無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 錦糸町河内音頭盆踊り | トップページ | 関西旅行2日目(2) »

2012/09/01

関西旅行2日目(1)

2日目はアサイチで京都「大谷祖廟」にお参りに行った。関西にきたらお参り
しておかないとね。

S

ここ東大谷廟と郷里のお墓に両親のお骨を分骨してあるが、郷里の方にはなかなか
足が向かない。お盆はいつも妹にお布施を持って行ってもらう。
私が死んだら郷里のお墓を引き払って、ぜんぶ京都のほうに納めてもらうつもり。

ともあれ、お参りをすませてしまえば、あとは足の向くまま気の向くままに動く
ことができる。

この日から3日間は関西私鉄乗り放題チケット「スルット関西3day」を利用
するので、京都だって奈良だって料金ちょっと高めの大阪地下鉄だって、気軽に
ひょいっと乗り込める。

ホテル近くの阪急南方駅には京都行きの電車がとまるが、急行で行きたかったので
始発の梅田で乗り終点の河原町で降りた。

S_2

内陸にある京都は朝から蒸し暑い。時間的に早かったので、商店街のシャッターは
まだおりている。

お参りのあと三条通り(?)をぶらぶら歩いて三条駅から地下鉄に乗った。
京都ではお参り以外の予定がなかったが、大阪道修町の「少彦名神社」が京都の
五條天神社から分霊をお迎えしてお祀りしたものだと知り、せっかく京都に来た
のだからご本家様にご挨拶したくなった。

でも五條天神社がどこにあるか知らないので、とりあえず京都駅まで行って観光
案内所で聞いてみることにした。

ところが三条駅で乗り込んだ地下鉄が「大和西大寺」行きの急行だったため、
けっきょく京都で途中下車せず、そのまま大和西大寺まで行ってしまった。

今日の目的地が「古事記」ゆかりの「橿原神宮」「大神神社」「石上神社」等々
なので、どのように巡るかはまだ決めていないが、どこに行くにしても大和方向に
行かなくちゃならない。五條天神社は明日にでも来ることにしよう。

S_3

「大和西大寺」はさすが観光のキーステーションらしく、エキナカが充実して
いる。休憩にも買物にも便利で、ちょっとしたスーパーマーケットのよう。
フリーチケットでなかったらエキナカでお昼を食べるところだが、改札を自由に
出入りできるメリットをいかして、ちょっと駅の外に出てみた。

駅の案内図を見ると、ここから歩いてすぐのところに「平城宮跡」があるようだ。
せっかくだから行ってみようと思ったが、その前にエネルギーを補給しなくては。

駅前に大きなデパートが入った「ならファミリー」があったので、ここのレスト
ランで「期間限定、2500円のうな重が2100円」のチラシにひかれ、炭水化物制限
なんぞスッカリ忘れて、今年初めての鰻を食べた。

うなぎ高騰の折柄この値段は安い。お味はまあ普通。関西のうな重は鰻が二重に
入っていると聞いたことがあるが、ここのうな重は一重だった。あとでお店の
看板を見たら、「東京風鰻料理の店」となっていた。

お腹もいっぱいになったから、頑張って「平城宮跡」まで行くぞ~と歩き始めた
のだが、あたりには木立など日陰になるものがなく、とにかく暑い、暑い。

S_4

途中の交差点の真ん中に、お地蔵さんのお堂がたっていた。
お地蔵さんだから、ドライバーもぶつけたら大変と慎重に運転するでしょうね。

S_5

この暑さだから「平城宮跡」には人影がほとんどなかった。何かイベントがある
らしく、テントが張られて数人のスタッフが動いていたけれど。イベントはきっと
夜行われるのだろう。

S_6

この「平城宮跡」見学で、鰻からもらったエネルギーを使い果たし、汗ビッショリ
になって「ならファミリー」まで戻り、ここで長々と休憩した。
おかげで大神神社方面に行くのが難しくなった。まあ無理はしないわ。今日は
「橿原神宮」だけにして、「大神神社」は明日の朝一番でまた来ることにしよう。

S_7
(橿原神宮。やはり大和地方の神社は広大だ。まわりも深い森林)

松江の「神魂神社」でも烏の鳴き声がにぎやかだったが、ここでも烏が森林の
なかを飛び回っていた。でもこの辺りの烏は「八咫烏」(やたがらす)かも知れ
ない、東京でゴミ袋をつついている烏とは訳が違う‥、そう思うと烏の鳴き声も
神秘的に聴こえるから人間って勝手なもんだ(^o^;)

橿原神宮からは近鉄阿部野橋まで乗換えなしだ。
電車は格好のお休み処で、ウトウトしながら外の景色を眺めていると、暑さと
疲れに痛めつけられた心身が癒される気がする。

阿部野橋について、ふと「あべのハルカス」という固有名詞が頭に浮かんだ。
大阪に詳しくない私は、これ以外に思い浮かばなかったんだけど‥‥。
「ハルカス」というネーミングは、何だか将来を見渡すみたいな感じがして、
洒落ているわ。

S_8
(近鉄駅構内にそびえている「あべのハルカス」)

« 錦糸町河内音頭盆踊り | トップページ | 関西旅行2日目(2) »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。ご無沙汰しております。

 八咫烏(やたがらす)ではないでしょうね(笑)。
 そうだったらちょっと捕まえてご利益がほしいです( ̄▽ ̄)。

 ではでは(^^)/~~~。

地下鉄は烏丸御池から近鉄奈良行きに乗車されたのじゃないかな。記憶違いかも。それにしても暑い日に大変でしたねぇ。平城宮跡では、夜は天平祭があって、ライトアップや夜市をやっていたようですよ。

おりんぴあさん、八咫烏を捕まえるなんて、滅相もない。
自由に羽ばたいて、正しい道を示してほしいですわ。

カラスはとても頭がいいので、古代の人もおろそかに扱えなかったんでしょうね。

とんびさん、そうです、そうです。三条から乗って、京都駅に行くために烏丸で乗り換えたんでした。そうしたら、ちょうど大和西大寺行きが来たんです。

平城宮跡は、平城遷都1300年を記念して造られたんですよね?
実際の建築物があると、イメージが明確になります。あの広いスペースはイベントにも利用できますし。

近鉄電車の中で、何度もイベントの宣伝が流れていましたが、よく聞き取れなかったんです。夜市とはまた楽しそうですね。

おととしだったかなあ、私も夏に行きました。ひどい暑さの中、夕方いって、夜の大イベントの前に引き上げてきましたが、駅を使わずバスで奈良の町までの行き来でした。大和西大寺の駅近くに住んでいる大学時代の友人がいますよ。そんな便利な駅なのかー。

ふみさん、大和西大寺駅は大阪、京都、奈良、橿原神宮、どこへも直行の電車があるんです。つまりこの駅で乗り換える人が多いってことですね。

だからエキナカを充実させれば「客さんにも鉄道会社にもメリット大」と考えるのは自然の成り行きですわ。最近は電鉄会社もアイディア勝負ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 錦糸町河内音頭盆踊り | トップページ | 関西旅行2日目(2) »