無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 今日夜帰ります | トップページ | 錦糸町河内音頭盆踊り »

2012/08/28

関西旅行1日目

ANAマイルがまだ少し残っていたので、夏休みをとって、急遽大阪伊丹空港に
飛んだ。伊丹空港は初めて。(関空も地上から行っただけだけど)
私の住まいは東京駅に近いので、関西に行くとなるとどうしても新幹線になって
しまう。

でも飛行機で行っても大阪は近いと実感した。帰るとき、伊丹空港発午後7時の
便に乗ったのだが、家に着いたのが何と午後9時半前だったのだから。羽田から
蒲田とばしの電車(つまり品川までノンストップ)に乗れたせいもあるけれど、
それにしても早いわ。

伊丹空港は大阪のど真ん中に降りていくって感じ。上空から見ていて、久々に
ワクワクした。昔の香港の空港は「こんなビルすれすれに飛んで大丈夫か!」と
スリルを味わったものだけど、最近はどこの空港も敷地たっぷりの場所ばかりで、
安全だけど面白みがなくなった。伊丹もそのうちに無くなってしまうのかな。

S_2

S_3

ホテルは楽天で見つけた「ホテルコンソルト」。このホテルは最高にコスト
パフォーマンスが良くて、本当に儲けものだった。1泊3,600円(朝食無し)と
カプセルホテル並みの料金でこの設備は文句なし。

S

3泊するので「使い捨てスリッパ&化粧品などが入った女性用パック」を3つも
貰った。場所も地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅のすぐ脇という立地の良さ。
隣が新大阪二つ先が梅田だもの、どこに行くにも便利。

伊丹空港に朝9時に着き、途中「千里中央」でモーニングサービスを食べてから
ホテルに向った。チェックインには早すぎたので、荷物を預かってもらって、
向ったのはMy神様のおわします北浜の「少彦名神社」だ。

S_4

だいぶ以前のことになるが、「うららさんのブログ」でこの神社を知った。
でもその時は神社よりも付属の「くすりの道修町(どしょうまち)資料館」
気になった。その頃ちょっと漢方薬を学習したりしていたので、長い歴史があって
今も多くの製薬会社がある薬の町と聞いて、ぜひ訪れたいと思った。

それが今年「古事記編さん1300年」で神社にも関心が向き、少彦名命が医薬の神様
だけでなく酒の神様でもあると知って、俄然親しみがわいてきたのだ。

猛暑のなか、まずは涼しい「資料館」を見学する。スイッチを押すとビデオで
分かりやすく説明してくれる。くすりのことから神様のことまで、たくさんの
資料があった。一度には理解できないので、それらをみんな貰ってきた。
神社でお参りし、お礼のつもりで「張子の虎」のお守りを買った。

北浜からは中之島がすぐ近くなので、そこから歩いて「東洋陶磁美術館」に行った。
日差しがひりひりするほど強く、数分歩いただけで息苦しくなる。
ともあれドリンク飲んで一息つきたいと思ったら、カフェは今休業中で自販機も
ないと言う。

こんな状態では美術品鑑賞など出来ないので、向かいにある「中央公会堂」に
とび込んだ。でも地下のレストランは順番待ちの人で混雑していたので、今度は
「大阪市役所」に行き、ここでやっとドリンクにありつくことができた。
ついでに地下の食堂で定食まで食べてしまった。もうお昼をまわっていたし‥‥。

S_5
(中央公会堂)

でもこういう計画性のない飲み食いをするから、太ってしまうのよね。

ともあれこれでひと息つき、エネルギー補給もしたので、市役所前にある「中之島
図書館」を見学してから「陶磁器美術館」に行った。美術館では朝鮮時代の青磁を
たっぷり鑑賞した。青磁の清楚な色合いが涼しげで、いっとき暑さを忘れることが
できた。

ドリンク求めてだったけど、結果的に中之島のレトロモダンな建築を見て廻る
ことが出来た。図書館のドーム屋根のステンドグラス、公会堂の大理石の階段、
それから北浜にも味わいのある建築がいくつもあった。

S_6
(道修町の旧小西邸)

でもどんなに味わいのある街並みでもこの暑さでは散策なんかムリ、地下にもぐり
たいと思っていたら、北浜から淀屋橋までつづく私好みの地下通路があるでは
ないか。

S_7

けっきょく大阪でも、いつもの地下通路ウォーキングをして御堂筋線に乗り、
とりあえずホテルに戻ってチェックインした。

ホテルで仮眠してから、夕方また出かけた。夏の街歩きは夜に限る。

S

かねてから念願の「天神橋筋商店街」を6丁目から1丁目まで歩いた。
おばちゃん向けの衣料品店と居心地良さそうな喫茶店が多かった。近くに
住んでいたら、きっと毎日うろついているだろうな~。

夜の散歩は天神橋筋で終わらず、そこからテクテク梅田まで歩き、初日から
ちょっと歩きすぎたと反省する私だった。

S_2
(梅田に行く途中で見かけた。カロリー高そう‥‥^^;)

« 今日夜帰ります | トップページ | 錦糸町河内音頭盆踊り »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

数年前に少彦名神社お参りしたときは、資料館は閉まってました。
またそのうち行こうと思ってるうちに月日は流れ…
遠隔地にお住まいのTMさんに先越されてしまいましたね。
張子の虎はうちの店の近くで作られてます。
これも賜ったことないのです。
それにしてもホテル1泊3600円は格安ですね。
また来阪してもらえそうですね。

伊丹空港がはじめてとはちょっと驚きでした。東京大阪は新幹線を利用していたら、伊丹に行く必要はないので、納得です。

自分の場合は、東京に用事というのはめったにありませんが、東京に行くときは新幹線です。でも、それよりずっと多い回数、伊丹から羽田乗継や成田乗継で海外や北海道にはよくいき、関西空港よりよく使います。

伊丹空港と関西空港は経営統合しました。7月に。赤字続きの関西空港を助けるために伊丹空港の黒字を回すって感じですね。それに、以前、地元は騒音公害で空港に反対していましたが、今は逆に地元活性化のために空港存続を求めていますし。そんなわけですから、当分、伊丹空港がなくなることはありません。ずっと将来はわかりませんが。

3600円のビジネスホテル、西中島南方にあったんですね。このあたりは電車や車で通り過ぎることは多いのですが、宿泊するという場所としては考えても見ませんでした。安いですね。今度友人に教えてあげようと思います。
伊丹空港、実家からは車で30分以内と比較的近いのですが、今の住んでいるところからは一番アクセスが悪いんです。でもここが一番フライト数が多いから利用頻度は高いですが。はじめて飛行機に乗った時、帰りのフライトで下を見ていると犬小屋まで見えたのでびっくりしました。いまのところ大きな事故はありませんが、高速道路や住宅密集地にある空港って何かあったら大変だ、といつも思います。関空が出来たら伊丹は廃港ということだったのにいつのまにか存続していて安全性や騒音問題は重大事項じゃなかったのか、と思います。周辺の市では少し前まで、個人の住宅のエアコン設置やNHK受信料、学校のエアコンはもちろん、救急車まで空港対策費の恩恵を受けていましたからなかなか手放せないのでしょう。今も廃港派の橋下大阪市長と存続派の兵庫県知事とは犬猿の仲らしく、伊丹空港の将来はいかに?というところです。
ところで大阪出身の私よりいろいろなところに行ってこられたようで、興味深く拝読いたしました。今度私も良い季節のときに少彦名神社いってみようかな。私は道修町資料館にも行ったことがありません。中之島は良く行きます。図書館は高校時代に毎日通っていた青春時代の思い出の地だし、レトロな公会堂は母がお花の研修会に通ってました。東洋陶磁美術館は今でも行きますが、他の施設は外から眺めるだけです。冬はイルミネーションやライトアップが綺麗ですよ。またいらしてくださいね。

欠食児 desu.
USA ni tuki masita.
asu ha CANADA ni iki masu.
hisasiburi soite rikuro no kokkyougoe mo hisasiburi.
buji nara banff ni ittemasu.

日常生活の関西なので、旅行視点で見ることがなく、新鮮な思いで拝読致しました。大阪は日常でも東京より行くことが少ないので、新しい発見ばかりでした。また、日帰り旅行でもして見ようかな。そう言えば、7月に初めて天神橋筋商店街に行きました(^_^;。

ホテル、安いんですね。電車で2駅くらいでグッと値段が下がるんですね。

伊丹空港は本当に使うことがなくなりました。神戸空港か神戸空港に車を置いてベイシャトルで関空に行くのが便利なので、そちらを使います。大阪市内には伊丹が便利なんですね。

うららさん、道修町は医薬品会社や漢方薬局がいくつもあって良い雰囲気ですね。ブログ記事のおかげで、薬から少彦名命まで知識を増やすことができました。有難うございます。

隣接する北浜から中之島にかけては、モダンレトロな建築群が多いんですね。オシャレなレストランやカフェがいくつもありました。猛暑でなかったら、散策が楽しい街ですね。

とってもお得なホテルを見つけたので、また行きたいと思います。

とんびさんは海外旅行の数がハンパじゃないから、伊丹空港も日常的な感じで利用しているんでしょうね。しょっちゅう海外旅行する人には、やっぱり伊丹空港は便利でしょう。本当に都会のど真ん中にあるんですものね。でも便利な反面問題も多そうですね。

私は初めてだったので、単純に「ビル群の中に降りていく。すご~い」と喜んでいましたが、やっぱり事故が怖いですね。

HANAさん、このホテルは本当にお得でしたよ。そりゃ、お金を出せば良いホテルはいくらでもあるでしょうが、この料金で泊まれるってことが大事なんですわ。「得した」という気分が、旅の価値を高めてくれますhappy01 バスタブに手すりが欲しい‥‥等、要望はいくつかありますけどね。

伊丹空港は利便性のかげで問題も山積しているんですね。単に交通の便が良いというだけでなく、もっと複雑な利害がからんでいるんでしょう。まあ滅多に利用しない私としては、昼間の大阪上空だけでなく夜景も眺められて大満足でしたけど。

中之島界隈はHANAさんのお話が記憶にあって、とくに東洋陶磁美術館には行きたいと思っていました。朝鮮時代の青磁が美術館の雰囲気にとてもマッチしていました。

欠食児さん、いつもフロリダ方面にいらっしゃるので、ハリケーンは大丈夫かと心配していましたが、今回はカナダなんですね。

カナダは涼しいんでしょうか。それともやっぱり猛暑なんでしょうか。ともあれお気をつけて旅なさってください。

アトムズさん、日々の生活に追われていると、なかなか近場を散策する気分になれません。気分を変えるには、やっぱり飛行機とか新幹線とかで場所を変える必要がありますよ。
でも最近ちょっぴり地元に関心が向くようになりました。普段気にもとめなかったことにも、いろんな歴史がありますからね。

アトムズさんは東京の定宿があるんでしょうけど、私はネットでホテル探しするのが趣味で(^^;)、泊まってみて「はずれ」や「当たり」を面白がっているんです。でもこの大阪のホテルは私の定宿にしますわ。この料金が変わらなければ‥ですけど。
私がチェックインした日には、作新学院ご一行が泊まっていました。でも翌日はいなかったので、「甲子園で負けたんだな」と思いました。

甲子園がらみの報道で、最近は出場高校がビジネスホテルの個室がいいんだと聞きました。
しかし1泊のお値段まではわかりませんでした。
こうした時代の変遷からすると、甲子園近辺には安いビジネスホテルもっとありそうですね。
かつて旅館や民宿の大部屋でタコ部屋ごとく合宿した日々を懐かしく思い出します。

うららさん、最近の若者は長期間ザコ寝が続いたら疲れちゃうんじゃないかしら。兄弟が少ないし、子供の頃から個室があったりしますからね。昔の修学旅行は夜の枕投げが恒例でしたけど、最近はそんなこともないんでしょうね。

ビジネスホテルはいろんなお客さんが泊まっていますね。
何人かで行って、それぞれシングルルームに泊まるケースも多いんじゃないかしら。新幹線や飛行機代とホテル代がセットになったお得なフリーツアーがありますが、同じようにシングルに泊まる時でも、二人で申し込んで一人ずつシングルに泊まるほうが、一人で申し込むより安いんです。

ははは、海外旅行多いですがハンパじゃないほど多くなないですってば、、
それに、自分の場合は3日ってのが多いんです。そして1週間以上は昨年も今年も1回だけ。だから滞在日数などではそう多くないんですよ。

で、高校野球の宿舎がビジネスホテルが多くなっているっていう件なのですが、もちろんビジネスホテルのほうがプライバシーを守れて昨今の風潮にあっていることは大きいのはもちろんです。

加えてビジネスホテルが増えた大きな理由は阪神大震災なんですよ。阪神大震災で甲子園球場の周辺にあった古い旅館が軒並みに倒壊したり、改築が必要になったのです。そして、新たに建築されたほとんどがビジネスホテルだったのです。野球だけじゃなくほかの出張や観光で泊まる人もビジネスホテル志向だし、こうなったのでしょうね。

ところで、震災のあとそのまま廃業したり、いったん改築したけれどもその後に廃業するところも多かったので、阪神大震災以前は甲子園球場のある西宮市にほとんど高校野球の宿舎があったのですが、最近はかなり広範囲に宿舎が散らばっています。以前、早朝の成田行きに乗るために、伊丹空港の前のビジネスホテルで泊まったことがありますが、高校野球の宿舎になっていました。飛行機にすぐに乗れて便利だなって思いました。

とんびさん、そうだったんですか、阪神大震災で古い旅館がつぶれ、その代わりにビジネスホテルが増えたとは、思いもよらなかったです。ビジネスホテルが増えれば過当競争になるので、部屋代が安くなるのでしょうね。

私が泊まったホテルは甲子園から少し距離があるように思うんですが、伊丹空港にも新大阪駅にも近いので、甲子園球児や応援団にも使い勝手が良いんでしょう。

私なんぞはビジネスホテルに慣れているので、たまに海外で広い部屋に泊まると、かえって不便なことあります。ビジネスホテルには日本人のセンスが活かされていますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日夜帰ります | トップページ | 錦糸町河内音頭盆踊り »