無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ツリー開業予行演習 | トップページ | 荒川と隅田川にわかれる「岩淵水門」 »

2012/05/23

スカイツリー開業記念「私の写真館」

昨日は散々な目にあった。風で傘が壊れびしょ濡れになって、ほうほうの体で
家にたどり着いたのだ。スカイツリーのお客さんも気の毒だったけど、私もみじめ
だったな。

そんなわけで今日は風邪気味でお休み。ところが外は昨日とうって変わっての
好天気なものだから、部屋でじっとしていられなくて、お昼すぎに買物がてら
出かけた。

行先は日本橋にある「おくすりミュージアム」
ここは平日のみオープンなので、なかなか行く機会がなかった。
製薬会社が運営しているミュージアムで、まだ出来たばかりなので明るくキレイ。
コンピューターを使ってゲーム感覚で見て歩くようになっている。
内容的には、私が求めているものとちょっと違うかなって感じ。
薬の製造に関する知識より、どのような病気にどのような薬があるか知りたかった
んだけどね。

ところでスカイツリーだけど、その日のお天気次第で見え方がくるくる変わる。
くっきりと柱の網目が見えることもあれば、雲の中にかくれて何も見えないことも
ある。見えなかったら、自然相手だから仕方ないと諦めるしかないわね。
私は高いところがそんなに好きじゃないから、当分上がらなくていいわ。

最初は墨田区の住民もスカイツリーにあまり関心なかった。

20091

2009年お正月の建設予定地。まだ材料が置かれているだけ。

292

建設現場の脇に貼ってあるポスターに、足を止める人はほとんどいなかった。

Photo

スカイツリーに気付いたのは、それからだいぶ経ってから。
いつも歩く道の真ん前にヘンな建造物があるな~とは思っていたが、それがスカイ
ツリーだと知ったのは、かなり後のことだった。

Photo_2

錦糸町近くの道のちょうど真ん中にスカイツリーが建っていて、1.5kmと少し
離れているけれど、ここは絶好の撮影スポットだ。その道のつきあたりに
ガラス張りのビルがあって、それにスカイツリーの姿が映っていることに、ある日
私は気付いた。

Photo_3

その後いくつかのガイドブックにこの鏡ツリーが載るようになったけれど、見つ
けたのは私のほうが早かったわ(^_^)

GWにバス1日券の旅をしていて、スカイツリーが何処でもまた思いがけない
ところで、ヒョコッと姿を現すのに気がついた。だから面白いツリーのシャッター
チャンスはいくらでもある。

S
(葛西橋)

希望としては、お正月に富士山といっしょに写したいけれど、スマホカメラじゃ
無理でしょうね。

« ツリー開業予行演習 | トップページ | 荒川と隅田川にわかれる「岩淵水門」 »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

コメント

開業の日、墨田区は傘が壊れるほどの風が吹いていたんですね、一時エレベーターも止めたんですもんね。練馬はそんなほどでもなかったので、このぐらいでエレベーターを止めるのか、天気が悪いせいもあるのかななんて思って過ごしていました。

この間台湾に行ったとき、高雄で85階建て?のビルで町を一望したんですが、台北で101ビルに上ろうとしたら、厚い雲がかかっていて展望階は上がれないと言われ、雲の切れるのを待たずにやめて帰ってきたんです。スカイツリーも、条件よくないとそりゃ駄目なことも多いだろうなと思って見ました。5年ぐらいたてば、待たずに登れるかなあと気長にみておりますが、私も、3月に何日か京葉線で千葉まで通った時に、毎朝川を渡りながらスカイツリーを拝んで千葉まで行っていました。きれいなタワーですよねえ。

ふみさん、傘が壊れる強風は幕張なんです。勤務先が今年3月に幕張に移転しちゃって、毎日駅から30分も歩いています。恐怖だった通勤ラッシュから解放され、今はウトウト居眠りしながら電車に揺られて通勤していますが、駅に着いてからが大変なんですわ。幕張は普段でも強風で有名なんですよ。

スカイツリーが出来て、今まで無関心だった地元の歴史に目が向くようになりました。どんな場所にも歴史ってものがあるんですねぇ。
スカイツリーに一度は上りたいと思いますが、まあそんなに急ぐことないですわ。でも江戸時代に津山藩の絵師が描いた「江戸一目図屏風」と比べてみたいわ。スカイツリーからの景色ととても似ているという話なので‥‥。

江戸時代の絵師って魅力的な人が多いですね。

スカイツリーの工事開始頃より開業まで見続けていたろうまさんならではの一連の写真楽しませていただきました。

私が登れるのは一体何時になるのやら。
NYではエンパイヤステートビル、入り口のところで本日の視界良好度を示す表示がありましたが、スカイツリーにもあるのかしら。
視界が悪いと入場料割引とかあると良いですけど、人気だからしばらくは無理でしょう。

311の地震のときにも無災害で大丈夫だったということは信頼度が上がりますね。阪神淡路大震災の時、明石大橋も工事中でした。こういう大きな建造物は大きな災害を越えて完成した時、工事関係者の感慨はひとしおだと思います。日本の復興、技術力で何とかしてほしいと思う今日この頃です。

HANAさん、エンパイアステートビルには視界良好度を示す表示があるんですか。それは親切ですね~。でもそう何度もNYに行くわけじゃないので、視界不良でも上がりますけどね。
私がNYに行ったのは2回だけですが、2回ともエンパイアステートビルに上りました。

スカイツリーは視界不良のとき雲に映像か何かを映すようです。「曇りの時でなければ見られません」と言ってお客さんを丸め込もうという魂胆でしょうかhappy01

ところで、この間新聞で読んだんですが、スカイツリーの重要な部分の技術は関西系の企業が担っているようですね。とくに私はスカイツリーの「藍白」という色が好きで、その日の大気の状態で白銀のようだったり、青みがかった灰色だったりと、毎日見ていて飽きないんです。ところでこの色を実現したのが「大日本塗料」という関西企業なんですって。「関西企業の高い技術力の証明になった」と言われているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツリー開業予行演習 | トップページ | 荒川と隅田川にわかれる「岩淵水門」 »