無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« スカイツリー開業記念「私の写真館」 | トップページ | ベートーヴェン・ザ・634 »

2012/05/27

荒川と隅田川にわかれる「岩淵水門」

昨日土曜日の空はちょっと霞みがかっていて、土手散歩にふさわしいお天気だった
ので、かねてから念願の「岩淵水門」に行くことにした。

いつものように都バス1日券を買い、浅草で池袋行きバスに乗り換え王子駅で
降りた。ここで毎度の失敗をしてしまった。赤羽行きに乗らなくちゃならない
のに、反対方向の「豊島5丁目団地」行きに乗ってしまったのだ。

S

仕方ないから団地内の中華レストランでお昼を食べる。美味しいお店だったから
まあ良かった。

バスの旅をしていると、東京には巨大な団地が多いなあと、つくづく思う。
知らない巨大団地に来るだけで、エトランゼの気分になるわ。でも実際は住人の
ほうに本物のエトランゼが多いようだけど。

ふたたびバスに乗り、王子駅を通り終点の赤羽駅手前の岩淵町で降りた。ここで
スマホのマップを取り出し、荒川土手の方向を確認しながら歩く。

S_2
(資料館入口に船堀閘門の頭頂部がおかれていた)

とりあえず土手に出れば水門はすぐ分かる。水門の方に向って「志茂橋」を渡ると
「荒川知水資料館(アモア)」があった。ここで荒川についての知識を仕入れる。

パンフも何種類かあった。中でも小学生向けのパンフは、写真やイラスト、分かり
やすい説明で、私にピッタリだった。

S_14

草の匂いと風が心地よい。土手をサイクリングする人がひっきりなしに行き交う。
この風景はやっぱり荒川だな。

S_4
(荒川中洲に立つモニュメントの向こうは川口市)

超高層マンション「エルザタワー55」が見える対岸は埼玉県川口市だ。
川口といえば「キューポラのある街」の舞台だったっけ。
そこに今は超高層マンションが建っている。時代は大きく変わった。

S_5

そういえば、バスを下りて土手に来る途中に、昭和レトロの京島(注、墨田区の
地域)みたいな長屋があった。「キューポラのある街」ってこんな感じだったの
かしら。

S_6
旧岩淵水門(赤水門)

S_7
(現在稼動している青水門)

「荒川放水路」は、明治43年に起きた大水害を機に明治政府が工事をスタート
させた。荒れる川の名のとおり、荒川(今の隅田川)はたびたび大洪水をおこした
ので、人工河川を造り、大雨のときは水門を閉じてそちらに水を流し、隅田川
(むかし荒川)に水が流れないようにした。その水門が岩淵水門で、今は荒川と
呼ばれている「荒川放水路」と元荒川の「すみだ川」はここで分かれている。

S_8

役目を終えた旧岩淵水門(赤水門)から現在稼動している岩淵水門(青水門)
までぶらぶら散歩する。

S_9

S_10

青水門からは、霞がかってあまり鮮明ではないが、スカイツリーが見えた。
そういえば荒川は富士山もよく見えるようで、資料館にはこんな(↑)ポスターが
貼ってあった。

S_11

スカイツリーに向って、コンクリートで固められた土手を歩いて行く。
右はすみだ川。左は荒川。

このまま歩き続けたらどこに行くのかしら。土手に沿っているんだから、行き
止まりってことはないと思うけど。

S_12

大きな橋(鹿浜橋)で土手を下りたら、そこもやっぱり団地だった。小さなお庭に
植えられたバラの花がきれいだった。

そこから浅草行きバスに乗ったら、観光客がドッと押し寄せたので交通規制をして
いるとかで、二天門で下ろされてしまった。そこで待っていれば錦糸町行きが来る
と係員が言ったが、待つのがイヤなのでバスの本数が多い墨田区側まで歩いた。
せっかく1日券を買ったというのに‥‥。遠回りすべきだったかな。

S_13

吾妻橋を渡ると墨田区。最も有名な撮影スポットには沢山の人がカメラを向けて
いた。アサヒビールもビルを建てた時は、こんなに写真を撮られるようになるとは
思っていなかったでしょうね。ヘンテコリンなオブジェと話題にはなったけど。

« スカイツリー開業記念「私の写真館」 | トップページ | ベートーヴェン・ザ・634 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

やはりスカイツリーのあの高さはあちこちで見えるのですね。
搭乗しての見晴らしはお天気次第、運次第ですか。
昨日は近辺で観光客の捨てるゴミや自転車違法駐車を取り上げていました。

巨大団地のエトランゼに反応して。
大阪でも年数を経過した府衛住宅とかには中国人とか大勢住まわれてるようです。
近くでは近畿道の大東鶴見という降り口近くでは毎週日曜朝に中国市がたって中国人で大賑わいだそうです。
近辺のシマムラでもエトランゼのお客さんいっぱいで外国きたみたいでした。

豊島5丁目団地の周辺地域に住んでいる仲間があり、一度だけ行ったことがあります。そういえばこういうところだったなあと、王子からのバスの道のりも思い出しました。
私の住まいも練馬区の大団地の周辺地域です。団地の中にも17年住んで、それはそれは便利でしたねえ。子育ても申し分のない便利さでした。私たちが越したあと、その建物に2年ほどしていって、1階のポストを見ましたら、そこには外人さんの名字が入っていました。東欧やロシア系の名字でした。今、日本人のお名前になっています。あたしたちの昔の家は主がよく変わっていますねえ。都営団地でなければ、10万円の家賃が最安な団地なんですけど、外人率は上がっているんだろうなあ。

うららさん、冬は空気が澄んでいて遠くもクッキリ見えるんですが、暖かくなると大気は霞がかかってしまうようです。富士山が見えるのも冬ですから、お正月に荒川に行って富士山&スカイツリーのコラボ写真撮ろうかな。(←鬼が笑う)

今日帰宅の電車の中で見た荒川は、ピンクがかっていて夢の中の絵のようでした。写真撮りたかったわ。

スカイツリーは大人気ですけど、お客さんが入るのは隣接の商業施設と浅草ばかりですわ。もっと墨田区の街も歩いて欲しいな。見どころ多いと思うので、そのうちに「お手軽観光案内」をアップしようと思います。

ところで大阪も中国人がいっぱいですか。国際化は自然の流れでしょうね。柏崎には日系ペルー人が働いていると、妹が言っていました。柏崎でペルー人が働いているなんて、私はビックリしましたよ。

錦糸町はもともとパブなどで働く外国人が多いんです。夜9時過ぎになると、駅前広場は呼び込みのアジア系女性ばかりで、日本語は聞こえてきません。

私も外国に住んでいたことがあるし、海外旅行も好きなので、国際色豊かなほうが好きなんですが、郷に入れば郷に従えで日本のルールやエチケットは守って欲しいと思います。もちろん海外に行く日本人にも言えることですけど。

ふみさん、私もローマから帰国して少しの間千葉県稲毛の団地(友達の家)に住んでいたことがあります。でも馴染むほどはいませんでした。夜遅く帰ったとき、どこがどこだか分からなくなりそうで、怖かったです。

妹が昭島に住んでいるんですが、あそこにも大団地がありますね。駅前のショッピングモールは広くて何でもあって、そこだけで生活に必要なものは全てまかなえてしまうので便利です。私のようなビンボー人は、田園調布の大豪邸に住むよりこっちのほうがずっと快適と思いますわcoldsweats01

団地も時が移り時代が変わると住人も変化するんでしょうね。
私が住んでいるマンションは、夜の飲み屋街が近いということで、最初の頃は賃貸の人が多かったんです。でも最近は所有者が住んでいる部屋がほとんどになりました。
高齢者が増えて「限界マンション」になるんじゃないかと心配しましたが、最近はファミリーも増えてきました。子供の姿を見かけるとちょっと嬉しくなります。

私が住んでいるマンションは、昔は近くのパブで働く外国人がたくさん住んでいて、管理会社がゴミの出し方を数ヶ国語で書いて貼り出していました。最近は外国人が減ったようですが、それでも時々見かけます。そうそう日本人と結婚したロシア女性が住んでいるんですが、アメリカ人などと比べると表情が固いというか、お愛想笑いというのをしませんね。小学生の男の子がひとりいて、その子は明るいんですけどね。文化の違いでしょうか。

以前、川の近くに住んでいた事があって、川土手を歩くのが大好きでした。
家の近くに川土手があるのって羨ましいです。
写真で見る荒川沿いは気持ち良さそうですね。

スカイツリーもテレビのワイドショーで賑わっていましたね。
隅田川の花火大会のチケットの発売は未定らしいですが、展望台に上って花火を見てみたいです。
上から花火を見降ろすのでしょうね。

ブログすっかりサボっていましたがイギリスから帰ったら又アップします。見て下さいね。

マンデーさん、これまでずっと川といえば隅田川ばかりだったんですが、荒川の土手を歩いてみたら気持ち良さが違いました。あれが人工河川だなんてね~。

東京にいらした時にお時間があったら、総武線に乗って市川まで行ってみてください。(改札を出なければ電車代も安い‥^^;)
川下側の景色は広々しているし、東京方面に戻る時川上側の景色を見てるといきなりスカイツリーがドンと目に入ってきます。

川は眺めているだけでも癒されますわ。
総武線は浅草橋~市川までの間に、(東京側から)隅田川、旧中川、荒川、中川、新中川、江戸川と続きます。座ってこれだけの川を見学できるんですから、川好きな人にオススメです。

最近マンデーさんのブログが更新されていないので、今イギリス旅行の真っ最中かと思っていました。準備がいろいろ大変でしょうが、その分だけ楽しみも増えますね。帰ったらお話をいろいろ聞かせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイツリー開業記念「私の写真館」 | トップページ | ベートーヴェン・ザ・634 »