無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 東京スカイツリーの隅田川デジタル絵巻 | トップページ | 夏になる前に夏カゼ »

2013/05/23

スカイツリー1周年記念コンサート

東京スカイツリー1周年を記念して5月22日に「すみだトリフォニーホール」
新日本フィルのコンサートがあった。このあいだの記念コンサートは(何の記念
だったか忘れた)1日ごとにベートーヴェンの6番、3番、4番だったけど、
今回は1日だけで昼間に6番「田園」3番「英雄」をやり、夜は4番とプラス1で
5番「運命」が演奏された。電車に乗って来る人もいるだろうから、1日で数曲の
ほうが良いと思う。指揮者は広上淳一さん。

私は夜の部だけ聴いた。チケット代は1回3,000円のところすみだ区民は2,000円と
お得になる。ちなみにスカイツリーの展望台料金もすみだ区民割引がある。
スカイツリーが出来てから地元商店街は売り上げが落ちたと言われているから、
気を遣っているのかしら。

コンサートは情熱的な広上さんの指揮で盛り上がった。広上さんのオーバーアク
ションの指揮ぶりに、指揮台から落っこちやしないかと心配したけど(^o^)

また何かの記念にお得料金の演奏会をやってほしいな。

S

何とか観光客を地元に引っ張り出そうと、昨日から近辺ウォーキングツアーを
始めたようだ。「鬼平犯科帳ゆかりの寺」ということで、すぐ前にある春慶寺にも
行くようだけど、観光客はスカイツリーに負けず劣らずモダンなオフィスビルの
ようなお寺にはビックリするだろうな~(^^;)

« 東京スカイツリーの隅田川デジタル絵巻 | トップページ | 夏になる前に夏カゼ »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

コメント

すぐ近くの会場でお手頃価格のコンサート、いいですね。
やはり敷居が高いと、新しいファンは獲得しにくいですよね。
最近大阪でも街角コンサート少しづつ増えてきました。

そして街歩き企画も増えているというか、
自分が関心持ち出したので目に留まるようになったのですけど。
一人だとそこまで歩く勇気ないのが、団体だと頑張れますから、時には企画ものに乗っかるのもいいなと思います。

演目はスカイツリーと何かしら関連づけられていました?
でも、コンサート含め、イベントをやる機会としては格好いですね。
私はこの周辺にはめったに行かないのでよくわからないのですが、スカイツリーにくる客がもっと地元にも流れるといいですよね。。。

ulalaさん、お手頃価格のコンサートは有難いですよ。生の音楽はやっぱり迫力が違いますわ。気分がスッキリします。でもビンボー人だから、そう何回も行けません。

街歩き企画もあの手この手で考えているようです。この近所ウォーキングツアーは、展望台への待ち時間を使ってその辺を案内しようというものらしいです。でも奈良辺りから来た人が春慶寺を見たら、「えっこれがお寺?参道はどこだ?」とカルチャーショックを受けるんじゃないかしら(^^;)

まみさん、スカイツリーが武蔵野国にちなんで634m(むさし)なので、地元の新日本フィルが記念日にベートーベンの交響曲第6番、3番、4番を演奏したんです。でも3曲だと半端なのでプラス1で第5番の運命も加えたんです。

スカイツリーは巨大なショッピングモールのようなものなので、お客さんがそちらに流れて、地元の商店は苦戦しているようです。沢山の観光客が来てくれると期待していたんですけどね。上手くいかないものです。

区民割引のあるコンサート、良いですね。区から補助が出ているのかしら。会場まで遠いとそれだけで行くのが億劫になってしまいます。
毎年続くとうれしいですね。

ウォーキングツァー、歩けて体にもお財布にも優しいんじゃないですか?でも帰りにケーキなんて買っていたらダメですけど(私のことです)

HANAさん、我が住まいの環境は褒められたものじゃないですが、便利なのが大きな利点です。すみだトリフォニーホールへは歩いて10分もかからないので、もっともっとコンサートに行きたいんですけど、チケット代が高いですからね~。たいてい区民割引があるんですが、(年末の第九はなかったかな?)、それでも高いですわ。
新日本フィルがここを日本初のフランチャイズにして15年経ちました。そうそう、この前のベートーベン634は、15周年記念のコンサートだったこと、今思い出しました。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

添え状の手書きさん、お読みいただき有難うございます。
またよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京スカイツリーの隅田川デジタル絵巻 | トップページ | 夏になる前に夏カゼ »