無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 関東の富士見百景 | トップページ | 悪天候の日は東京地下散歩 »

2012/12/24

第九と初スカイツリー展望台

23日の日曜日は、午後から妹と「すみだトリフォニーホール」に「第九」を
聴きに行った。二人とも去年のバルコニー席がすっかり気に入って、今年も、2つ
残っていたバルコニー席をとった。これからは毎年この席で「第九」を聴こうと
いうことになった。「どうせならもっと前のほうの席にして。チケットの販売が
始まったら、すぐ買ってよ」と妹は言うが、何せ売り出しが8月だからつい忘れて
しまうのだ。

指揮者の呂 紹嘉(リュウ・シャオチャ)は台湾出身で、私は知らなかったが、
ヨーロッパで活躍している人らしい。メリハリがあって、すごく盛り上がって、
良かった。合唱は無条件で人の心を高揚させてくれる。人間の声には不思議な力が
あるわ。

S
(ライトアップがクリスマスバージョン)

コンサートが終わったのが午後4時ごろ。夕食までまだ時間があるので、どこかに
行こうということになって、候補に上げたのが「東京スカイツリー」か「東京駅の
光の映像ショー」。けっきょく「スカイツリー」に行って展望台のチケットが
とれなかったら東京駅に行くということにした。

S_2
(見る場所によって、だいぶ輝き度合いが異なる)

Leds

このライトアップにはパナソニックの「LED」が貢献しているとか。
(参考 http://www.nikkei.com/article/DGXNASHD2801Y_Y2A220C1LDA000/)

錦糸町から地下鉄で押上に行き、エスカレーターで整理券を配布している4階の
広場に直行、何とか最終回のチケットを買えることになった。4時半に行って
チケットを買う時間帯が8時半~9時だから、それまで4時間は館内をうろついて
いなければならない。私達が整理券をもらった直後に「今日の整理券配布は終了
した」とアナウンスが流れていたから、ぎりぎりセーフだったわ。

妹は開業後初のスカイツリーなので、私があちこち案内して歩く。何かイベントが
あるということで「8Fのドームガーデン」に入れないのは残念だった。
スカイツリー撮影には絶好のスポットなんだけど。

S_14

4階の広場も撮影スポットだ。ここにはチケット売り場があるので、寒い屋外にも
かかわらず飲んだり食べたりする人でごった返していた。私は前から目をつけて
いた「ホットワイン」を飲んでみた。プラハで飲んだものより口当たりがよく、
少し甘めで飲みやすかった。(ドイツのグリューワインというものらしい)

S_3

8時15分くらいにチケット売り場に行ったら、もう長い列ができていた。
8時からの人は、15分くらいたつと並ぶ人もいないので、スイスイ買うことが
できる。少し遅めに行ったほうが良いかもしれない。

カウンターで整理券を渡し「展望デッキ」までのチケット(2,000円)を買い、
その上の展望回廊(450m)へは、展望デッキでチケット(1,000円)を買う。
私達はとりあえず展望回廊まで行って、下の展望デッキはそのあとユックリ歩いて
みることにした。

数機あるエレベータは内装がみな違う。

S_4
(展望デッキに上がるときのエレベータ)

S_5
(展望回廊へのエレベータ。こちらは目立つ内装はないが、上がガラス張りに
なっていて上がる様子が見える)

S_6
(展望デッキから下がるときのエレベータ)

S_7

展望回廊にはカフェ等はない。展望デッキより窓枠が多くて頑丈なので、ちょっと
見づらいけれど、安全のためには仕方ないね。

S_8
(手前に隅田川、遠くに東京タワーが見える)

S_9

いちばん明るく目立っていたのが、なんと錦糸町駅だった。浅草、アキバなどは
意外と夜が早い。そのてん錦糸町は、夜になって店開きするような盛り場だから、
9時ごろになっても煌々と灯りがともっている。もちろん新宿、渋谷、池袋なども
24時間眠らない街だけど、錦糸町はスカイツリーに近いので目立つのだ。

S_10
(荒川方面。ここはぜひ昼間見てみたい。それから富士山も)

でもオートにお任せのスマホカメラで撮っているから、なかなか満足のいく夜景は
写せない。「ここに来ることが分かっていたら、もっといいカメラを持ってきた
のに」と妹は残念そうだった。

S_11

展望デッキで私が楽しみにしていたのは「江戸一目図屏風」だ。
もちろんレプリカだけど、細かい部分も顔をくっつけて見ることが出来るので、
本物じゃなくてもいいわ。そういえば津山市は忠臣蔵展にも出ていたなあ。
ちなみに作者の鍬形蕙斎は、津山藩お抱え絵師だけど、江戸の生まれらしい。

S_12

S_13

展望デッキのもう一つのみどころ、下が透けて見えるガラス床。

展望デッキにはレストランもカフェもあるが、時間が遅かったので入ることは
出来なかった。ここには記念撮影サービスがあって(有料だろうけど、順番待ちの
人でいっぱいだった)シャッターを切るときにかける声が通天閣の「ビリケ~ン」の
かけ声とソックリだった。ぜったい、あのかけ声を参考にしているな。
他のところにも記念撮影サービスなんてあるのかしら?東京タワーには無かった
ような気がするけど。

思ったよりもずっと満足度が高いスカイツリー展望台だった。
今度は富士山を見に来たい。

« 関東の富士見百景 | トップページ | 悪天候の日は東京地下散歩 »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

コメント

素敵な妹さんとのお出かけになりましたね。
スカイツリー夜もこんなに人がいるとはびっくり。
でも夜景には夜景の良さがありますね。東京はやはり見ごたえがあるでしょう。
うちの妹はお出かけあまり好きじゃないので一緒に出ることはあまりありません。これで国際線のCAしてたなんで信じられません。
近くにいたらもっと行くかもしれませんが。

HANAさん、日曜日は3連休の真ん中だったので、とくに観光客が多かったようです。東京住まいの妹と私はだいぶ好みが違うんですが、無理にあわせず、お互いの意見が一致したときに出かけることにしています。

その妹が大混雑するスカイツリーのお客さんを見て、「こんなに人が多いのに、マスクをしている人が滅多にいない」と言うんです。私はそれまでマスクなんて気にもしなかったんですが、妹は電車に乗るとき必ずマスクをするんですって。他人にカゼをうつさないためじゃなく、他人からうつされないために。

そう言われてみれば、通勤電車のなかはマスク姿の人ばかりですわ。
東京スカイツリーは、そんな心配しない人たちが来ているのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東の富士見百景 | トップページ | 悪天候の日は東京地下散歩 »