無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ベートーヴェン・ザ・634 | トップページ | 不便な定額小為替 »

2012/06/03

葛飾区を歩く

土曜日、葛飾区金町に行く用事があったので、ついでに近辺を散策することに
した。

金町に友人が住んでいたことがあって、むかしは何度か駅前に来たことがあるが、
近くにある「水元公園」にはまだ一度も行ったことがない。お花見に誘われた
こともあったが、その頃は今より花粉症が重症で、上野公園のお花見さえ避けた
ほどだから、とても行く気になれなかった。

S
(都内唯一の水郷地帯で、区内最大の公園)

S_5
(蓮池)

「葛飾おでかけガイド」によると、6月上旬から「菖蒲まつり」が開催され、
約80種1万4千株の花菖蒲を観賞することがらしい。
グッドタイミングじゃないの!

Photo

でも私いちばんの目当ては、じつは水元公園のはずれにある「閘門橋」だ。
最近は「閘門」に関心があるので、この名称には眼を留めずにいられなかった。

S_2

金町駅から「金61」のバスに乗り「大場川」バス停で降りると、すぐ近くに
閘門橋がある。明治時代に完成した水害防止のための閘門で、レンガのアーチが
可愛い橋だ。

S_3

橋のすぐ脇から公園に入り、うっそうと大樹が茂っている道を歩く。森林浴気分が
味わえて快適そのもの。ゴミゴミした感のある下町のど真ん中に、こんな広大な
自然があるなんて、ちょっとビックリだ。
でも最近、放射性セシウムが検出されたというニュースがあった。子供がいっぱい
いる公園なのに、本当に困る。

S_4

菖蒲もまだまだこれからって感じ。たくさんの菖蒲の畑があったから、これらが
みんな咲いたらさぞかし見事だろう。

公園の近くにある「しばられ地蔵尊」にも行ってみた。

S_6
(縄でグルグル巻にされたお地蔵さん。縄1本100円だったが、何だかお気の毒で、
私はお賽銭だけにしておいた)

お地蔵さんのいらっしゃる「南蔵院」は、開創当初は在原業平ゆかりの業平橋に
あった。ちょうどスカイツリーの場所だ。ちょっぴりご縁を感じるわ。
その後墨田区吾妻橋に移ったが関東大震災で被害に遭い、昭和4年にこの地に
やってきたのだという。

S_7

それで業平山というのか~。それにしても石塔のすぐ後ろがアパートだなんて、
いかにも下町らしいわ。

金町駅に戻って、スタート地点小岩行きのバスに乗る。
錦糸町から小岩まではいつも通勤で乗っている総武線で行き、そこから京成バス
1日券を買ったのだ。バス路線を調べて気付いたのだが、葛飾区は京成バスの
路線が充実しているせいか、金町行きの都バスは浅草からの1路線しかない。

S_9

バスの中でふと思いついて、柴又帝釈天で途中下車した。
金町~小岩間のバスは頻繁にあるので、気軽に途中下車できる。

S_10

ここは参拝客というより「寅さん」の地を訪ねてやってくる観光客がほとんどの
ようだ。下町6区の「おさんぽマップ」を見て感じたんだけど、スカイツリーの
観光客を呼び込むには「分かりやすくて、行きやすい観光地」ってことがポイント
みたい。

S_8

この日も、夕方にもかかわらず観光客が次々とやってきた。
「寅さん記念館」や「矢切の渡し」には何度か来たことがあるのでパスして、
喉が渇いたのでラムネをがぶ飲みして、またバスに乗った。

« ベートーヴェン・ザ・634 | トップページ | 不便な定額小為替 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

閘門って漢字は何度も目にしてたのですが、何と読むのかわからなかった。
今日の画像、橋欄干に「こうもんばし」とひらがなで書かれてますが、「こうもん」でいいのでしょうか?

昔は気にも留めなかったことが、年を重ねてやっと興味をもてるようになる。
すると近場でもずいぶん旅気分味わえるもんですね。

うららさん、そうなんですよ、「こうもん」と読むんです。
私も、富山で初めてこの漢字を見たときは「ヘンな単語だな~」と思いました。最近はだいぶ馴染んできましたけど。

年をとるにつれ、自分の足元に目が行くようになりました。
知らないことが山ほどあって、ちょっとした発見があって、ご近所散歩もけっこう楽しめますわ。

この「しばられ地蔵尊」も、たまたま立ち寄ったんですが、もともと業平橋にあったと知って親しみを感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベートーヴェン・ザ・634 | トップページ | 不便な定額小為替 »