無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« プリンタ壊れやむなく購入 | トップページ | 越後のアートめぐり(1)石川雲蝶 »

2012/10/02

復元東京駅と江戸東京博物館

10/1(月)は仕事を休んで、新潟の情報をゲットしようと、東京駅八重洲地下街に
ある「旅の図書館」に行った。
東京に来てはや数十年、たまに帰る故郷はまったく別の町になっていて、もはや
ふるさとは思い出のなかにしか残っていない。

日本はどこもかしこも変貌がはげしい。

S
(東京丸の内駅の前の中央郵便局も建てなおしの真っ最中)

そういえば「旅の図書館」が入っていた「鉄鋼ビル」も改築工事中だし、東京駅の
丸の内口では「創建当時の東京駅赤レンガ駅舎」が10/1にオープンしたばかり。

As
(エキナカの通路のレンガ)

As_2
(見物客でいっぱいの東京駅丸の内口のドーム)

As_3

ピカピカ光って安っぽい印象だった銅屋根も、すっかり落着いた色になっていた。
銅ってすぐ色あせるのね。たしかに10円玉もすぐ黒ずむわね。

東京駅丸の内駅舎を設計したのは「辰野金吾」という人。この人は日本各地に
多くの名建築を残している。先日行った大阪・中之島の「大阪市立中央公会堂」も
そうだ。レンガ造りの華やかさに惹かれて思わずカメラを向けたが、その時は
どういう建築か分からなかった。

S_2
(大阪市立中央公会堂)

ところで10/1は都民の日ということで、都立の施設は入場料タダの所が多かった。
でもミュージアムは江戸東京博物館と都立現代美術館だけで、ちょっとさびしい。
用事で時間がなくなって、けっきょく江戸東京博物館に行くのがやっとだったけど。

As_4

午後4時ごろ博物館に着くと、広い駐車場は大型観光バスがギッシリ並んでいた。

休日によくに立ち寄るが、大型バスで駐車場が超満員の光景は初めて見た。
入場料が無料だからかしら?そのぶんツアー料金も安くなるものね。

As_5

オープンしたばかりの頃はあまり好きじゃなかった「江戸東京博物館」だが、
最近はなかなか面白い博物館だと思う。

As_6

紀州藩の江戸詰武士(28歳)の「一ヶ月の行動と一年間の支出」を眺めながら、
「どんな気持で毎日お勤めしていたのかな~」などと想像した。今とそんなに
変わらない日常だったのかな。でも現代の28歳よりはずっと大人だっただろうな。

As_7

「本所」(現在の墨田区)誕生のキッカケになった明暦の大火を、当時江戸に
滞在していたオランダ使節団員が絵に描いていた。まさに焼け野原という感じ。

As_8

この寛永期の地図を見ると、武家屋敷で江戸が過密状態だったことがわかる。
徳川幕府はこの明暦の大火によって、本所に武家屋敷のための土地をつくりだし、
江戸改造を成し遂げることができた。まさか明暦の大火が幕府の仕業なんてこと
ないでしょうねぇ。

As_9

この「江戸めぐり」も面白かった。

青い線は江戸在住の人(清水家御広敷番の村尾正靖(62歳)、赤い線は江戸に
やってきた人の「江戸観光」の足取りをたどったもの。
説明プレートの右下に、民俗学者柳田国男のこんな(↓)内容の文が載っている。
(柳田国男の「百年前の散歩紀行」という本らしい)

「村尾正靖は旅行好きだったが、勤めが忙しく長旅ができないので、いつも休みの
日には日帰り旅行していた。旅行などと大げさなものじゃかく、草履履きの遠足の
ようなものだ」

「あら~、今の私じゃないの」と、思わず笑ってしまった。村尾さんに比べ勤めは
大したことないけど、草履履きの遠足ってのはピッタリだわ。

« プリンタ壊れやむなく購入 | トップページ | 越後のアートめぐり(1)石川雲蝶 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

草履履きの遠足に私も共感です。
不在時の猫の世話をしてもらう段取りがつけ難くなったので、海外の長期滞在は難しくなりました。
近場の日帰りなら体調も見て天気も考慮に入れて、自分の都合で行きたいときに行けます。
しかし近場といえども交通費は馬鹿になりませんよね~

炭酸水の件ですが、硬度はカルシウムとマグネシウムの含有量で決まるようで、日本の水はほとんどが100以下の軟水です。
私の胃腸は硬度が高くなるとちょっとこたえる感じがします。
できるかぎり硬度200以下の天然鉱泉水をセレクトしていますので、ゲロルシュタイナーは飲んだことないのです。
口コミみてるとファンは多いようですが、硬度1310にビビッてます。

うららさん、ゲロルシュタイナー500mlを1本飲みましたが、美味しかったし、飲みやすかったです。いつもコンビニで買う炭酸水より飲むスピードが速かったですから。

相当な硬水のようですが、1~2本飲んだくらいでは体への影響はわかりませんね。しばらく飲んでみようと思います。血糖値を下げる効果もあるようですし‥‥。
売られていたデパ地下の売り場には、目立つ場所にたくさん並んでいました。人気あるのかしら?

私も、海外旅行は長期どころか短期も不安です。今年の冬の北京~ローマの寒波のダメージを、帰国後もずっと引きずりましたからね。こんなこと、今まで無かったです。東京の妹が「来年6月ごろ、アルプスの少女ハイジの村に行きたい」と言うんですが、どうなりますか。
草履履きの遠足に励んで、体力をつけておかないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンタ壊れやむなく購入 | トップページ | 越後のアートめぐり(1)石川雲蝶 »