので、ランチメニューを食べた。料理の品数もあって美味しかった。
ここはタイ人夫婦二人でやっているようだ。小さな女の子が愛嬌を振りまいて
いた。
別の日にもう1軒の新しいお店で大好きなグリーンカレーを食べてみた。
さまざまなスパイスや香味野菜の味のスープが美味しかった。

私はグリーンカレーが好きなので、初めての店ではこれを注文することが多い。
この味が良ければ合格ということにしている。
グリーンカレーは、どのお店も味に工夫をしていて、それぞれ特徴がある。
今のところどこも美味しい。
でも値段はあまり安くない。カレーとご飯だけで900円近くする。
タイの屋台並みでなくても、錦糸町は下町なんだから、もう少し安くして欲しいわ。

もう何十年も昔のことだが、錦糸町のガード下に小さなタイ料理店があった。
レストランというより食堂という感じだったけれど、タイ料理のお店はそこしか
なかったのか「タイ大使館御用達」という触れ込みだったので、ある日妹と食べに
行った。でも辛すぎて食べられずスゴスゴ出てきてしまった。

そのお店もあれよあれよという間に人気が出て、今ではあちらこちらに支店もある。
それとともに、味も日本人向けになっているような気がするけど。

スカリツリーにやってくる観光客に足を運んでもらおうと、すみだ区はあれや
これやとプランを練っている。そんなプランの一つが「すみだバルウォーク」だ。
参加しているお店はそんなに多くないけど、使い方によってはお得かも。

また「本所吾妻橋船着場」が整備され、水陸両用バスも利用できるらしい。船を
使っての観光プランはこれから練るようだ。

S_2
(時々見かける水陸両用バス。水の中を走っているのは、まだ見ていない)

そうそう「すみだまち歩き博覧会」なんていうミニツアーも始まった。すみだ区は
職人の町としてアピールしているけれど、スカイツリー観光と職人はミスマッチ
なのか、あまり反応はないようだ。

そんな職人工房のひとつに江戸文字の「アトリエ創藝館」がある。先日この前を
通りかかったら、店頭に見覚えのある置物が‥‥。

S_3

あらっ、これはビリケンさんじゃないの!江戸文字とどういう関係があるのか
分からないが、人目を引くのは確かだ。
思わずカメラを向けてパチリと1枚写してきた。

2013/06/01

夏になる前に夏カゼ

早々と梅雨入り宣言が出たが、それに合わせるかのようにカゼをひいてしまった。
夏カゼなのか、なかなか治らない。喉が痛くて鼻水が出る。夜中に汗をかくせい
だと思うが、暑いといってもクーラーをかけるほどでもないし‥‥本当に困る。
何か良い対策はないものかしら?

S

そんな体調だが、先日「青和ばら公園」に行ってきた。新聞にバラが見頃と書いて
あったので見に行ったのだが、私が行ったときは盛りは過ぎてだいぶ萎れていた。
もっと早く行けばよかったな~。

S_2

幕張勤めが3月で終わり、今は別のところで7月までの契約で働いている.。
そんな環境の変化も体調に影響しているのかも知れない。まあ7月までだから
頑張ろうと思う。

体調はあまり良くないがヒマをみてはウォーキングしている。
この間オープン1周年を迎えたスカイツリーに平日に行ったら、土日より空いて
いて、30F、31Fのレストラン街にすんなり上がることが出来た。

S_3
(エレベータの中から写した千葉方面。右手の川が北十間川)

この展望レストラン街は初めてだ。1Fのインフォメーションフロアから専用
エレベータに乗るのだが、いつも長い列が出来ていて上がる気になれなかった。
でもこの日は平日の午後で、お食事タイムも終わっていたので、ラクラク上がる
ことが出来た。

31Fは高級レストランフロアで、ランチメニューはどのお店も2500円~3000円と
いったところ。

30fs

その下の30Fはずっとカジュアルでリーズナブルだ。ここならファミリーも
お財布がさびしい若いカップルも安心してくつろげそうだ。

30fs_2

31Fはレストランに入らないとスカイツリーが見えないが、30Fには展望
コーナーがあって、目の前でスカイツリーを見ることができる。この日はどんより
したお天気だったので写真の出来もイマイチだけど、遠くに東京タワーが写って
いる。

S_4

5階ではカンヌ映画祭のミニイベントをやっていたけれど、お客さんは買物に
忙しいのか、無料なのに立ち寄る人は少なかった。「そして父になる」が公開
されたら見に行きたいな。

ところで今日のオンライン新聞によると、スカイツリーからの電波送信に切り
替わったとたんに、足元の墨田・台東・江戸川区のケーブルテレビで受信障害が
発生したようだ。「強電界」と呼ばれるエリア特有の障害で「ツリーとの間に
遮るものがない近い場所ほど、障害が出る可能性が高い」のだとか。

お客が減ったり、電波障害が起きたり、地元にあんまり良いことないのが残念
だわね。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »