無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« スカイツリーライトアップ | トップページ | 東京川の手散歩「荒川」 »

2012/05/09

東京川の手散歩「江戸の運河、小名木川」

5月4日は雨にたたられて運河も水門もろくすっぽ見学できなかったが、まあ
話題の「東京ゲートブリッジ」を渡れたから満足しよう。

そして翌子供の日はうってかわって絶好の行楽日和となり、このお天気を見て
いたらじっとしていられなくなって、お昼近くになってからリベンジとばかり
再び都バス1日券の旅をすることにした。

S
(小名木川にかかる小松橋)

でも同じ運河巡りじゃ能がないので、まずもっと近くの「小名木川」の「扇橋
閘門」に行った。近くてもなかなか足を運べないので、こういう機会を逃さない
ようにしないと。

S_2

「小名木川」は先日「ブラタモリ」「江戸の運河編」で真っ先に取り上げていた
徳川家康が最初に造った運河だ。江戸の繁栄を支えた都市計画、家康はやっぱり
只者じゃないわ。

S_3

「扇橋閘門」は小名木川にかかる小松橋の上から写した。
今度動いているときに来たいな。

ネット検索していたら「小名木川で日本のパナマ運河を通過」したという「お江戸
下町乗船モニター」のレポートがあった。2008年だからスカイツリーの話は
まだない頃だ。私は船でなくバスとウォーキングだったが、訪れたところはほぼ
一致している。詳しい説明や地図も載っているので参考になる。

Photo_2

スカイツリーが出来てからは、「舟めぐり」が注目をあびているようだ。
これまでは工事などの業務利用がほとんどだったが、今後は観光利用の増加が
見込まれるので、日曜日なども運転するという。
小名木川のあと行く予定の荒川ロックゲート(ロックゲートは英語で閘門)も
運転日を増やすようだ。こんなに縦横に運河があるんだから、それを活かさない
手はないよね。

S_4

小名木川を荒川方面に歩いて「小名木川クローバー橋」に出た。
小名木川と横十間川のあいだに十字のように架けられた橋で、そのかたちから
クローバー橋と名付けられた。

Photo

この横十間川を北に進むとスカイツリー近くの北十間川と合流する。
錦糸町からスカイツリーまでの横十間川沿いは、何度か歩いたことがあるので、
そのうちにクローバー橋から錦糸町まで歩いてみよう。

でも今日は横十間川でなく荒川だ。小名木川に沿って大通りまで歩き、そこから
荒川近くまで行くバスに乗った。

« スカイツリーライトアップ | トップページ | 東京川の手散歩「荒川」 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

地図を載せていただくと、土地勘全くないものにとってわかりやすいです。
水位を変えて船を運航させてるなんて、スゴイ技術ですが、パナマ運河とどっちが先にできたんだろう。

中国の江南・華北を結ぶ大運河を一部見て、すごいなぁ~と思ってました。
規模は違えど日本にもあったのですね。
家康を描いたドラマや小説ではそれほど取り上げられてないのではないでしょうか。
こうした運河を造っていたとは、やはり為政者はまずインフラなんですね。

うららさん、私も地図がないと位置関係がよく分からないんですよ。「方向音痴なのによく海外に一人でいくね」って言われますわ。

運河に関心を持つきっかけは中国の「京杭大運河」です。あれは何から何までスケールが違いましたね。
江戸の運河は規模ではとても及ばないけれど、身近で庶民の生活に密着しているところが好きです。小名木川は江戸時代の運河ですが、扇橋閘門(ロックゲート)は昭和51年竣工ですから、そんなに古くないですね。
パナマ運河は10年がかりで1914年に開通したとウィキペディアに書いてありました。パナマ運河の閘門(ロックゲート)はさぞかし巨大な設備でしょう。

閘門という言葉は富山市にいったときに初めて知りました。富山にも閘門があったんですよ。探せば日本各地に運河や閘門があるんでしょうね。

このへんは 木場に 引っ越す前に 住んでました。
でも まだ 扇橋閘門の 開け閉めは 
みたことが ありません。
一度 見てみたいですね。

地図で見ると荒川と隅田川に挟まれたあたり水路が張り巡らされているって言う感じですね。
昔は物流の中心も船だったようですから大切なところだったんでしょう。
このあたりはいつも電車でも通過するばかりですし、車でも首都高走るのでほとんど歩いたり走ったりしたことが無いんです。錦糸町の駅前はいつも混みあっているようなイメージですが、写真を拝見するとお天気でなんとなくのんびりした感じがします。
少し前までは水もあまりきれいじゃなかったかもしれませんが最近は都会の川も綺麗になりました。暑くなる前にまた散歩してみてください。

わたなべのもとさん、この近所でしたか。でも普段は近所の散策などできないんですよね。いつでも行けると思ってしまいますから。
この地域は、調べれば調べるほど面白いところじゃないかしら。

私も、いちど扇橋閘門や荒川ロックゲートが動いているところを見たいものです。これからはスカイツリー見学の観光船が増えるでしょうから、閘門が稼動する機会も多くなりそうですね。

HANAさん、横十間川も北十間川も決してキレイじゃなかったんですが、スカイツリーで観光客が増えたので急ピッチで整備されました。北十間川なんか整備され過ぎて、以前の川のイメージがわかないくらいです。

最近さまざまな「お散歩パンフ」が出回っているので、それを見ながら歩くようになりましたが、私もつい最近までほとんど知識も関心もなかったんですよ。でも調べてみると、地元にもいろんな歴史があることがわかって、見過ごしてしまうのは勿体ないと思うようになりました。

お散歩は健康にもよいし、お金もかからないので、続けたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイツリーライトアップ | トップページ | 東京川の手散歩「荒川」 »