無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 牛嶋神社大祭と三囲神社 | トップページ | 東京の少彦名命と東京駅CGショー »

2012/09/21

関西旅行4日目(2)

ホワイティ梅田でお昼を食べても時間はたっぷりあったので、フリーチケットの
メリットをフル活用して神戸の「小磯記念美術館」に行くことにした。
大阪を基点に京都、奈良、そして今度は神戸だから、間違いなく元は取ったわ。

梅田から阪急で「魚崎」に行き、六甲ライナーに乗換えて「アイランド北口駅」で
降りると美術館はすぐだ。

S

小磯良平の描く女性は、昔の映画に出てくる原節子のような雰囲気があって、
絵を眺めているとその場の空気が漂ってくるような気がする。小磯の憧れが入った
女性像なのだろう。でも現代では「絶滅危惧種」って言われそうだわ。

美術館は、小磯良平にふさわしく清潔感のある近代的な建物で、たまには上品な
雰囲気にひたるのも悪くないと思う私だった。

美術鑑賞を終えて一歩外に出ると、肌を刺すような灼熱の陽光に襲われ、近所を
散策する余裕などなく一目散に六甲ライナーの駅に向った。
神戸にはまだまだ行きたい所があるが、これまでの疲労が蓄積しているので、
今回はここだけにしよう。

梅田に戻ってコーヒーブレークしてから、大阪のマップを見るたびに気になって
いた場所に向った。梅田の一角にある「お初天神」だ。大阪に来るまで全く知らな
かったが、マップを開いて目的地を探すたびに「お初天神」という文字が目に
入ってくる。何だか物語がありそうな神社名だな~。

おまけに、この神社には「少彦名神」が祀られているのだ。大阪の書店で立ち読み
していてそれを知ったときは、「ラッキー!」と嬉しかった。
もし調べる気持にならなかったら、お初天神を気にかけながら、けっきょく行き
そびれてしまったかも知れない。

ところで少彦名命は、ともに国造りをした大国主命といっしょに祀られている
ことが多いが、菅原道真と合祀されている神社もまた多い。

菅原道真公が大宰府に行く途中に脚気に悩まされ歩けなくなった。
そこで、村人が勧める医薬の祖神「少彦名神」に平癒を祈願したところ、足の
痛みがなくなり、大宰府に赴くことが出来た。
それが縁で「服部天神宮」に道真公も祀られるようになった
。」

そんないきさつがあるからでしょうね。

S_2

梅田地下街からひょいと地上に出ると、賑やかな「お初天神通り商店街」の中に
「お初天神」があった。駅前商店街にある「服部天神宮」もそうだったが、庶民の
日常生活に溶け込んだ大阪の神社は、気軽にちょっと立ち寄ることのできる親しみ
やすい場だった。

Nec_0208s
(いいね。この参道‥‥^_^)

S_3

お初天神の御祭神として「少彦名神」とともに「大國主大神」と「菅原道真公」も
名を連ねている。お初天神の正式名称を露 天神社(つゆのてんじんしゃ)は、
菅原道真が詠んだ歌にちなんでいるとか。

Nec_0212s

この関西旅行で、だいぶ神様関係の知識が増えたわ。

S_4

このお初天神には「撫で牛」も鎮座していた。「撫で牛」といえば、私がすぐ
思い浮かべるのは東京墨田区の「牛嶋神社」だが、検索してみると「牛は天神
さまのお使い」とされていて、全国の多くの神社に臥牛が祀られているらしい。
我が氏神さまである「亀戸天神」にも臥牛が祀られているのだった。
これまでは見ても気にとめずにいたのね。今度お参りに行ったら、牛の頭をなでて
こなくちゃ。

S_5

夕方伊丹空港に行くと、展望デッキには場所取りのシートが並び、ゆかた姿の
若い男女の姿もあった。「今日は混雑するので展望デッキの入場を制限することも
あります」というアナウンスが流れていた。「あらら、何があるのかしら?」
コンサートだったら空港内にポスターが貼っているはずだが、それらしい案内は
見かけない。空港で花火大会なんてしないだろうし‥‥。

きっと今夜何処かで花火大会が開催され、空港の展望デッキから良く見えるんじゃ
ないかしら。これが私に出した結論だけど、本当のことは分からない。

飛行機から眺める大阪の夜景は美しかった。スマホの電源を切ったので、写真が
撮れなかったのが口惜しい。
大都会のど真ん中にある空港ならではの素敵なプレゼントだったわ。

羽田空港は海の上なので、都会の上空スレスレの光景は見られない。
まあそのうちに、スカイツリーの展望台から東京の夜景を眺めようとは思って
いるけれど。

« 牛嶋神社大祭と三囲神社 | トップページ | 東京の少彦名命と東京駅CGショー »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

小磯記念美術館にとんぼ返りでよくおいでくださいました。小さなわが町の美術館ですが、なかなか良いと私は気に入っています。
次回神戸にお出での折には夜景の美しい展望台などご案内いたしますのでぜひオフしましょう。

お初天神は良く近くを通ります(*^^)v
実はこのあたりで良く高校のクラス会をするからなんですが、そのクラス会がいつも1月2日なんです。いつも終わった後みんなで初詣だ!って酔っ払って立ち寄ったりして、罰が当たりそうですね。
考えてみれば昼間に行ったことなかったなぁ~。

ところで、伊丹空港には毎月のように行くのに一度も展望デッキには行ったことありませんでした。
飛行機をみるには近くの公園が撮影スポットになっているそうです。

大阪の夜のフライトはお天気が良いとライトアップされた大阪城が見えたりして私もよく窓際に座ると見ています。昼間だと飛んですぐに近くの公園の池に日本列島の形が見えるのでもし今度来られることがあれば見てください。東京から来る時は奈良方面からのアプローチで仁徳天皇陵や古墳群が良く見えます。
ぜひまたマイルをためて来てくださいね~。

HANAさん、おはようございます。
六甲アイランドはHANAさんの街だったんですね。スペースリッチで閑静なところという印象でしたが、何せあの猛暑でしょ、もう日差しを避けて駅に行くのが精一杯でした。

あの辺りなら夜景も素晴らしいでしょうね。オフで最後にお会いして、もうン十年経っているんじゃないですか?お互いに顔が分からなかったりして‥‥(^^;)ボケて分からなくなる前に、展望台オフをお願いしたいものですわ。

関西へはいつも新幹線なので、今回の伊丹空港行きは上空からの景色が楽しみでした。行くとき、仁徳天皇稜が見えるかと目を凝らしていたんですが、気が付かなかったんです。進行方向左側の席だったからかしら?とっても残念。

でも夜景は最高でした。とくに航空機からの夜景は迫力ありますね。高い料金払って遊覧飛行する必要ないわ。すごく得した気分です。
大阪へ飛行機で行くのなら、ぜったい伊丹と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牛嶋神社大祭と三囲神社 | トップページ | 東京の少彦名命と東京駅CGショー »