無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 青春18きっぷの旅(伊勢神宮) | トップページ | 青春18きっぷの旅(津の三重県立美術館) »

2013/04/29

GWは両国へ

この間エアコンを取り替えたばかりだというのに、今度は洗濯機を交換するはめに
なった。まあ20年近くも前に買ったものだから、耐用年数はとっくに過ぎている
だろう。仕方がない。

古いほうの引取りを頼んだら、「こんなキレイな洗濯機は見たことない」と工事の
人が言う。そういえば台所のレンジファンを交換したときも、「こんなにキレイ
なのに、本当に交換するんですか?」驚いていた。
炊事も洗濯もしないから汚れないんだな~。でも褒められたって気分じゃないな。

S

ところでシーズンオフしか旅行しない私なので、今年もGWは自宅でグータラ
過ごす。でもあまりの好天に誘われ、27日から「善光寺出開帳」が行わ
れている両国の回向院に行ってみることにした。

S_2

いつも両国方面に行くときは、途中で図書館に寄るので京葉道路か北斎通りを
歩くのだが、今日は滅多に歩かない「馬車通り」を行くことにした。

S_3

じつは私はこの通りが何故「馬車通り」なのか知らない。人通りの少ない静かな
通りだが、名所案内の高札が多い。両国に近づくと観光客らしき人の数も増えて
きた。

S_4

「赤穂浪士討ち入りの日」以外は訪れる人も少ない「吉良邸跡」も、今日は
沢山の観光客がいてビックリした。

S_5
(吉良邸前の和菓子屋さん。おに平だんごは売り切れだった)

S_6

GWのせいか戦後初めての「回向院出開帳」のせいか、参拝人や観光客がドッと
押しかけ、回向院から江戸東京博物館と国技館までの通りは、模擬店やフリー
マーケットでごった返していた。

S_7
(私が買ったのはコレ↑)

「国技館」が開いていたので入ってみた。近くに住んでいて、しょっちゅう前を
通っているというのに、私はまだ一度も国技館に入ったことがないのだ。これは
良いチャンスだわ。

S_8

相撲博物館、観客席など見て歩く。

S_9
(相撲甚句を披露していた)

S_10

入口の広場にはテーブルが並び、「ちゃんこ」やドリンクなどを売っていた。

5月12日から「五月場所」が始まる。場所が始まったら、チケットを買わないと
中に入れない。

S_11

両国はスカイツリーからも近いし、大きい観光ホテルもあるので、人、人、人で
大混雑だったが、ほんの数分歩いて「隅田川テラス」に下りると、とたんに人が
少なくなる。ジョギングする人、犬の散歩をさせる人などがたまに通る程度だ。

でも江戸東京に関心がある人なら、この隅田川散歩はけっこう楽しめるんじゃ
ないかしら。両国橋から蔵前橋あたりまでは「隅田川テラスギャラリー」になって
いて、コンクリートの護岸いっぱいに浮世絵などが展示されている。

S_12
(北斎)

原本よりはるかに大きいので、江戸時代の風習、お料理を盛り付けた食器など
細かい部分まで観察できて、とても面白いのだ。

「両国橋渡り初め」を描いた国芳と2代目広重の絵。初代広重だったら、どんな
ふうに描いたかしら。

S_13
(国芳)

S_14
(2代目広重)

S_15

明治時代のボート競走の絵葉書。対岸には応援の人々が写っている。

S_16

龍と虎のレリーフもあった。

ずんずん歩いて「吾妻橋」まで行き、浅草やスカイツリー観光するのも良いと
思う。皇居1周ジョギングしている人なら何てことない距離だ。私でもラクラク
歩くことが出来る。

この日は浅草方面には行かず、「旧安田庭園」>と「東京都慰霊堂」
のある横網町公園を通り、予約していた本を借りに図書館に行った。

GWだから図書館は空いているかと思ったら、こちらも沢山の人が新聞雑誌を
読んでいた。この間まで大改装中だった図書館は、リオープンしたら借りるのも
返すのも全部セルフサービスになっていた。

Nec_0003s

Nec_0004s

すぐ近くの「北斎美術館予定地」(平成27年開館予定)には、クローバーの
緑が広がっていて、その上をこんな小鳥がチョコチョコ歩いていた。
すずめじゃないのは確かだけど、何ていう鳥かな?

« 青春18きっぷの旅(伊勢神宮) | トップページ | 青春18きっぷの旅(津の三重県立美術館) »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

隅田川テラスギャラリー、いろいろ工夫されてもんですね。
拡大された浮世絵、確かによく観察できていいな。
さきほどニュースで、富士山が文化遺産として登録されると聞きました。
富士山の信仰と、浮世絵など富士さんを取り上げた芸術に関しての遺産だそうで。
確かに、日本人の心に富士山の存在は偉大です。
飛行機からでも新幹線からでも見えたら大喜び。
こちらTMさんのブログでも、関東のあちこちから富士さん見えたレポートありました。
文化遺産に登録されたというのは至極もっともだと思えました。

ulalaさん、富士山はやっぱり文化遺産のほうでしょうねぇ。
万葉集に詠われ、浮世絵など絵画や写真の題材となり、ずっと日本人の憧れであり続けたんですものね。もちろん信仰の対象でもあったわけですし‥‥。

江戸からは富士山が当たり前のように見えたようです。私が東京に住むようになってからも、冬は富士山がいつも見えていました。住む場所が違ったとは言え、最近は東京から滅多に富士山が見えません。数日前にスカイツリーから富士山が見えるとニュースで言うのを聞いて、今日上った人はラッキーだな~と思いましたよ。

富士山はお天気次第ですぐ近くでも見えないことがあります。
その神秘性も人々の心を惹きつけるんでしょうね。私は登山は無理なので、写真や映像で楽しむことにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春18きっぷの旅(伊勢神宮) | トップページ | 青春18きっぷの旅(津の三重県立美術館) »