無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 東京スカイツリーのイルミネーション | トップページ | 久々に都バス1日券の旅 »

2012/09/07

関西旅行3日目(1)

3日目は朝いちばんで、「大神神社」(おおみわじんじゃ)に向った。
この神社には必ず行こうと思っていたので、気合をこめて近鉄大阪線に乗った。
目指すのは桜井駅、京都から来ると橿原神宮前駅の手前の「大和八木」で乗り
換えなければならないが、大阪からだと直行でいける。

S

東京日本橋の「奈良まほろば館」で貰った「さくらい」と「大和を歩こう」という
2つの冊子は、きれいな写真や簡潔な説明文が入っていて、本当に重宝した。

「さくらい」には周辺のおすすめハイキングコースがいくつか載っていて、最初の
「山の辺の道エリア」を開くとまず大神神社の写真や説明文がある。コースに
点在する神社や遺跡のうち、「古事記」「日本書紀」に関連するところは色文字で
記されていて分かりやすい。マップには歩く順序と所要時間も載っているが、
「古代大和発祥の地」は広大すぎて猛暑のなかを歩き通すのは不可能だ。

S_2

大神神社に行くため、桜井駅の次の「三輪駅」までJRに乗った。
するっと関西はJRを利用できないが、そのかわりSuicaが使えた。JRまほろば
(桜井)線はほとんどが無人駅で、駅には電子読み取り機と自動券売機が設置されて
いた。

S_3

「三輪駅」で降りると、駅前には案内板があった。

S_4

ひなびた商店街が続いていて、そこからもう参道という感じだ。いいね、この
雰囲気。

S_10

でも5分くらい歩いて「大神神社」の大きな鳥居まで来ると、ひなびた雰囲気は
一変、深い森に包まれ威厳に満ちた神社の境内が広がっていて、隅から隅まで
歩き回るのは難しそうだった。ここは一度では無理だな~、また来ないと。

「大神神社」は日本最古の神社と言われる。

以下は大神神社のホームページの要約。

祭神 大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
配祀 大己貴神(おおなむちのかみ)(大国主神の別名)
   少彦名神(すくなひこなのかみ)

我が国最古の歴史書、『古事記』の上巻によれば、大国主神が、自分と協力して、
ともに国造りに励んできた少彦名神がなくなられ、 独りしてどうしてこの国を
造ればよいか思い悩んでいた時、「海を光(てら)して依り来る神」が あった。
その神が、「我がみ前をよく治めれば協力しよう」と申し出た。これに対し、
大国主神は、 「お祭り申し上げる方法はどうしたら良いのでしょうか」と問うた
ところ、その神は、 「自分を倭(やまと)の青垣、東の山の上に斎きまつれ」と
希望した。
つまりこの山が三輪山で、お祭りしたところが大神神社、神様が大物主大神という
ことになる。

S_5

大鳥居から鬱蒼とした森のなかの参道を拝殿まで歩いていると、ひんやりと冷たい
空気が体を包んだ。今回の旅行中いろいろ訪ね歩いたが、辺り一帯がひんやりして
いたのはここだけだった。午前中ではあったが、参拝客の姿はこれまでお参りした
神社のなかでは一番多かった。

S_8

鳥居から拝殿まで5分ほど歩き、神社のご神体である三輪山にお参りしてから、
お目当てのMy神様「少彦名神」を祀っている摂社「磐座神社」へ向う。

摂社とは、本社に付属し、その祭神と縁故の深い神をまつった神社。本社と
末社との間に位する。本社の境内にあるものを境内摂社、境外にあるものを
境外摂社という
。)

S_6

「くすり道」と名づけられた小道を上がっていくと、社殿がなく岩が祀られて
いるだけの素朴な磐座神社(いわくらじんじゃ)があった。

S_7

磐座神社からもっと上に行くと、まだいくつもの神社があるのだが、かなり疲れて
しまったので、今回はここまでにした。さすが三輪山がご神体だけのことはある。
スケールがまるで違う。

戻るとき「くすり道」でなくちょっと広めのもうひとつの道を行くと、途中に「三輪の
神様にお供えする酒を造った神様の神社~活日神社」(いくひじんじゃ)に続く
石段があった。杜氏の祖先神として酒造関係者からの信仰が厚いと書いてあった
ので、お参りしていこうと重い足をひきずって上った。

これがお酒でなければ、わざわざ階段を上がってお参りなどしないんだけどね。

S_9
(大神神社の参道入口にある酒樽)

« 東京スカイツリーのイルミネーション | トップページ | 久々に都バス1日券の旅 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

大神神社には年に2回ぐらいお参り行きますが、いまだかつて電車で行ったことないのです。
とても新鮮に旅行記読ませていただきました。

人は自分の知ったところ以外では、よっぽどでなければ反応しません。
いつも同じ道を通い、同じところへ参拝する
よく知っているつもりのところを、
違う視点からフォーカスされたものを客観的にみるというのもいいものですね。

ろうまさん、お久しぶりです。
ろうまさんと私、大阪にリレーするように滞在していましたよ(^_^;)、私は26日夜になんばに入って29日まで関西に滞在していました。熱い毎日でしたよねえ…。

うららさん、大神神社の境内は広大なので、ぜんぶお参りするには体力気力がいりますわ。でも頑張る価値がありますね>大神神社

あんな猛暑でなかったら、もっと上にある薬井戸にも行きたかったんです。でも熱中症で倒れたりしたら、神社に大迷惑かけてしまうと思って、自重しました。

三輪駅前の商店街はなかなか良い雰囲気でしたよ。
お昼時だったら、食堂でご飯でも食べたかったんですけど。
秋になって涼しくなったら、エソラちゃん連れて大和路ハイキングなんて如何ですか?

あれ~、ふみさんも関西でしたか。大阪はどちらへ?
お話をぜひ聞きたいですねえ。

私が泊まったホテルはお得でしたよ。それだけで大阪が気に入ってしまいました。「食」のほうは、現在炭水化物を制限中ということもあって控えめでしたが、ホワイティ梅田で「串揚げ」食べてきました。「二度づけ厳禁」じゃなくソースがついてくる定食にしましたけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京スカイツリーのイルミネーション | トップページ | 久々に都バス1日券の旅 »