無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/27

スカイツリーついでにお散歩「鶴屋南北」

インターネットにアクセスしてまず読むのが新聞のHPだ。
ざっと斜め読みするだけだが、人名には目がとまる。やはり「おくやみ」欄が
多いかな。

最近では「直木賞作家の常盤新平さん」、出版社の編集長をつとめ、また翻訳家
でもあった。

でも私はその著作を読んだことがなく、最近買ったばかりの「池波正太郎の東京
下町を歩く」と「池波正太郎の江戸東京を歩く」で初めて読んだ。

この2冊の散歩エッセイは、気軽に読めて知識も身につく、まあ私レベルの者でも
楽しめる内容だ。とくに下町編は馴染みのある場所が多く、これまで無関心に
通り過ぎていた場所が、じつは歴史の舞台だったり時代劇の舞台だったりする
ということを教えてくれた。

Nec_0058s

最近の新聞に載った記事に「鶴屋南北戯曲賞」第16回受賞者決定というものが
あった。「鶴屋南北」という名前に、私のアンテナが反応した。何故かというと、
スカイツリーのすぐ近くにある「春慶寺」の前を通るとき、この名前が刻まれた
お墓らしきものを見るからだ。

S
(墓碑のようなものがガラスケースに入っている。そのガラスに映るスカイツリー)

お寺が浅草通りという幹線道路に面したビルなので、あまり由緒あるお寺に見え
ないが、400年の歴史があるのだという。

Nec_0060s
(通りかかった若いお母さんが子供に「あら羊さんがいるわよ」 子供「羊じゃ
ないよ」 子供が正しい。これは象さんです)

「江戸時代から「押上の普賢さま」と称され、特に辰年、巳年守り本尊として
多くの参詣人で賑わっています。」とある。今年はその巳年だから、ついでの
参拝にピッタリじゃないの。

春慶寺が描かれている浮世絵「押上村行楽」を見ると、押上はそれほど辺鄙じゃ
なかったという気がする。

S_2

春慶寺はまた「鬼平犯科帳」の舞台でもある。

春慶寺はスカイツリーの目の前にある。あいだには浅草通りと北十間川。
川の手前から見るスカイツリーは、左右対称の形を眼前で見ることが出来る
ので、記念撮影にもピッタリだ。(スカイツリーは大抵ねじれて見えるし、
建物が邪魔したりして全体もなかなか見られない)

S_3

2013/01/24

西伊豆まつざき町の入江長八(3)

翌日は朝9時ごろのバスで「岩科学校」に行った。
この学校は明治時代に建てられた小学校で、国の重要文化財に指定されている。

S_4

S

S_5

学校の歴史資料、人々の暮らしぶり、産業などの品々を展示した博物館に
なっているが、中でも最大の見どころは随所に光る入江長八の技だろう。

S_3

とくに2階の和室「鶴の間」は長八作品の展示室という趣で、部屋をぐるりと
取り巻く欄間にはのびのびと飛翔する鶴が138羽も描かれている。

S_2

岩科学校の風格、品格にピッタリの絵だ。こういうのを見ると、鏝絵は建物と
ともにあってこそ魅力を発揮するとしみじみ思う。
前日見た長八作品のなかでも、お寺の飛天がいちばんイキイキしていた。

長八作品の多くは江戸・東京にあったが、ほとんどが関東大震災で焼失した。
美術館には長八の高い技術を示す繊細な絵画のような作品が多く、受付で渡された
ルーペを覗きながら見て回ったが、ちょっと物足りなかった。

S_6

松崎へ戻るバスまで2時間も待ち時間があったので、敷地内の「おやすみ処」で
お茶を飲みながら過ごした。ここは旧岩科村役場でいろんなお土産も売られて
いる。

S_7

それから穏やかな日よりに誘われて辺りを散歩した。
バス停の向こうに、なまこ壁の蔵らしきものが見えたので歩いて行く。しばらく
蔵を見たり写真を撮ったりしていたら、近所のオジサンが出てきて蔵の説明を
してくれた。この辺りの人はどなたも親切で説明熱心だ。

S_8

「この家の人は岩科学校建設に多大な寄付をしたために財産が無くなって、この
蔵と後ろの小さい家だけになってしまったんですよ」

そういえば、岩科学校の建設費の4割が寄付によってまかなわれ、そのうち1割は
村民からのものだと書いてあったっけ。

S_9

「むこうに見える集落には、なまこ壁の蔵がいくつもありますよ」とオジサン。

指し示された集落はそんなに遠くない。
それを知っていたなら、待ち時間はたっぷりあったんだから、ウォーキングがてら
行ってきたのになあ。やっぱりもっと情報収集しなくちゃ~と、毎度のことながら
反省をする私‥‥進歩ないね。

入江長八関連はここで終わり、またバスに揺られて下田まで戻った。
電車の時刻をチェックし、2時間ほど空き時間があったので、下田市内を歩いて
「開国博物館」まで行った。

S_11

途中にまるでイベント会場のようなお寺「宝福寺」があった。

S_12

S_14

龍馬に勝海舟にお吉とスターのオンパレード。大河ドラマで幕末が取り上げられる
ことが多いから、そのたびに下田は舞台になって観光客がやってくる。だから
由緒あるお寺も代々木公園の一角みたいになっちゃうんだな。

S_10

「下田開国博物館」はなまこ壁の立派な建物だった。

展示されている資料は江戸幕末が中心で、それほど遠い過去ではないから、とても
身近に感じる。黒船に乗ってやってきた異人や異文化、好奇心いっぱいの庶民、
激動の時代の空気が漂う博物館だった。

S_13

温暖だった松崎町に比べ、下田は強い風が吹いて寒かった。同じ伊豆半島なのに
こんなに違うものかしら。下田駅前でまた金目鯛料理を食べ、電車に揺られて
帰宅の途についた。

2013/01/23

西伊豆まつざき町の入江長八(2)

なまこ壁通りを通って幹線道路に出ると、地元の歴史が刻み込まれたようなお寺と
神社があった。

S
(伊那下神社)

S_2

その向かい側に「長八記念館」という大きな看板が立っていた。
写真で見た美術館とは違うようだけど、ここが入口なのかな~と、ソッと戸を
開けると、受付にノンビリしたおばあさんがいた。

準備不足の私は、長八の美術館があることは知っていたが、記念館もあるとは
知らなかった。記念館は「浄感寺」というお寺で、長八がこのお寺の天井絵や
漆喰芸術などを制作したのだ。

S_3

お寺の管理人らしき男性が熱心に長八作品の説明をしてくれる。
ここには私が見た長八作品のなかでナンバーワンの「飛天」があった。
これを目にしたとき、とっさに思い浮かべたのが、越後の「石川雲蝶」の「天女」
だった。

鏝絵と彫刻の違いはあるが、どちらも艶やかでふくよかで流れるような美しさ。
職人の憧れがこもっている気がする。色彩も鮮やかで、年月を感じさせない。

S_4
(彫刻もあった。雲蝶との共通点が多いなあ)

このお寺には長八のお墓もあった。深川で亡くなった長八は浅草「正定寺」に
お墓があるが、ゆかりのある浄感寺にも分骨されたのだという。正定寺は近く
だから、いちどお参りに行ってこようかな。

記念館は私達を最後に戸締りしてしまった。ぎりぎりセーフで見ることができて
良かったわ。

S_5
(美術館中庭のなまこ壁は現代の名工の作品)

道路をはさんで記念館の斜め向かいに「伊豆の長八美術館」がある。
こちらは「石山修武」という建築家が設計したモダンな建築で、全国の左官職人が
建設に協力した。現代の名工たちの技も見ることができる。

S_6
(現代の名工の作品)

S_7
(花瓶とお花も漆喰作品)

2013/01/21

西伊豆まつざき町の入江長八(1)

鏝絵の名人「入江長八」のふるさと「西伊豆、松崎町」に行ってきた。
長岡の「摂田屋地区」ですばらしい鏝絵を見て以来、職人の華麗な技に魅せられ、
第一人者と言われる入江長八の鏝絵をぜひ見たいと思ったのだ。

松崎町は入江長八のふるさとで、そこには「伊豆の長八美術館」がある。
日帰りはムリなので1泊することにして、公共の宿「伊豆まつざき荘」を予約
した。

むかし友人が「この宿は良い」と話していたのを覚えていた。
ここは「おひとり様でも割増料金なし」なので一人で行くつもりだったが、温泉
だったら私も行きたいと妹が言うので、一緒に行くことになった。

シーズンオフの金曜日だから空いていて、海を眺めながらゆうゆうとお風呂に
入ることができた。でもガラガラというほどではなく、食事時のレストランは
けっこう宿泊客がいた。

S
(今日のオススメ料理、さざえのお刺身をそれぞれ追加注文。もちろん熱燗も)

S_2
(部屋から眺めた駿河湾の夕日)

S_3
(朝は海上をもやが漂っていた)

西伊豆はちょっと交通の便が悪い。東京から伊豆急下田まで電車で行き、そこから
東海バスに50分ほど揺られなければならない。

急ぐ旅じゃないからと午後になって現地到着。さっそく町を散歩する。シーズン
オフなので人影はなく、町はひっそりとしていた。夏休みは海水浴客で大賑わいに
なるのだろうけど。

S_4

バスの事務所で貰ったマップを見ながら観光協会に向った。長八美術館などの
観光名所はこの辺りに集まっている。

松崎町は「なまこ壁」で知られていて、ところどころで時代がかった建物を見る
ことができる。昔は我が故郷にもこういうのがあったような気がするな。

S_5

まず出会ったのが「明治の商家、中瀬邸」だ。

S_6

S_7

その前にある「時計台」と「ときわ大橋」は、「長八美術館」を造った建築家
「石山修武」の手によるもの。「ときわ大橋」の桜はしっくいで描かれている。

S_8

ときわ大橋を渡ったところに「松崎町観光協会」と堂々とした「なまこ壁」の
邸宅がある。薬学で大きな足跡を残した「近藤平三郎」という人のお住いとか。

S_9

2013/01/14

東京地下散歩、東京駅周辺

外は雪、かなり激しく降っていて、ベランダからスカイツリーの姿はまったく
見えない。ときどき救急車のサイレンが聞こえる。東京は人も車も雪対策をして
いないから、急にこんなに降ったらお手上げで、事故も増えるだろうな。

このお天気では「町歩き」は無理だけど、どうしてもウォーキングしたければ
地下街、地下通路を歩き回るという手がある。いくつかある地下タウンの中でも
私がいちばんよく歩くのが「東京駅界隈」だ。今日は、いくつかあるコースの
中から、先日歩いたコースをご紹介する。

S_2

スタートは東京駅の八重洲地下街だ。
有楽町方面(南口方向)に歩き、「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」を
通って、東京駅京葉線改札口方面に向う。

八重洲にあるのにどうして丸の内?高級感があるからかな。このサイトには詳しい
「地図」が載っていた。この地図はけっこう便利だ。

S_3

ここにはレストランやカフェ、居酒屋などがあるが、全体的にひっそりしている。

S_4

京葉線改札口の手前に「R.T.Oレリーフ」がある。ほとんどの人が気にも留めずに
通り過ぎてしまうが、東京駅の歴史のひとこまがこんな所にも残されている。

ここからすぐの左手に「東京国際フォーラム」の入口がある。
右手が東京駅の京葉線改札口だが、東京国際フォーラムの中を通ると有楽町駅に
出る。

「東京ディズニーランド」に行く京葉線と、「東京スカイツリー」最寄りの
錦糸町に行く総武線快速は、ホームがもっとも離れている。測ったことはないが、
下手したら乗換えに30分くらいかかるんじゃない?

S_5
(国際フォーラムではいろんなイベントをやっている。でもこの日のイベント
会場は何もなくてガランとしていた)

東京国際フォーラムを出て左に行くと有楽町駅&日本各地のアンテナショップが
集まっている東京交通会館があり、そこからずっと東銀座まで地下通路を歩いて
行くことが出来る。

S_6

でも今日は右手の皇居、丸の内、日比谷方面に行く。いつも「短すぎるんじゃ
ない?」と感じるエスカレータ、でもせっかくあるんだからと乗る。

S_7

通路右側の国際ビルの「タニタの食堂」は女性客でいつも混雑している。

S_10

突き当たったら右方向にドンドン歩く。(左に行くと日比谷公園)

S_8

とにかく何もない通路だ。途中に地下鉄二重橋前の改札口がある。

S_9

途中「マイプラザ」というビルにトイレ休憩などで立ち寄る。
この「明治生命館」はこの辺りでは一番好きなビルで、1階まで上がると重要
文化財に指定されている建物をロビーで見ることができる。椅子もあるので、
ひと休みにもってこいだ。

明治生命館は地下で「三菱一号館」とつながっているので、気分次第ではその
コースにすることもあるが、たいていはもう少し先の「行幸ギャラリー」(出口7)
から東京駅方面に向う。

S_11

いつも人影の少ない「行幸地下ギャラリー」、でも通路からギャラリーに続く
エスカレータは動いている。せっかくだからと、ここでもエスカレータを使う。
何でウォーキングしているのか分からないじゃないの>自分

S_15

ギャラリーでは「AP通信の写真展」をやっていた。

S_12
(オバマさんと前大統領のクリントンさん)

S_13

電光ニュースが流れている辺りで左に行くと新丸ビルの地下街に出る。右に行けば
丸ビル。突き当たりの通路でも同じ。その先は東京駅だ。

S_14

新丸ビルの地下街は、殺風景な通路よりはだいぶ賑やかだった。
ここまで歩いて、お腹が空いたからとスイートなど食べたら元も子もないので、
じっと我慢して帰宅する。

2013/01/12

下町歴史の散歩

今年の自分へのお年玉はニューバランスの靴2足だ。2足買うと20%割引に
なるというチラシ文句につられて、つい買ってしまった。

それから「スカイツリー下町歴史の散歩道」という本を買った。
これまでスカイツリーがらみのガイドブックといえば、(隅田川ウエストサイド)
「浅草」がメインのものばかりだったが、この本は(隅田川イーストサイド)
「墨田区、江東区」の歴史や人物にスポットを当てている。

S_2

載っている場所はどこも行ったことがあるが、これまでその歴史や係わりのある
人物には無関心で、北斎、芭蕉、吉良邸などの有名どころしか知らなかった。
でも、まあスカイツリーのおかげと言うか、たくさんのガイドブックや写真集を
チラッと立ち読みするうちに、「この地がいかに水の恵みにささえられた場所で
あるか」(本のあとがき)実感するようになった。

S_3
(家康が小名木さんに命じて造った最初の運河、小名木川)

S
(錦糸町駅近くの横十間川)

2~3日前の新聞に「スカイツリーが鳥のフンに悩まされている」という記事が
載っていた。スカイツリーは隅田川と荒川というふたつの大きな川の間にあり、
周囲にはこの2つを結ぶ「江戸時代の運河」も多いので、川でエサをさがす鳥達の
格好の休憩場所になっているようなのだ。

鳥と人間、何とか平和共存してほしいものだ。

Nec_0190s
(隅田公園の鳥。ゆりかもめ?)

隅田公園と墨田区役所の間の北十間川にかかる「枕橋」は、両側に源森川水門と
スカイツリーを目の当たりにできる撮影スポットだ。

S_4

S
(源森川水門の向こうは隅田川)

ともあれ、靴とこの本を活用してどんどん歩き回って、年末年始に増えてしまった
体重を減らさなければ。今月中にせめて1kgは減らしたい。

2013/01/05

東京国立博物館はやっぱりビッグ

S

「東京国立博物館」本館の正面の階段には、お正月らしく立派な生け花が置かれて
いた。

お正月の2週間限定で公開される「新春特別公開」、今年は3年ぶりに長谷川等伯
「松林図屏風」だった。この松林図屏風は、トーハクの新春特別公開作品のなか
では、いちばん公開回数が多いんじゃないかしら。

S_2

松林図屏風が展示されている「国宝室」はご覧の通りの混雑ぶり。

S_3

それ以外にもお正月らしく「国宝」や「重文」が数多く展示されていた。
(尾形光琳、風神雷神図屏風)(↑)

S_4

国宝の「古今和歌集」(元永本)下帖。(↑)これ「在原業平」だよね?
「世の中にさらぬ別れのなくもがな千世もとなげく人の子のため」と書かれて
いるのかな?

トーハクのもう一つの目玉は、新年早々リニューアルオープンした「東洋館」だ。
かつての東洋館は何だか薄暗くて、いつ行っても入館者の姿がほとんどなく、
パッとしないイメージだった。

でもさすが今日はお正月とリニューアルが重なって沢山の人が入っていた。
B1~5Fまでの展示会場をシースルーのエレベーターが行き来している。
展示方法などいろいろ工夫していて、見やすくなったし雰囲気も良くなった。

S_5

私の好きな酒器。これは朝鮮のもの。世界各地どこの博物館にも、古代の様々な
酒器がある。「こんな器で飲んでみたい」とつい思ってしまう。

S_6

イランの酒器リュトン。

S_7

さすが中国の青銅器は重量感がある。

S_8

S_9

展示会場の一角にこんなコーナーもあった。

S_10

もらったパンフにスカラベを刻印してみる。絵葉書買って、こんな縁起物の刻印を
押して送ったら、お正月らしいと喜ばれるかもね。

S_11

帰りには、せっかく上野公園に来たのだからと、「五條天神社」でお参りした。
今年初の少彦名命へのご挨拶だ。

2013/01/04

江戸東京博物館でお正月

お正月2日、3日は「江戸東京博物館」が入場料無料(常設展のみ)なので、3日に
行ってきた。東京国立博物館で「松林図屏風」も鑑賞したかったが、こちらは無料じゃ
ないので別の日に行くことにした。どちらもビッグな博物館なので、かけ持ちは難しい。

S

江戸東京博物館は、お正月らしい企画があって、見どころが多かった。
お客さんも大勢入っていてビックリ。

S_2
(歌舞伎、中村座のセット)

S_3
(からくり人形)

S_4

常設展示会場の企画展は「浮世絵の中の忠臣蔵」と「笑う門には福来る」

S_9

あれ、北尾政美(鍬形蕙斎)って「江戸一目図屏風」を描いた津山藩のお抱え絵師
だよね?こういう絵も描いていたのね。

S_6

いちばん多かったのは歌川国芳の作品だ。国芳の絵は鮮やかでドラマチック。
初詣に行った三囲神社で、お弟子さん達がたてた「国芳を顕彰する碑」を見て
きたばかりなので、何となく親しみを感じる。

S_7

「横浜美術館」で「はじまりは国芳」という展覧会をやっていて、見に行きたい
という気持もあるのだが、どうも横浜までとなると腰が重くなってしまう。
まあここでタップリ見ることが出来たからいいわ。

S_8

自由に乗ることが出来る「かご」が展示されていたが、それが「津山藩」のものだった。
最近、忠臣蔵展やスカイツリーの江戸一目図屏風など、「津山」という地名もよく見聞き
する。どんな藩だったのかしら。ちょっと関心がわいてきたわ。

タダで入ってばかりじゃ申し訳ないので、「江戸一目図屏風ミニ版」を買った。
屏風には2000人もの人物が書き込まれているという。どんな人物かまでは判別
できないが、豆粒のような人物はシッカリ見ることができる。裏はスカイツリー
周辺の東京の写真になっているので、顔をくっつけて「ここが我家あたりかな」と
探したりして楽しむことも出来る。これで980円は高くない。

2013/01/01

元日の富士山

初日の出の時刻にはぬくぬくと布団のなかにいて、今年もグータラな幕開けと
なった。お昼頃お雑煮でも作って一杯やろうかと思っていたら、テレビに富士山の
映像が映った。東京からの番組でLIVEという文字が浮かんでいる。
それを見てハッと「富士山を見に行かなくちゃ」と思い立った。

冬は富士山がよく見えるはずと、ここのところ「関東の富士見百景」をいくつか
訪ね歩いているが、いつもふられっ放しだった。「富士山が見えた日数」はそう
減ってはいないようだけど。

時刻は8時を回っていて決して早いとは言えないが、とりあえず「都庁展望台」に
行ってみることにした。

S
(ビルに映る鏡ツリー)

元日の東京は車も人も少なく、空気が澄んでいて、東京スカイツリーがクッキリと
見えた。これなら富士山も見えるだろう。

S_7

街は人影もまばらだが、錦糸町駅には行列の一団が出来ていた。
「ヨドバシカメラ」の社員が整理しているところ見ると、どうやら「福袋」狙いの
行列らしい。9時ごろから開店するのかしら?昔は元日はどこも閉まっていたもの
だけど、最近錦糸町界隈のショッピングモールは元日からセールを始めている。

S_3

でも西新宿の超高層ビル街は静かな休日の雰囲気だった。
都庁前の広場も人影はない。展望台に上がるエレベータの前にも、荷物チェックを
する係員の姿しかなかった。すぐあとで数人のグループがやってきたけれど。

この間は「北展望台」だったから今回は「南展望台」のほうに上がる。

S_6

「南」のほうはカフェが広く、「北」のほうはお土産屋が充実している。

S_5

窓際に行くと、白い雪を頂いた富士山の姿が目に飛び込んできた。

やっと富士山を拝むことができたわ。昔の勤務先ではいくらでも富士山が見えた
けれど、ここ数年はなかなか見ることができなくて寂しい気持だった。やっぱり
冬には富士山を見たい。

S_8

夢中で何回もシャッターを押す。展望室にはパラパラと入場者がいるが、8割がた
外国人観光客だ。

S_9
(左隅が東京スカイツリー、右隅が東京タワー)

S_10

展望台を降りて、前回と同じように新宿ワシントンホテルから新宿駅南口に続く
「ワンデーストリート」を歩いた。

富士山を見たら元気が出て、せっかくだから初詣に行こうという気になり、都営
新宿線から都営浅草線に乗り換えて「本所吾妻橋」で降りた。ここから隅田川
沿いの初詣スポットに向う。

S_11

激込みの浅草寺は避け墨田区の氏神様「牛嶋神社」に行ったら、こちらも行列が
出来ていた。行列は苦手なので(←これじゃご利益ないね)、近所にある「隅田川
七福神」のうちの何箇所かをお参りすることにした。

S_12

S_13

まず「三囲神社」。ここは三井グループの神様にしては空いていた。
「お金に縁がありますように」とお願いする。何たって「三井家」だものね。

S_14

三囲神社は「大國神、恵比寿神」を祭っている。

S_15

神社境内にある「歌川国芳顕彰の碑」にもご挨拶してきた。あのスカイツリー
らしき塔を描いて話題になった浮世絵師だ。この神社の目の前にスカイツリーが
そびえているのも何かの縁かな。

S_16

そこから雰囲気のある「見番通り」を少し歩くと「弘福寺」がある。七福神の
布袋様が祭られている。

S_17

ここは「咳止め」にご利益があるとのことなので、ぜひお参りしようと思って
いた。私は気管支が弱くて、冬の寒さで体調を崩すと咳が止まらなくなるのだ。

S_18

ついでに「咳止め飴」を買ってきた。大阪の「服部天神宮」で足の健康をお願い
してきたし、ここで咳止めもお願いしたし、これで心おきなく旅行できるかな。

初詣はここまでにして、それから東京スカイツリーに行った。

S_19

元日朝からオープンしているスカイツリーは相変わらずの混雑ぶり。浅草寺で
初詣してから足を運んだ人が多いんでしょうね。観光客にとっては、元日から
フルに観光できて便利かもしれない。

私の目当ては、長岡(新潟県)の醸造の町「摂田屋」地区にある「長谷川酒造」の
お酒だ。「鏝絵の蔵」が印象的だった摂田屋地区の、江戸時代から続く日本酒
メーカーだが、私はそれまで知らなかった。東京でもそこのお酒を見かけることは
なかった。何しろ新潟の酒は数え切れないほどあるのだから。

だから東京スカイツリーの2階にあるお酒の売り場で、このメーカーを目にした
時は、「おっ」という気になって、ぜひお正月に飲んでみようと思っていた。

Photo_3

ところがそのお酒は品切れだったのだ。年末には数本あったのになあ。残念。
まあ「あまり飲まないように」との神様のお達しなのかも知れない。

今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。

Photo_2

大晦日の夕方になってバタバタと年賀状を作りました。
いつもは海外旅行の写真を使うのですが、去年は大寒波の北京、ローマ旅行で
体調を崩し、そのダメージを引きずって良い思い出がないので、上の写真に
しました。業平橋で写した「東京スカイツリーとすべり台」です。

でも印刷したら青が強すぎて、手書き文字が見えません。
仕方ないので、手書き文字は入れずに印刷文字だけでポストに投函しました。
受け取った人は「ずい分手抜きの年賀状だな」と思うでしょうね。

だんだんボケ度が増しますが、ともあれ今年もよろしくお願いします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »