無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« アキバ | トップページ | スカイツリーついでにお散歩「お墓めぐり」 »

2013/02/06

リフォームは大変

今日は東京にも雪が積もるという予報なので、大事をとって仕事を休んだ(^^;)
窓を覗いたら小ぶりの雨で、雪が積もりそうな感じじゃないけれど、東京23区と
千葉では天候が違う。もちろん埼玉や神奈川や東京都下でも違う。こんなに気象が
違うところへ、毎日通勤しているなんてスゴイことだと、つくづく思う。
私なんかは近いほうで、片道2時間以上かけて通勤している人が珍しくないん
だから。

S
(話題と関係ないけど、東京国立博物館東洋館の中国の観音様)

今月末に部屋のリフォームをする予定なので、いろいろ慌しい。壁と床は数年前に
やったので、今回はバスルーム、給湯器と給湯管、キッチン水栓とレンジフード、
洗面所とトイレの床と壁紙を交換する。これでひと通りリフォームは終わりなんだ
けど、以前にやった箇所がもうクタビレてきているので、またリフォームをやらな
ければならない。

リフォームのコンセプトは「掃除が簡単」だ。お風呂も「掃除が簡単でカビが
つかない」を最優先にして、「換気暖房乾燥機」を付けることにした。
私は滅多にお風呂に入らず、ほとんどシャワーだけなんだけど、お風呂上りに
これを回したらカビが防げると聞いたので。

マンションのリフォームは資金的にも心身的にも負担が大きい。
計画を立て業者と交渉することから始まり、工事が決まったらマンションの管理
組合に届け、工事をする時には部屋を片付けなければならない。
部屋が狭いものだから、片付けと言っても簡単じゃない。もう考えただけで面倒
臭くなる。

今日は1日部屋に閉じこもるつもりだから、頑張って不用品を捨てないと。

高齢化社会が急激に進んで、マンション一人暮らしの高齢者が多くなった。
リフォームに困っている人も沢山いるだろう。
私も、今頑張らなければリフォームがますます難しくなると思って、何とか工事
決定までこぎつけた。最短でも1週間の工事期間をどう乗り切るか、まだまだ
難関続きだ。

« アキバ | トップページ | スカイツリーついでにお散歩「お墓めぐり」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じところに長く住んでいると定期的にリフォームが必要になってきますね。考えてみれば私は長い間引っ越しを繰り返し住み替え(というか必要に迫られて)ていたので必要なかったのですが、今のところに住んで13年私もそろそろリフォーム必要かな、と思ってます。
一時はまた引っ越しも考えたのですが、払える物件は何らかの問題があり、今より良い環境を得るのはなかなか難しい。引っ越しするとなると次は仕事を変えて場所を移動するか、それともリタイアして老人ホームかな。
でもそれまで少しあると思うのでせいぜい修理しながら使うことになります。
つい最近マンションの管理組合から給湯器の集団購入割引の案内がありました。同じ年数経っているからあちこちできっと修理する人が多いからでしょうね。でも正直言って大して安くないし大きな給湯器も必要ないかも、と思ってパスしてます。給湯器と給湯管を取り換えるというのは、あちこちはがして取り替えですね。給湯器は思いついたけど給湯管までは思いが及びませんでした。確かにこちらも古くなってますよね。
台所のガス台をIHに替えたかったのですが電力不足になりそうだということで実現してません。でも安全面から見るとIHにしないといつかやけどしそうです。
リフォームで一番大切なのはきっと計画と工事の前の物の処分でしょうね。ビフォーアフターだってこれ物捨てたら絶対にもっと暮らしやすいと思う家たくさんありますもの。
頑張ってくださいね。

HANAさん、給湯管や給配水管はふだん気にしませんよね。私も水漏れ事故が起きるまでは、それらが床下にあって、しかも区分所有者のものだとは知りませんでした。共有だと思っていたんです。

水道管はあまり水漏れないようですが、給湯管は(とくに昔のものは)古くなると水漏れしやすくなり、いちど水漏れ事故が起きると階下の部屋に被害が及びます。どこに水漏れ箇所があるのか、自分の部屋の床をはがして探さなければならないし、階下の被害も賠償しなくちゃなりません。劣化での水漏れは「個人賠償責任保険」も使えないので、負担がとても大きいんです。でもほとんどのマンション住人はそんなことを知らないんですよ。

ところで、先日水漏れ事故が発生した部屋の人が、「給湯管を天井配管にした」というのを聞いて、「これはグッドアイディアだ」と思ったんです。天井なら床をはがす必要もないし、水漏れの発見も修理も簡単だし、何より被害が受けるのは自分の部屋なので気楽です。

給湯管はクローゼットの奥に通すなどして、出来るだけ目立たないようにしてもらうことにしました。いくら新しいお風呂にしても、水漏れの心配があるのでは、リラックスできませんからね。

今日はサイズの合わない衣服を処分しました。何度も処分しているような気がするんですが、次から次へとサイズの合わない衣服が発生するんですわcatfaceどうしてでしょうね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アキバ | トップページ | スカイツリーついでにお散歩「お墓めぐり」 »