無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« エスニックタウン錦糸町 | トップページ | 梅雨らしくなってきた »

2013/06/10

青春18きっぷと江戸絵画の奇跡展(無関係だけど)

「青春18きっぷ」夏季の発売期間と利用期間が発表になった。

・発売期間 7月1日から8月31日
・利用期間 7月20日から9月10日

とりあえず、廃止にならなくて良かった。
利用期間が始まる時に今の仕事が終わるので、タイミングもちょうど良かった。
プランはこれから考えるけれど、近場&東北方面が第一候補だ。

「江戸東京博物館」で開催されている「江戸絵画の奇跡、ファインバーグ・コレク
ション展」に行ってきた。じつは始まってすぐ行ったのだが、少々疲れ気味だった
こともあって、感想を書きそびれていた。

江戸絵画といってもいくつかの系統がある。展覧会では、「琳派」「文人画」
「円山四条派」「奇想派」「浮世絵」のコーナーが設けられていた。

「伊藤若冲」「曽我蕭白」「長沢芦雪」など、外国人がこうやって蒐集し保存
してくれたお陰で、現代になってその魅力が発見され脚光を浴びている作品が
目に付く。個人の審美眼って大したもんだなあ。

ボストン美術館展で曽我蕭白の意外な作品を見たが、こちらの蕭白はこれまで
私が抱いていたイメージのギラギラ感みなぎる作品だった。
幅広い才能の人だったのね。

もちろん俵屋宗達、尾形光琳、池大雅、円山応挙といったビッグネームの作品も
素晴らしい。広い邸宅があったら置いておきたい屏風や掛け軸ばかり。でもそれは
無理な相談というもの。こうやってシッカリしたミュージアムで鑑賞できるだけで
有難い。

この展覧会の作品には官画派のものはなく、民間画派のものが中心になっている。
江戸ではかなり規制があったので、自由闊達な作品は京都を中心に活躍した画家に
多いという。丸山応挙や長沢芦雪の屏風を見に、また西に旅しなくちゃならないわ。

その前に、6月18日から展示替えがあるので、もう一度見に行こうと思っている。

Edos

S

(↑この写真は展覧会とは関係なし。以前の資料展の説明文)

江戸東京博物館のある辺りは、江戸時代は弘前藩津軽家のお屋敷があった。
今度の旅では弘前には行きたい。

« エスニックタウン錦糸町 | トップページ | 梅雨らしくなってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たかがブログ、されどブログ、書くのも読むのもエネルギー要りますよね~
ブログが継続できるのは元気の印なんだなぁと思いますわ。

ブログのネタとなる旅は、もっとエネルギーと好奇心いりますね。
身近で展覧会見るのも。
ということは、衣食足りて、生活の潤い、彩を添えるということはどれもこれも、です。

TMさんのブログはもう10年ぐらい続いてるのですよね?

青春18きっぷ、プラン作りが楽しみですね。
JR東日本には他にもいろいろお得きっぷがあるので使い分けて楽しい旅を計画してくださいね。ウィークエンド切符ややホリデーパスなど行き先によっていろいろ選べるのは助かります。
JR西日本はあまりお得な切符がないのでちょっとがっかり。
また楽しい旅の写真をお待ちしています。

江戸博物館、なかなか良い企画展をしてくれると思ってます。
この展示会巡回しないのかしら。

ulalaさん、大阪では「あべのハルカス」がオープンしたようですね。私のほうは今日お休みですが、朝から雨が降っていてお出かけ気分が盛り上がりません。食料品買出しに行かなくちゃならないんですけどね。何かで「青春18きっぷ」を取り上げた旅行誌の宣伝を見かけたので、買出しのついでに見てこようと思っています。

ブログを書き始めてから、もうどれ位になるかしら?インターネットになる前は、ずっとパソコン通信で旅行記をアップしていました。阪神淡路大震災の直後から始めたので、だいぶ長くなりますね~。

やっぱり旅行をすると、人にも読んでもらいたいし自分の記録にもなるので頑張って書きますが、平々凡々な日常生活のなかではネタもあまり無くて、ついお留守になってしまいます。三浦雄一郎さんじゃないですが、好奇心を旺盛にして前頭前野を活性化しないと。

HANAさん、「青春18きっぷ」で楽しいのは、やっぱりプラン作りですよね~。何しろ日本全国で利用できるんですから、プランの範囲も広大です。JR東日本にはウィークエンドパス(週末パスという名称になったようです)やホリデーパス(休日おでかけパス)がありますが、範囲が限定的だし、料金も青春18きっぷより高めです。時間に余裕があったら、プランを考える楽しみも含めて、やっぱり青春18きっぷがいいですわ。

JR西日本はどうか分かりませんが、「するっと関西」はとっても利用価値が高いんじゃないですか?関西旅行には必須のチケットだと思いました。

ところで「江戸絵画の奇跡展」ですが、7/20~8/18まで、MIHO museum、10/5~11/10まで鳥取県立博物館で展覧会があるようです。

巡回展情報ありがとうございました。
MIHO museumは好きな美術館ですので行ってみたい。それこそ青春18きっぷかするっと関西使わないといけないほど遠いですけど。山の中にあるので夏は少しは涼しいかな。

青春18切符の廃止をご心配になっていましたか。青春18切符はかなり売り上げがあるので廃止はないと思います。ただ青春18切符があるために普通切符が売れにくくなって面はあるでしょうし、もう少し使いやすくした上で15000円程度に値上げってのは今後あるかもしれませんね。

HANAさん、私も「MIHO museum」は是非行きたい美術館です。
神戸からだと、青春18きっぷにピッタリの場所かもしれませんね。
琵琶湖周辺は見どころが沢山あって、京都からも近いので、その辺りをぶらつくだけで、青春18きっぷを全部使ってしまいそうですね。

それにしても関西は異常な暑さのようですね。東京も今夜は蒸し暑くて、帰宅後たまりかねてクーラーをつけました。

とんびさん、青春18きっぷが生き残ってホッとしました。
さっそく特集を組んだ旅行誌もありますね。いろんな使いみちが出来るので、楽しみにしている人も多いんでしょう。
でも15000円なら買うかどうか‥‥。
どうか値上げしないで下さい>JR関係者さま

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エスニックタウン錦糸町 | トップページ | 梅雨らしくなってきた »