無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 関西旅行3日目(3) | トップページ | 牛嶋神社大祭と三囲神社 »

2012/09/16

関西旅行4日目(1)

4日目は東京に帰る日だが、フライトが夜7時なので丸1日を観光に当てることが
できる。復路のフライトは夕方遅い時間帯がベストだわね。

いつもよりちょっと早めにホテルをチェックアウトし、伊丹空港に行ってコイン
ロッカーに荷物を置いた。それから喫茶店でモーニングサービスを食べ、向った
のは「服部天神宮」だ。伊丹空港からモノレールで一つ目の「蛍池」で阪急線に
乗換え、四つ目の「服部駅」で降りる。

S_9

この神社がMy神様「少彦名命」と「菅原道真」を祀っていることと、伊丹空港から
近いうえに、この日(8月25日)がちょうど夏天神祭ということもあって、
最終日には必ず「服部天神宮」に行こうと決めていた。

S

服部駅のホームにはご神木が立っている。

そばに阪急がかかげた「由緒記」があった。もともとはこの駅の敷地が神宮の
境内だった。その境内にあった楠をご神木として残して服部駅が造られた。
毎年8月24日(夏天神祭宵宮)には駅構内で安全祈願祭が行われているという。

S_2

駅構内から服部天神宮境内って雰囲気。

S_3

駅前の商店街に入るとすぐに「服部天神宮」があった。そこから鳥居をくぐると
本殿脇に出た。神事が執り行われている真っ最中に、ノコノコ現れてしまったわ。

S_5

ここは足の神様として知られていて、健脚を祈る全国からの参拝客が絶えないと
いう。「旅行安全守」という私にピッタリのお守りを買い、富くじを貰ったので
引いてみたら「足のスプレー」が当たった。

S_6

こちらの鳥居が表口のようだ。地元住民で境内はいっぱい。

S_7

宮司の挨拶や巫女さんの舞いを見ながら、個人の祈願が始まるのをじっと待って
いる人々のなかにはお年寄りも多かった。この猛暑のなかで長時間じっとして
いて体調を崩しやしないかと、私は本気で心配した。神社の沽券にもかかわる
じゃないの。

神事が終わると一人ずつ参拝したり足の祈祷をしてもらったりする。沢山の人が
順番待ちしていたので、私は本殿の参拝を諦め境内末社でお参りした。
交通の便がいいから、また来るわ。

S_8
(空港が近いので、上空を飛行機が飛んでいく)

ところで東京に戻って友人に服部天神宮に行ったと話したら、「身内がすぐ
近くに住んでいる」と言うではないか。何度も行ったことがあって、大阪でも
有名な神社なのだとか。

それを聞いて私はビックリ、あらためて世間は狭いと思った。
「服部天神宮」という神社名を聞いたことなかったので、知っている人が身近に
いるなんて、思ってもみなかったのだ。

神妙に神事が執り行われているなかで、ウロウロしていた私はぜったい浮いて
いたわ。どこで誰に会うか分からないから、「旅の恥はかき捨て」なんてこと
しないように気をつけないと‥‥。

お守りと足のスプレーをディパックに入れ、ふたたび阪急電車に乗って梅田に
行き、ちょうどお昼だったのでホワイティ梅田で串揚げを食べた。「二度つけ
禁止」というタイプじゃなく、小皿のタレがついてくる普通の定食だったけど。
衣が軽くて美味しい串揚げだった。

« 関西旅行3日目(3) | トップページ | 牛嶋神社大祭と三囲神社 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながら、服部天神宮、全然知りませんでした。阪急服部駅も下りたことがないのです。高校の時の校区に入ってましたが。

服部と言えば服部緑地しか思い浮かばない(*^_^*)
小学生の頃遠足で行ったきりです。

しかし、旅人にとってはお参りしなくてはならないようなところですね。
今度行って見ようかしら。

HANAさん、服部天神宮は地元に溶け込んでいて、庶民の神社という雰囲気でした。私は少彦名命つながりでこの神社を見つけたんですが、行ってみたら「足の神様」というじゃないですか!「旅行のお守り」まであって、「良い神社を見つけた」と嬉しくなりましたよ。

大阪といっても広いですから、知らない場所は沢山あるでしょう。東京に生まれ育っても地元しか知らないという人、いくらでもいますからね。

海外旅行も良いんですが、日本国内にも面白い場所が沢山ありますね。小さな旅でいいから、ちょこちょこ行ってみたいです。

私も服部緑地しか知らなくて、服部駅で降りたことなかったです。
駅自体が服部天神宮の境内中でご神木と言うのもすごい。
京阪電車の駅にも、萱島や樟葉は駅に大木が立ってますけどね。

大木つながりで、東大阪に少彦名を祀った御厨神社がありそこの楠はみごとらしいです。
これも他府県の人に教えてもらったのですが、まだ行くチャンスないのです。
守口の隣の門真市にある三島神社の大楠も、意外と知られてないんですよ。
中途半端に近い距離の人間が一番知らない、気づかないこと多いのかも。

うららさん、友人は「服部天神宮は大阪で有名」と言っていましたが、広い大阪ですから知らない人も多いんでしょう。たぶん足の悩みを抱えたお年寄りには、名の知られた神社なんだと思います。

駅そのものは神社の境内ではないんですが(たぶん)、ご神木がホームに堂々と立っているのには驚きました。とても心に残る風景です。

東大阪の「御厨神社」、この次にはぜひとも参拝に訪れたいと思います。情報有難うございました。
近くに住んでいると、かえって行くのが後回しになりがちです。遠くから来た人は、この機会を逃せないと思うので、ちょっと大変でも足を運びますけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西旅行3日目(3) | トップページ | 牛嶋神社大祭と三囲神社 »