無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 米子空港から足立美術館 | トップページ | 「神迎の道」を歩いて「稲佐の浜」へ »

2012/07/19

出雲大社と古代出雲歴史博物館

翌日は、スマホの電池残量を気にしながら、ともあれ「出雲大社」に行くことに
した。「しまね」に来て出雲大社にお参りしなかったら、神様に叱られるわ。

駅前で「縁結びパーフェクトチケット」を買う。これは、3,000円で主なバスや
一畑電車、空港~松江のリムジンバスなどに3日間乗り放題のチケットだ。

JRは利用できないが、このチケットは本当に使い勝手が良かった。
松江は観光に利用できるバス路線が充実していて、松江駅の北と南を内廻り外廻り
それぞれ循環する路線がある上に、宍道湖に沿って主な観光名所をひとまわりする
「レイクライン」というバスもある。疲れたらとりあえず循環バスに乗れば、駅に戻る
ことができるのだ。

さっそくパスを使い「一畑電鉄」の「松江しんじ湖温泉駅」に行った。

S
(駅には足湯の温泉があった)

S_2

そこから出雲大社まで、映画「RAILWAYS」の舞台となった電車「ばたでん」に
1時間ほど揺られる。あまり映画を見ない私だが、この「RAILWAYS」は元職場の
同僚と見に行ったので、「あ~あの電車か」と親しみがわいてきた。

S_3

この日はあいにくの雨だったせいか、出雲大社は参拝客の姿が少なかった。
でもそのお陰で、深い森林に囲まれた大社がいっそう厳かに感じられた。
出雲大社は現在「平成の大遷宮」の真っ最中なので「仮殿」で参拝し、となりの
神楽殿を巡ってから、近くにある「古代出雲歴史博物館」に向った。

S_4

じつは一番楽しみにしていたのがこの博物館だ。
昭和58年に「荒神谷遺跡」で発見された358本もの銅剣、平成8年に「加茂岩倉
遺跡」から出土した39個の銅鐸、平成12年~13年に発見された巨大な「宇豆柱」
などが展示されている。出雲が古代日本の重要な土地だったことを示すこれらの
発掘品を、ぜひこの目で見たかった。

とにかくその数の多さに圧倒される。出来たら発掘現場である遺跡にも行きた
かったが、今回はちょっと無理だった。でも現物をたっぷり目の当たりに出来た
から、これで十分だわ。

S_5

お昼は博物館のおしゃれなカフェで「古代米のチキンカレー」を食べた。
メニューのなかで食事らしいものはベーグルとカレーだけだったが、カフェの
雰囲気や環境には大満足。

博物館には「神話シアター」があって、「スサノヲ神話」「オオクニヌシ神話」
「風土記神話」を各20分ずつ上映している。それを全部見た。10分ずつ休憩を
はさむから、1時間半もシアターの椅子に座っていたことになる。
神話の勉強にもなったし、身体を休めることもできたので、良かったけど。

« 米子空港から足立美術館 | トップページ | 「神迎の道」を歩いて「稲佐の浜」へ »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

古代米カレー、おいしそうですね。

雨は残念でしたが、たっぷり博物館を楽しめたようで良かったですね。
私が最後に出雲に行ったのはこの博物館が開館する直前だったと思います。ランチの古代米のチキンカレー、なかなかおしゃれです。ぜひ行って食べてみたいな。
今年は「大出雲展」が京都でも間もなく開催されますし、行って見るかなぁ~、と思ってます。

 カレーの写真はおいしそうですね。カフェの雰囲気のよさも伝わってきます。

 しかし、なぜか島根暮らしなのに出雲大社は行ったことありません( ̄▽ ̄)。

わたなべのもとさん、カレーも古代米も美味しかったんですが、チキンは餃子の皮みたいなものでくるんであって、何だか不思議な味でした。私は普通のチキンが良かったんだけど‥‥。でも雰囲気最高のカフェだったので、じゅうぶん満足です。

HANAさん、このカフェは雰囲気最高でしたよ。カフェですから、食事するより、ガラス張りの窓から(←窓はみんなガラス張りでしたっけ‥^^;)見える緑を眺めながら、ゆったりとコーヒーブレークしたほうが良さそうです。お店のスタッフがやたらと親切で、何だか申し訳ないくらいでした。「遠方から来た人」に見えたんでしょうか。

銅剣や銅鐸は京都国立博物館の展覧会用に何点も持ち出されているようです。でも何しろ沢山あるので、そんなに気になりませんでした。京都のあとは東京国立博物館で「出雲展」が始まります。私はもちろん行くつもりです。

おりんぴあさん、出雲大社に行ったことがないなんて意外でした。
でも身近にあると、いつでも行けると思って、なかなか機会がないもんですよね。
今は60年に一度の大遷宮の最中ですが、平成25年5月に「本殿遷座祭」が行われますから、その時が最高のチャンスじゃないですか。
「しまね」は奥深い土地だと感じましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米子空港から足立美術館 | トップページ | 「神迎の道」を歩いて「稲佐の浜」へ »