無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« GWは両国へ | トップページ | イタリア、シチリア »

2013/05/04

青春18きっぷの旅(津の三重県立美術館)

伊勢市から「快速みえ」に乗ってその日泊まる「津」に向った。
この「快速みえ」は鳥羽~伊勢市~津~名古屋という経路なので、津から四日市の
あいだはJRでなく「伊勢鉄道」となる。
快速は青春18きっぷで乗ることが出来るが、伊勢鉄道部分は別料金490円を払わ
なければならない。翌日は津から「快速みえ」で名古屋に行ったので別料金を
払ったが、快適だったので十分ペイした。

津に泊まることにしたのに特別の理由があったわけではない。
県庁所在地なのでビジネスホテルがあるということと、こんな機会でもなければ
滞在することはないと思ったからだ。

ホテルは今回の宿のなかでは一番モダンでシティホテルに近かった。駅でワインと
量り売りのお惣菜を買い、まずはひと安心。ホテルのレストランが「貸し切り」で
利用できなかったから、駅で夕食を買ったのは正解だった。

それにしても「津」は県庁所在地にしては静かな印象を受けた。都会の駅前には
ふつうデパートなど大型商業施設があるものだが、津の駅前にはそれらしい建物が
見当たらなかった。繁華街は別のところにあるのかしら?

夜のニュースで「明日は荒れた天気になる」と予報していたので、翌日は家に
帰ることにした。お天気が良かったら富士宮辺りに泊まり「身延山」に行きた
かったが、これは自然どっぷりコースなので、晴れるということが絶対条件に
なる。大荒れの天気予報ではとても無理だ。

まっすぐ帰ることにしたので、翌朝はユックリできた。バイキング形式の朝食も
美味しかった。

さいきん読んだエッセイのなかに、「ありきたりでも質素でも旅先のホテルの
朝食は楽しみ」という文章があったっけ。私もまったく同感だ。コーヒーとパン
だけのコンチネンタルでも、ホテルで朝食を食べると幸せな気分になる。

せっかく津に来たのだから地元のミュージアムだけでも行こうと思い、フロントで
「三重県立美術館」のマップを貰った。ホテルから徒歩10分くらいととても近い。

S

開館時間が9時半なので、それまで部屋でのんびりテレビを見て過ごし、少し
早めにホテルを出た。辺りは県庁やお寺や公園がある閑静な所で、桜の街路樹を
眺めながら坂道を少し上がって行くと、立派な建物があらわれた。

S_2

私は地方の美術館が好きだ。館内は良く手入れされているし、数は少なくても
珠玉の作品が展示されているので、じっくり鑑賞することができる。そしてどこも
空いている。三重県立美術館も、朝一番だったこともあって、入館者の姿は見当た
らなかった。

地方の美術館のもう一つの魅力は、その土地にゆかりの芸術家の作品を展示して
いることだ。こういうところで、初めて知る画家も多い。今回も特別展示されて
いた「八島正明展」が心に残った。「時の流れとともに人々は過ぎ去り、その影
だけが残された」そんな印象の絵画だった。

津での見学はこの美術館だけにして、「快速みえ」で名古屋に行き、そこで「みそ
かつとエビフライ」でも食べようかと駅周辺をうろついた。でもあいにくお昼時で
どこも満員だったので、また列車に乗って豊橋まで行った。往路では浜松で鰻を
食べたので、帰路は別の街で食事をしたかった。

ところが豊橋に着いたら急に「豊川稲荷」に行きたくなり、ちょうど出発するところ
だった飯田線に飛び乗った。

S_3

どんより灰色の雲が垂れ込めていたせいか、訪れる人は少なかった。何とかもって
いたお天気だったが、豊川稲荷で雨が降り始めた。あまり寄り道ばかりしていると
東京に着くのが遅くなるので、観光はここでおしまいにして、駅で買った稲荷寿司を
食べながら、後はひたすら列車を乗り継いだ。

熱海に着くと東京はもうすぐだ。小田原だったかその次の駅だったか「横浜、
新宿方面にお急ぎの方は、次の駅で湘南新宿ラインにお乗換えください」という
車内放送が流れた時は、こんなところにまで通勤電車の湘南新宿ラインが来ている
のかとビックリした。

錦糸町直行の横須賀線に乗り換えるには、横浜より大船のほうがラクなので、
私はそのまま東海道本線に乗っていたけれど、その放送を聞いて乗客が
ぞろぞろ降りていった。

こうして初めての青春18きっぷの旅はひとまず終わった。きっぷが1枚残った
ので、1週間以内に日帰りでどこかに行ってこなくては。

« GWは両国へ | トップページ | イタリア、シチリア »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

青春18きっぷの旅、たっぷりと楽しまれたようですね。

快速みえ、私も乗ったことがあります。
その時は青春18きっぷの旅じゃなかったのですが、検札の車掌に払っている人を何人か見かけました。

伊勢方面は大阪からだとどうしても近鉄のほうが便利で安いのであまりJRで行くという発想が無いんです。伊勢は私も1度も滞在したことがありません。

県立美術館って割合地味な場合が多いですね。
私の住んでいた千葉県立美術館も兵庫県立美術館も地元の画家の作品が置かれています。地元の人用に公開講座をしていたり、絵画教室がある場合もあるようです。もちろん地元民用の作品展の会場となったりすることもありますが、地元ゆかりの芸術家の作品が遺族から寄付されて広く紹介する場が出来ることは良いことだと思います。

青春18きっぷ、毎年廃止のうわさが出ますが何とか継続してますね。
リタイアして暇が出来たらゆっくりと使って旅したいです。

HANAさん、伊勢に宿泊すればよかったと後になって思いました。
でも「三重県立美術館」で、八島正明という画家を知ったのは収穫でした。三重県立美術館は最近改修したようで、広々としてきれいな美術館でしたよ。収蔵作品もかなりのものでした。

千葉美術館には一度行ったと思います。兵庫県立美術館はぜひ行きたい美術館です。地味どころかスゴイ美術館というイメージなんですけど‥‥。

「青春18きっぷ」の夏の日程がまだ発表されていませんね。廃止にならないといいんですけど。夏はもっぱら日帰りコースで使おうと思っているんです。

HANAさんはまだスペインですよね。天候不順ですから、体に気をつけて旅してくださいね。

 こんにちは。お久しぶりです。

 行き当たりばったりの旅、いいですね。ちょっとあこがれます。私も7月上旬に古い友人とパリへ行ってきます。安い大韓航空の航空券を使用予定です。

おりんぴあさん、パリですか。いいですね~。パリにはもう何十年も行ってないなあ。パリ、それも7月なら、お天気を気にしないですみますね。
今日はお天気最高の子供の日。子供だったのが、ついこの間のことのように感じます(^^;)

青春18きっぷ、はじめてでしたか。この切符は使いこなすのは結構難しいのですが、うまく使われているし、いろいろな割引切符を利用なさっていたように思っていたので、ちょっと意外でした。自分ももう20回以上使っていますよ。ただ自分にとってはお得感がなくなってしまい、この10年ほどはつかっていないんてす。久しぶりに使おうかなとか思いました、

とんびさん、これまでは少ない休暇を海外旅行にあてていたので、青春18きっぷを使う機会がありませんでした。でも国内旅行もなかなかいいもんですね。とくに私のように思いつきで行動する者には、予期せぬ面白さがあって、クセになりそうです。
最近はこういう「路線バスの旅」とか「途中下車の旅」が人気のようですね。
それにしても20回以上とはスゴイ。まあとんびさんなら不思議じゃないですが。

青春18きっぷ、昔からあるのは知ってました。
利用した話も聞いたことありますが、そこから先を具体的に追求したことなかった。
ただ単に各駅停車専用のお買い得切符程度かと思ってました。
しかるべきサイトで確認したら、なんと自由と制約とがない交ぜになった不思議な切符なんですね。
ちょっとお試しで「青春18きっぷの旅」してみたくなりました。

ulalaさん、「青春18きっぷ」と言っても最近はもっぱらシニア世代が愛用しているようですよ。関連の本や雑誌がいくつも出ています。

今回は利用期限が迫っていたので、遠出して切符をいっきに使ったのですが、一ヶ月くらい余裕があったら日帰り圏の旅行も良さそうです。JR東日本には「休日おでかけパス」というのがあるんですが、1枚(1日)2,600円で1日分2,300円の青春18きっぷより高いし、使えるのは土日祝日のみ、乗れる範囲も制限があります。そう思うと、やっぱりお得ですよね>青春18きっぷ

でも関西は私鉄が充実していますから、近場で使うメリットは少ないかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GWは両国へ | トップページ | イタリア、シチリア »