無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ただ今工事中 | トップページ | 花粉猛威 »

2013/03/03

広重「東海道五十三次」

昨日はリフォーム工事が始まる9時に家を出て、駅前のコーヒーショップで
モーニングサービスを食べた。それから「江戸東京博物館」に向った。

朝から強風が吹き荒れて寒かったので、コミュニティバス「すみまるくん」に
乗った。100円なので気軽に利用できて、なかなか便利だ。目的地がスカイツリー
だと、錦糸町からは両国などを経由していくので時間がかかるが、「江戸東京
博物館」に行くのにはうってつけだ。

S

午前中でも団体客を中心にかなりのお客さんが入っていた。
強風だとスカイツリーのエレベータが止まる可能性が高いので、展望台を予約
していたお客さんは残念だっただろうね。でも周辺には悪天候でも過ごせる場所が
いくつもあるので、うまく利用して欲しいわ。この「江戸東京博物館」なんかは、
そんな場所の代表格だと思う。土曜日ということで、たくさんのボランディア
ガイドが案内していた。

S_2

私の目的は、江戸東京博物館開館20周年記念展示「広重・東海道五十三次」だ。
(ちなみに、昔は安藤広重と呼んでいたが、安藤は本名なので、最近は歌川広重と
呼ぶことになっているのだとか)
この後3月中旬からは「北斎・富嶽三十六景」が始まる。こちらも行かなくちゃ。

S_4

広重の浮世絵を日本橋から京都まで順番に見ていくと、つい自分も江戸時代の
旅人になったような気がする。その当時の人々の楽しんだり困ったりしている様が
いきいきと描かれていて、それが浮世絵の大きな魅力になっていると思う。

S_3

客引き女に引きづり込まれる旅人たちが可笑しい。旅の途中にある御茶屋でホッと
ひと休みする。旅の楽しみは今も昔も変わらない。

S_6

S_7

早朝の出立風景。ノンビリ出来ない旅もある。

S_8

S_9

江戸時代の旅行グッズ。旅心が伝わってくる。

S_10

時節柄お雛様も飾ってあった。

« ただ今工事中 | トップページ | 花粉猛威 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔、永谷園のお茶漬けのりにおまけでカードついてましたね~
子供ごころに東海道の道すがらの構図に心惹かれました。
今見て、写真撮影時のアングルの参考になると思いました。
旅のライターとしての目線が一級ですよね。

うららさん、そうそう永谷園のお茶漬けのりにカードがついていましたね。私も、そういえばあったな~と思い出しました。

現代ではあっという間に過ぎてしまう「東海道五十三次」ですが、浮世絵でひとつずつ見ていくと、旅は速けりゃいいってもんじゃないって思いますわ。途中に面白い場所があるんですからね。
そのうちに「青春18切符」でじっくり旅をしたいもんです。

それにしても江戸時代の人々は、好奇心がいっぱいだったんですね。

五十三次展をやってるのは知りませんでした。
終わる前に、行ってみたいです。

わたなべのもとさん、広重は3月10日までだったと思います。3月15日からは北斎です。浮世絵には馴染みの場所がたくさん描かれているので、今の風景と比べると楽しいですよ。

東海道を歩いていた時代は今よりずっと景色を楽しみながら旅できたように思います。ただ、今のように気軽には行けなかっただろうし、苦労のほうが多かったと思いますが。
江戸博物館の展覧会らしいですね。私が千葉に住んでいた時に開館して良くいきました。
この間両国に滞在したのに立ち寄れなかったのが残念です。

HANAさん、本屋で「おとなの青春18切符」とかいう雑誌を立ち読みしていたら、初日に、東京からブログに載せた五十三次の「関」まで行く、というプランが載っていました。

4月10日まで「18切符」が利用できるんですね。思い切って18切符の旅をしてみようかな~、でも体調イマイチだし‥‥。

HANAさんは日本全国を目まぐるしく飛び回っているけれど、でもお仕事やら用事やらがあって、ノンビリ旅行気分というわけにいかないようですね。うまくいかないもんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ただ今工事中 | トップページ | 花粉猛威 »