無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「揖夜神社」と「黄泉比良坂」 | トップページ | 「神魂神社」&「小泉八雲記念館」 »

2012/07/27

「島根県立美術館」「八重垣神社」「松江城」

揖夜神社も黄泉比良坂もお参りして写真を撮るだけだったので、お昼前には松江に
戻ることができた。それでランチは「島根県立美術館」のレストランでとることに
した。もともと私はミュージアムのカフェやレストランが好きなのだ。
何と言っても雰囲気が良い。

S
(島根県立美術館にて。夕陽がウリモノ)

「島根県立美術館」は宍道湖のほとりに建っていて、「日本の夕陽百選」にも
選ばれた環境の素晴らしさを誇ってる。宍道湖が、レストランの全面ガラスの窓
近くに広がっていて、さざ波の音が聞こえてきそうだ。最初はここでディナーを
食べようと思っていたが、あいにくの雨で夕焼けは期待できそうになかったので、
ランチに変更した。

S_2

正午少し前に行ったら、レストランはすでにお客さんがたくさん入っていた。
宍道湖の広々とした湖面を眺めながら、イタリア料理のランチをいただく。
メインメニューのすずきのソテーのほか、具沢山のミネストローネとコーヒーが
ついて1,600円だから、これは本当にお得だった。

S_3

お昼を食べてから、美術館の所蔵作品を見たりソファで休んだりして、午前中の
疲れをいやす。それから観光パンフを取り出し、次の目的地をどこにするか検討
した。午後はあまり遠くにはいけないし‥‥。

S_4

いくつかの候補のなかから選んだのは「八重垣神社」だった。この神社は人気が
高く、バスターミナルにも案内が出ていた。ガイドブックだったかネットだったか
忘れたが、たまたまこの神社の稲田姫(櫛名田比売=クシナダヒメ)の壁画を見て、
私は一目ぼれしてしまった。おっとりしていて気品漂う美しい姫。この壁画だけは
見に行こうとチェックしていたのだ。

1

「八重垣神社」は松江駅バスターミナルから25分ほど、神社はバス停のすぐ近く
なので行きやすい。ここは、古事記のスーパースター「スサノオノミコト」が
「稲田姫」と結婚した地で、そのときスサノオノミコトが詠んだ「八雲立つ 
出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」は、日本最初の和歌と言わ
れている。

「縁結び」「恋占いの鏡の池」「子宝」や「夫婦椿」と、見どころ盛り沢山の
八重垣神社だが、私のお目当ては「稲田姫」の壁画だけだった。他の要素には
縁がないもので‥‥(-_-;)

S_5
(八重垣神社で見かけた新郎新婦)

ところが残念なことに、壁画は京都に貸出中だった。壁画だから神社から移される
ことは無いと思っていたのに‥‥。
そういえばローマの教会でも、カラヴァッジョの壁画が剥がされて貸し出されて
いたなあ。

たぶん京都国立博物館の「大出雲展」に展示されるんだろうけど、と言うことは、
そのあとの東京国立博物館でも展示される可能性が高い。その時まで待つことに
しよう。

S_6

夕方になりかけていたけどホテルに戻るにはまだ早い。でも雨が降ったりやんだり
していて、街歩きも楽しめない。こんなときは「松江城」見学がピッタリだと思いつき、
バスで県庁の隣りにあるお城に向った。市の中心地だから迷うことはない。
今回の旅は神話と遺跡がテーマだったので、お城はターゲットから外れていたが、
松江に来たからにはご挨拶くらいはしておかないとね。

S_7

でもやっぱり私はお城に向いていないと思った。天守閣までふうふう言いながら
階段を登ったおかげで、雨にぬれた身体が今度は汗グッショリになってしまい、
早くホテルに戻ってひと風呂あびたいと、頭に浮かぶのはそればかり。

せっかく登ったのだからと、天守閣から松江の街並みをカメラに収めたけれど、
お城は富士山と同じで見上げているほうがいいと、あらためて思う私だった。

« 「揖夜神社」と「黄泉比良坂」 | トップページ | 「神魂神社」&「小泉八雲記念館」 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

せっかく壁画目当てで行った神社の壁画が貸し出し中で残念でしたね。
お疲れさまでした。お城は私も下から眺めるのが良いと思ってます。
金額的にも体力的にも城主にはなれそうもないし。
時々個人で天守閣風のご自宅とか、庭にお城の模型を作っている方を見かけますが、年数を経ると傾いたりしたりして城の主というのもなかなか大変だなぁと思って見てます。

HANAさん、暑さにめげず「国盗り」頑張っているようですね。
私も、島根旅行で味を占めて、国内各地に行きたくなりました。
8月はお休みがかなり取れそうなので、「青春18きっぷ」でも買おうかと思案中です。でもこの暑さだと、列車から下りるのがイヤになるかも。
お城ばかりを訪ね歩いている人もいますね。最近はこだわりを持って旅する人が多いようです。私はその時々で興味対象が変わるので、深い旅は出来ないけど、フレキシブルな楽しい旅をしたいです。

 雰囲気のいいレストランですね。美術館のレストランって海外でもそうですけど、意外とレベルの高いレストランが多いです。

おりんぴあさん、島根県立美術館も古代出雲博物館も、高ポイントのレストランやカフェでしたよ。

ミュージアムのレストランやカフェは、一人でノンビリできるので好きです。東京は例外ですが‥‥。なぜあんなに混んでいるんでしょう。
それから、東欧やロシア、中央アジアはあまり印象が残っていないんです。昔と今とではだいぶ違うでしょうけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「揖夜神社」と「黄泉比良坂」 | トップページ | 「神魂神社」&「小泉八雲記念館」 »