無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 東京地下散歩、東京駅周辺 | トップページ | 西伊豆まつざき町の入江長八(2) »

2013/01/21

西伊豆まつざき町の入江長八(1)

鏝絵の名人「入江長八」のふるさと「西伊豆、松崎町」に行ってきた。
長岡の「摂田屋地区」ですばらしい鏝絵を見て以来、職人の華麗な技に魅せられ、
第一人者と言われる入江長八の鏝絵をぜひ見たいと思ったのだ。

松崎町は入江長八のふるさとで、そこには「伊豆の長八美術館」がある。
日帰りはムリなので1泊することにして、公共の宿「伊豆まつざき荘」を予約
した。

むかし友人が「この宿は良い」と話していたのを覚えていた。
ここは「おひとり様でも割増料金なし」なので一人で行くつもりだったが、温泉
だったら私も行きたいと妹が言うので、一緒に行くことになった。

シーズンオフの金曜日だから空いていて、海を眺めながらゆうゆうとお風呂に
入ることができた。でもガラガラというほどではなく、食事時のレストランは
けっこう宿泊客がいた。

S
(今日のオススメ料理、さざえのお刺身をそれぞれ追加注文。もちろん熱燗も)

S_2
(部屋から眺めた駿河湾の夕日)

S_3
(朝は海上をもやが漂っていた)

西伊豆はちょっと交通の便が悪い。東京から伊豆急下田まで電車で行き、そこから
東海バスに50分ほど揺られなければならない。

急ぐ旅じゃないからと午後になって現地到着。さっそく町を散歩する。シーズン
オフなので人影はなく、町はひっそりとしていた。夏休みは海水浴客で大賑わいに
なるのだろうけど。

S_4

バスの事務所で貰ったマップを見ながら観光協会に向った。長八美術館などの
観光名所はこの辺りに集まっている。

松崎町は「なまこ壁」で知られていて、ところどころで時代がかった建物を見る
ことができる。昔は我が故郷にもこういうのがあったような気がするな。

S_5

まず出会ったのが「明治の商家、中瀬邸」だ。

S_6

S_7

その前にある「時計台」と「ときわ大橋」は、「長八美術館」を造った建築家
「石山修武」の手によるもの。「ときわ大橋」の桜はしっくいで描かれている。

S_8

ときわ大橋を渡ったところに「松崎町観光協会」と堂々とした「なまこ壁」の
邸宅がある。薬学で大きな足跡を残した「近藤平三郎」という人のお住いとか。

S_9

« 東京地下散歩、東京駅周辺 | トップページ | 西伊豆まつざき町の入江長八(2) »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

暦では大寒ですけど、お天気に恵まれたようで日差しは春めいてますね。
伊豆で新鮮な海のもの美味しくいただけて、温泉つかってリフレッシュできたことでしょう。
春の伊豆といえば、大学時代の春合宿を伊豆半島で過ごしたシーズンがありました。
宿泊場所がどこだったか記憶ありませんが、
最終日に応援団の男子は石廊崎までマラソンしました。
ちなみに私は応援団のチアガール、バトントワラーでした(^^ゞ

西伊豆、行きたかったんですけど、箱根と一緒で3泊4日じゃ東伊豆が漸くで、熱川の少し向こうまでしか行けませんでした。次は是非、伊豆半島だけに絞って、半島一周したいなあ〜。西伊豆に良い宿泊所が見つけられなかったこともあったので、この宿、参考にさせて頂きます(^o^)。

うららさん、西伊豆は暖かかったです。同じ伊豆半島でも、下田は風が強くて寒かったんですが。
ここは金目鯛が有名とかで、たくさん食べましたが、恐る恐る体重計に乗ったらそんなに増えていなくてホッとしました。

>ちなみに私は応援団のチアガール、バトントワラーでした(^^ゞ

昔も今も、まったく変わっていないんじゃないですか、うららさんは。今でも現役でやれますよ、チアガール(^_^)v

アトムズさん、このお宿はとても良かったですよ。
空いていたので、夜遅めにお風呂に入りに行ったら、完全貸切でした。露天風呂に入ったら、風が強くてちょっと怖かったですけど。

でも夏休みシーズンは混むんじゃないかしら。あんまり混んでいる温泉はいやですね。

西伊豆は交通の便が良くないですが、車だったらずっとラクに移動できるでしょう。なまこ壁の住宅があちこちにあって、ドライブも楽しそうですよ。

西伊豆いいですね。一度だけ行ったことがありますが、宿泊しなかったので今度行く時はこういう夕陽を見たいです。
不便なところだからこういうなまこ壁がたくさん残っているのかしら?
ユニークな建物が多そうで行ってみたくなりました。

伊豆は冬場に私が水汲みに行く所です。(^◇^)
松崎にも水場があるので行きます。
長八美術館の付近にも神明水というのが有るので。

松崎にはいい露天風呂もあります。
私がいつも立ち寄る、大沢温泉山の家露天風呂はいいですよ。
湯船の底から温泉が湧いてくる、ごまかし無しの掛け流しですから。
他の設備は無く、交通は不便ですが。

春になると那賀大規模花畑も綺麗ですよ。
又楽しんで下さい。
いずれも足が無いと行きにくいけど。
私も来月行こうかな。(^o^)/~~~

HANAさん、西伊豆は電車が通っていないので、ちょっと不便でした。
でも車なら行きやすいんじゃないかしら。

石川雲蝶に続いて入江長八と、ここのところ職人技づいています。
古いお寺のなかでヒッソリと残されてきた作品が、とてもイキイキしていて良いんですよね~。

日本各地にまだまだ知られていない名人技があるんじゃないかしら。
国内旅行も楽しいですね。

伊豆は欠食児さんおなじみの場所だったんですね。
私はバスで下田から松崎に行きましたが、途中の風景もひなびていてのどかでした。

そうそうバス停ごとに温泉が異なりましたね。さすが伊豆です。
きっと秘湯もたくさんあるんでしょう。

昔は職場旅行というと伊豆、房総、鬼怒川方面と決まっていました。
だから伊豆の有名温泉地はたいてい行っているんですが、どこも団体向けの温泉ホテルで宴会して帰ってくるだけでした。
今回はシーズンオフの個人旅行だったので、ゆっくりできて良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京地下散歩、東京駅周辺 | トップページ | 西伊豆まつざき町の入江長八(2) »