無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/28

北十間川散歩つづき

ここのところヤボ用で休日もない忙しさだったが、今日は休みになったので、
北十間川散歩のつづきをしてきた。

S

まず福神橋の上から「逆さツリー」を写す。シロウトが簡単に「逆さツリー」を
写すには、福神橋が一番じゃないかしら。

S_2

福神橋から旧中川方面に行く北十間川は護岸工事の真っ最中。

S_3

護岸工事していないほうが私は好きだけどね。川がきれいになるのは嬉しいけど。

S_4

福神橋のすぐ脇に「吾嬬神社」がある。日本武尊ゆかりの神社だけれど、神社名を
記したのぼりがなければ、気付かず通り過ぎてしまいそう。

S_5

ごちゃごちゃした住宅街の中で控えめに存在している「吾嬬神社」。
「うららさんのブログ」の「葛城古道の神社群」とはエライ違いだ。
ま、訪れやすいというメリットはあるけど。

S_6

近くにある「香取神社」にも行ってみた。こちらは「吾嬬神社」よりはもう少し
広い。

S_7

でも住宅街の中にあるのは同じだ。

S_8

11時少し過ぎに、近くのレストラン「キッチンKAMEYA」で早いランチを
食べた。ここは墨田区のコミュニティバス「すみまるくん」(北東部ルート)の
「吾嬬神社入口」バス停のすぐ隣にある。この辺りでひと休みしたいときに、
オススメです。

食後は「すみまるくん」に乗ってスカイツリーまで行った。
平日だけど相変わらずの人出だった。でも土日よりは余裕があるんでしょうね。

S_9

S_10
(ビール博物館という名のビアガーデン。ランチがマダだったら入ったんだけど)

スカイツリーの商業施設「東京ソラマチ」を開業後初めて歩いてみた。
いろんなタイプの飲み食い屋さんとお土産屋さんが多い。まあ日用品を売っても
しょうがないけどね。

S_11

選ばなければ、お腹を満たすのにそれほど苦労しなくても良さそうだ。
レストラン街はどこも入店待ちの列が出来ていたけれど、広いフードコートや
カフェなんかはお昼でも空席があったし、デパ地下さながらの食料品売場には、
いろんなお弁当が売られていた。

S_12

お土産屋さんも、食品サンプルのお店や武将ショップなど、ちょっと珍しいものが
多い。そんな中で私が買ったのは「沖縄の塩専門店」の石鹸と焼き菓子。試食用の
焼き菓子を食べて見たら、ふわっと口のなかで溶けてしまう柔らかさで、クセに
なる美味しさだったのだ。あ~、でも食べ過ぎないようにしないと。

S_13

(8Fのドーム広場で撮った鏡ツリー。ライトアップされた方も撮りたいな)

2012/06/17

北十間川散歩とリトル大阪

今日の新聞の書評欄に「散歩もの」という(扶桑者文庫)が載っていた。
「調べない/道草を食う/ダンドらない」と決めて作った「散歩マンガ」とあった
けど、どんな内容かな。私の近場ウォーキングも、目的は違うけど、似たような
ものだわ。

今日はお昼頃雨があがったので、久しぶりにスカイツリー方面に行こうと、まだ
行ったことのない北十間川の東寄りを目指して歩き始めた。
その日のお天気次第で地上を歩いたり地下を歩いたりするが、地上を歩く時は
ちょっとした発見が楽しみ。

駅前の錦糸公園を斜めに突っ切って、横十間川にかかる「天神橋」を渡ると、
江東区に入る。すぐ近くの亀戸天神を通りすぎてから北十間川方面への小道を
歩いていくと、緑の木々に囲まれたところがあった。

S

説明プレートには「普門院」(亀戸七福神のひとつ毘沙門天)と書いてあった。
ひっそりとして人影もない境内をのぞいてみると、入口に石標があって「伊藤
左千夫の墓」という文字が刻まれていた。

伊藤左千夫といえば、錦糸町駅前に自宅があったらしい。
賑やかなバスターミナルの一画に記念碑があるが、それに気付く人はほとんど
いない。

「錦糸町の歴史」という面白いサイトを見つけた。(地図はだいぶ古い。セイコー
工場跡とある場所は、「OLINAS」というショッピングモールになっている。

錦糸町は「リトル大阪」という面白い記事もあった。(←なるほど、なるほど)
ちなみに錦糸町は、「リトルモスコー」とか「リトルバンコク」とも呼ばれる。

Kita10ken

ちょっと道草したけれど、ウォーキングに戻ろう。

S_3

北十間川にかかる境橋のたもとに、祐天堂という小さな祠と「やくしみち」と書か
れた石の道標があった。この辺り、江戸時代は交通の要衝だったのかしら。

1s

今は逆さスカイツリーで有名な北十間川だけど、もともとは大都会お江戸に物資を
運ぶ運河として造られたわけだから、人の往来も盛んだったんだろう。

そこからもう少し旧中川のほうに行くと「福神橋」がある。ここからは亀戸駅も
近い。

S_4
(福神橋から)

ここら辺まで整備工事は進んでいた。コンクリートが味気ない。もっと緑豊かな
川にして欲しいなあ。

急に暑くなって疲れたので、コミュニティバス「すみまるくん」に乗った。
墨田区内をぐるぐる廻るコミュニティバス「すみまるくん」は、スカイツリーで
集合する。乗るとき「錦糸町まで行きたい」といえば、無料の乗換券をくれる。

S_5

スカイツリーは相変わらず混雑していた。乗り換えるバスが出たばかりだった
ので、けっきょくそこから歩いて帰った。

2012/06/15

西新宿地下通路

久しぶりに東京都庁に行ったついでに、西新宿の地下通路を歩いたら、新宿野村
ビルから地下鉄西新宿駅方面への通路ができていた。

S

確定申告で西新宿駅に隣接しているアイランドタワーに行くたびに、「青梅街道
方面の地下がつながったら便利なんだけどな~」と思っていたのだが、しばらく
来ないうちにその通路が出来つつあるらしい。

S_2

「タイムズアベニュー」とかいう、何だか聞いたことのある名称が付けられ、
よく分からないコンセプトの案内図がかけられていた。

S_3

まだ出来たばかりで知る人が少ないのか、広々ときれいなストリートだが人影は
ほとんど無かった。新宿警察までの地下通路がまだ工事中なので、あまり利用
価値ないのかな。ウォーキングにはもってこいだけどね。

S_4

新宿警察から新宿駅まで地下通路でつながったら、新宿駅周辺は東京駅界隈の
地下道に負けず劣らず多様なウォーキングコースができる。新宿に来る機会が
少なくなったのは残念だわ。
もっともお店も何もないただの通路なので、すぐ飽きてしまうのが難点だけど。

歩くのに飽きたら、ビルの中にある無料のフォトギャラリーに立ち寄ってみよう。

S_5

新宿野村ビルは青梅街道沿いにあるが、地下を通って新宿センタービルに行く
ことが出来る。センタービルにはペンタックスフォーラム、となりの新宿三井
ビルにはエプソンイメージングギャラリーがあり、目を楽しませてくれるのだ。

「エプソン」では「大西みつぐ写真展、砂町」をやっていた。
砂町銀座商店街は近いのに行ったことがない。地元でも行ったことがない場所が
たくさんあるわ。東京スカイツリーは開業してから足が遠のいてしまった。混んで
いると思うと、気持が乗らないのだ。

都庁第一庁舎展望台へは待たずにラクラク上がれる。無料なので、スカイツリーに
上がれない人はこちらへどうぞ。

32Fの食堂でご飯を食べた。窓からスカイツリーが見えた。
予期しない時予期しない場所で、ぬっとスカイツリーが見えたりすると、やっぱり
ちょっと嬉しい。だんだん身近な風景になっていくのかな。

2012/06/09

不便な定額小為替

戸籍謄本を取る必要があって、郷里の市役所に郵送で申請することにした。
市役所のHPには「450円の定額小為替と返信用封筒を同封して申請書を郵送」
するよう書いてあったので、帰宅途中に夜遅くまでやっている郵便局に行くと、
「定額小為替は銀行の扱いだから、平日の午後4時までに来てください」と言う
ではないか。

勤務先の近くに郵便局があれば「貯金」窓口で発行してもらうことが出来るが、
それが出来ないとなると、450円の小為替のために仕事を休まなくちゃなら
ない。まあ私なんか、そうたびたびあることじゃないけど、郵政民営化で思わぬ
事態に困っている人は多いだろう。

お役所には定額小為替以外の方法を考えてもらいたいし、(現金書留でもいい
らしいが、料金以外に420円書留料がかかる)、それがダメなら定額小為替か
それに類似するものをコンビニで扱えるよう工夫してもらいたいものだ。

2012/06/03

葛飾区を歩く

土曜日、葛飾区金町に行く用事があったので、ついでに近辺を散策することに
した。

金町に友人が住んでいたことがあって、むかしは何度か駅前に来たことがあるが、
近くにある「水元公園」にはまだ一度も行ったことがない。お花見に誘われた
こともあったが、その頃は今より花粉症が重症で、上野公園のお花見さえ避けた
ほどだから、とても行く気になれなかった。

S
(都内唯一の水郷地帯で、区内最大の公園)

S_5
(蓮池)

「葛飾おでかけガイド」によると、6月上旬から「菖蒲まつり」が開催され、
約80種1万4千株の花菖蒲を観賞することがらしい。
グッドタイミングじゃないの!

Photo

でも私いちばんの目当ては、じつは水元公園のはずれにある「閘門橋」だ。
最近は「閘門」に関心があるので、この名称には眼を留めずにいられなかった。

S_2

金町駅から「金61」のバスに乗り「大場川」バス停で降りると、すぐ近くに
閘門橋がある。明治時代に完成した水害防止のための閘門で、レンガのアーチが
可愛い橋だ。

S_3

橋のすぐ脇から公園に入り、うっそうと大樹が茂っている道を歩く。森林浴気分が
味わえて快適そのもの。ゴミゴミした感のある下町のど真ん中に、こんな広大な
自然があるなんて、ちょっとビックリだ。
でも最近、放射性セシウムが検出されたというニュースがあった。子供がいっぱい
いる公園なのに、本当に困る。

S_4

菖蒲もまだまだこれからって感じ。たくさんの菖蒲の畑があったから、これらが
みんな咲いたらさぞかし見事だろう。

公園の近くにある「しばられ地蔵尊」にも行ってみた。

S_6
(縄でグルグル巻にされたお地蔵さん。縄1本100円だったが、何だかお気の毒で、
私はお賽銭だけにしておいた)

お地蔵さんのいらっしゃる「南蔵院」は、開創当初は在原業平ゆかりの業平橋に
あった。ちょうどスカイツリーの場所だ。ちょっぴりご縁を感じるわ。
その後墨田区吾妻橋に移ったが関東大震災で被害に遭い、昭和4年にこの地に
やってきたのだという。

S_7

それで業平山というのか~。それにしても石塔のすぐ後ろがアパートだなんて、
いかにも下町らしいわ。

金町駅に戻って、スタート地点小岩行きのバスに乗る。
錦糸町から小岩まではいつも通勤で乗っている総武線で行き、そこから京成バス
1日券を買ったのだ。バス路線を調べて気付いたのだが、葛飾区は京成バスの
路線が充実しているせいか、金町行きの都バスは浅草からの1路線しかない。

S_9

バスの中でふと思いついて、柴又帝釈天で途中下車した。
金町~小岩間のバスは頻繁にあるので、気軽に途中下車できる。

S_10

ここは参拝客というより「寅さん」の地を訪ねてやってくる観光客がほとんどの
ようだ。下町6区の「おさんぽマップ」を見て感じたんだけど、スカイツリーの
観光客を呼び込むには「分かりやすくて、行きやすい観光地」ってことがポイント
みたい。

S_8

この日も、夕方にもかかわらず観光客が次々とやってきた。
「寅さん記念館」や「矢切の渡し」には何度か来たことがあるのでパスして、
喉が渇いたのでラムネをがぶ飲みして、またバスに乗った。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »