無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/30

GW「八王子と府中」散歩

妹が「東京富士美術館」で開催中の「北京・故宮博物院展」に行きたいという
ので、午前10時に八王子で待ち合わせした。

八王子駅前の美術館行きバス乗り場には長蛇の列ができていた。
「この人達、みんな美術館に行くの?」「隣が創価大学だから、何かの集会でも
あるんじゃないの」二人でビックリしながらバスに乗り込む。
15分ほど揺られて終点に到着、ギッシリ満員の乗客はすべて美術館に入って
いった。

Nec_0137s

展覧会というのは会期終わりに近づくにつれ混雑度が増す。この展覧会はGW明け
5/8までなので、混むことは十分予想できた。まあ都心でないぶん、多少余裕が
あるかなって感じ。

作品鑑賞の前にカフェレストランでカレーライスを食べた。この入場者の多さでは
お昼のレストランは超満員になるだろう。まだ席があるうちにお腹を満たして
おこうという算段だ。

展覧会は予想以上に充実した内容だった。紫禁城のお宝は国民党がぜ~んぶ台湾に
持ち出したと思っていたが、まだこんな素晴らしい品々が残っていたのね。

そして所蔵作品も、日本人の感性にあう物静かなヨーロッパ名画が多く、見ごたえの
ある美術館だった。宗教団体が運営している美術館には立派なものが多いなあ。

美術鑑賞のあと近くの府中に向った。ひとくちに東京といっても広大な地域に
わたるので、行ったことのない場所は沢山ある。長年住んでいる墨田区内でさえ
スカイツリーが出来て初めて訪れた地域があるくらいだから。

たまたま前日の新聞で、府中にある「大國魂神社」の「くらやみ祭り」の記事を
見て、この機会を逃したら当分府中に行くことはないだろうと思った。
ぜひ大國魂神社でお参りしてこよう。
「くらやみ祭り」(5/3~5/6)は見物できないけど、お祭りより静かな佇まいの
神社のほうがいいわ。

Nec_0140ss

京王線府中駅前から神社まで緑が鮮やかな欅並木が続いている。ごちゃごちゃした
下町住まいの私は、もうこれだけで旅行者気分になってしまった。
妹は近くに住んでいるので、何度か来たことがあると言う。

Nec_0142s

境内入口には神社を守るように欅の大木があった。この巨木群の前にたつだけで
身が引き締まる気がする。威厳と歴史を感じさせる「大國魂神社」だった。

Nec_0146s

もらったパンフによると、ここは武蔵国中の神社を集めた「武蔵総社」とのこと。
ここでふと思いついたのは、スカイツリーが武蔵の国にちなんで634mになった
ことだ。それまで東京下町が武蔵国だったということさえ知らなかったが(聞い
てもすぐ忘れる)、ここが武蔵国の中心だったとなると、領土はずいぶん広範囲に
渡っていたことになる。

以下パンフから。
「現在の東京都、埼玉県のほぼ全域と神奈川県の川崎市・横浜市の大部分を含む
広大な国で、21もの群(現在の市町村)を管轄する大国だった」

Photo

国府は今の東京都府中市、国分寺は今の東京都国分寺市におかれた。

なるほど、ここが古代武蔵國の中心だったのか~。その外れの外れギリギリの
ところが我が町なんだなあ、古代も江戸時代も我が町はずっと端っこだったんだ
なあと、位置関係に思いをはせて感慨にふける私だった。

Nec_0150s
(武蔵国国府跡。国府は大化改新のあと造られた)

近くの資料館に入ると2階が図書館になっていた。そこで休憩をかね新聞閲覧
などして1時間ほど過ごした。来る時は八王子から京王線で直行したが、帰りは
JR府中本町駅からが近いし交通の便もいいので、そちらから乗ることにする。
その前にウォーキングマップに載っていた「サントリービール工場」に立ち寄ろうと
いうことになった。

工場の受付に行くと「最終の案内ツアーが16:00で、たった今出たばかり」との
こと。ちゃんと調べないで、思いつきで行動してしまう弊害が出てしまったな。
「図書館で時間をつぶさなきゃよかった」と妹は文句を言う。わかっていればね。
まあ残念だけど仕方ないわ。

ツアーに参加した人は駅までシャトルバスで送ってくれるようだが、私達は歩き
疲れて重い足を引きずってトボトボ駅に向った。

Nec_0155s

鉄道線路をはさんでビール工場の向いあたりに東京競馬場がある。
そこから府中本町駅まで空中回廊のようにチューブ型の通路が延びている。
日曜日で競馬が開催されたので、回廊は人波が途切れることなく続いていた。
こんな所を歩く機会はそうそうないので、わざわざ線路を渡って、チューブの
中に入った。GW最中なので、小さい子供連れで競馬に来ている人も多かった。

2012/04/28

GWスタート

買い物がてらぶらぶらと出かけた。

Nec_0135s

駅前の公園では、何故かわからないが「ハワイアン」やっていた。すみだ祭りの一環らしいけど、関連性はよくわからん。お天気だけはハワイなみだったけど。

Nec_0136s

沢山のグループが参加しているようで、出番待ちの人達はお稽古に余念がない。

rps20120428_153936.jpg

遠目には年齢不詳だけど近づくと間違いなく高齢者のダンサーも。皆さん生き生きして、踊っている人達が一番楽しそうだった。

Nec_0138s

rps20120428_154735_798.jpg

リニューアルオープンしたショッピングモールを見学してから、コーヒ-ショップでひとやすみ中。




2012/04/22

六本木でアートと散策

今日は久しぶりに六本木に行ってきた。
「東京ミッドタウン」の「富士フィルムフォトサロン」で開催されている
「佐藤信太郎」の写真展を見るのが目的だ。

「林忠彦賞」を受賞したということで、週刊誌のグラビアに作品の一部が載って
いた。被写体が私にとっては馴染みのある地域なので、ちょっと心ひかれた。

墨田区京島とスカイツリーを組み合わせた写真、何か現実ではないような不思議な
雰囲気が漂っていた。京島のバラックの存在感は、スカイツリーに負けていない。
でも住民は、いくら自宅をクローズアップで撮ってもらっても嬉しくないかもね。

S

「東京ミッドタウン」は開業5周年の垂れ幕が下がっていた。だいぶ前からある
ような気がしたけど、まだそんなもん?

S_2

その記念なのか館内で「フラワーアート展」をやっていて、華やかな受賞作品を
いちいち見て歩いていたら、けっこういい運動になった。

S_3

S_4

東京ミッドタウンは長州藩毛利家下屋敷の跡地に建てられた。下屋敷と言っても
藩主が頻繁にきて公務にあたったというから、豪華なものだったようだ。

S_5
(お屋敷の庭園の一部が芝生ガーデンになっている)

近くの六本木ヒルズにも「毛利庭園」というのがあるから、この辺り一帯が
毛利家のお屋敷だったのだろう。豪勢なもんだね。

S_6

六本木交差点から溜池方面に行く通りは坂道になっている。
最近ちょっと坂道に関心があるので、一駅歩くことにした。

S_7

途中にこんな脇道もあった。(寄席坂)

S_8

坂道を下りた辺りに地下鉄南北線「六本木一丁目駅」がある。
この駅は、崖にそって建てられた「泉ガーデン」という再開発ビルのいちばん底に
あたり、いくつものエスカレーターを乗りついで上に行くと、美術館や大使館、ホテル
などがあるハイクラスな地域に出る。
(だいぶ前にこの辺の美術館巡りをブログに書いたことがある)

S_9

ところで、話はまったく違うが、3.11大地震の時の泉ガーデンタワーの様子が
YouTubeにアップされていた。不気味な音が続いている。

こういう超高層ビルは、何が起きるかわからない未知の怖さがある。
この地震の2年くらい前には六本木ヒルズに通っていたので、映像を見てぞっと
した。地に足がついていないところはイヤだな。スカイツリーも見ているのが
イチバンだわ。


2012/04/18

病院のついでに散策

昨日左目が出血してビックリ、すぐ病院に電話を入れたがその日は予約でいっぱい
とのこと。信頼できる病院にしたかったので、1日待って今日診察を受けに行って
きた。

病名は「結膜下出血」、出血で赤くなっている所は2~3週間で元に戻るので、
心配はいらないとのこと。ひとまず安心した。

病院はお茶の水にある。久しぶりに来たので、近所を少し散策することにした。

S

病院が入っているビルのすぐ裏手にあるのが「ニコライ堂」だ。
中に入ろうとしたらすかさず女性が出てきて「300円払ってください」と声を
かけてきた。300円払ったら小さいパンフとろうそく1本手渡された。

堂内は狭い。まあイタリアの教会のようなわけにはいかないわね。

お茶の水駅の脇にある「聖橋」を渡ると「湯島聖堂」がある。

S_2
(湯島聖堂の塀。このまま進むと秋葉原に行く)

だいぶ昔のことになるが、ここで中国語を習っていた。今は中国語コースはない
ようだが、いろんな講座が開かれているので、見るだけでもと「受講案内パンフ」
を貰ってきた。

S_3

門をくぐると、奥の裏やぶのような場所に孔子像が立っている。
ついこの間北京で見てきた孔子廟に比べると、気の毒なくらい狭いスペースだ。
でもここは、ときどき営業マンらしき人が休憩しているだけで、都会のど真ん中
とは思えないほどヒッソリしているから、思索にふけるには良い場所かも。

S_4

孔子像の手前には「かいの木」が植えられている。
(楷書の語源ともなった「楷樹」については、湯島聖堂のHPをご覧下さい)

S_5

階段を上がると「大成殿」がある。黒ずくめの重々しい建物は、学問の府らしい
威厳がある。しばし眺めてから、次はすぐ近くにある「神田明神」に向った。

S_6

初詣の時にはビジネスマン達で大賑わいになる神田明神だが、平日のこの日は
さすがに参拝客も少なかった。甘酒が名物だけど、コーヒーショップでドーナツを
食べたばかりなので、今回は飲まなかった。

S_7

神田明神脇の急勾配の「男坂」を見下ろす。いつもお茶の水方面から来たので、
神田明神がこんな高台にあるとは思わなかった。そうすると秋葉原はずいぶん
低地あるってことね。

2012/04/14

観光パンフ

図書館から予約していた本が届いたとメールが来たので、風雨強いなか歩いて
行ってきた。あいにくのお天気だったけど、まあ読書日和とも言えるわね。

メールでは「貧乏旅行記」(つげ義春)だけだったが、もう一冊かなり前に予約
した「神様のラーメン」(多紀ヒカル)も渡された。

駅前のファストフード店でコーヒーを飲みながら、両方の最初の部分だけ読んで
みて、おおよその印象をとらえる。

つげ義春は著名な漫画家なので知っている人は多いだろうが、多紀ヒカルの名は
ほとんどの人が知らないのではないか。
この人はモーレツサラリーマンとして人生を過ごしてきた人で、67歳で退職後
若い頃から憧れていた小説家になった。

会社員時代、月に一度海外出張していたという著者は、その体験をいかしハチャ
メチャ短編小説を書いた。「世の中面白くてたまらない」という73歳の新人作家、
その存在自体が興味津々だわ。

ちょっと読んだだけだけど、二人の全く異なる気質がそのまま作品になっている。
つげ義春は「昭和かれすすき」の世界、多紀ヒカルは高度成長期を乗り切って
きた元気な高齢者ってとこ。もっともこの二人は同じ年代なのだ。つげ義春の
ほうが1歳上のようだけど。書かれた時代の違いも大きいかな。

ところで、図書館でいつものように新聞に目を通していたら、うららさんのブログ
にあった金峯山寺の「うましうるわし奈良」キャンペーン全面広告が目に入って
きた。

広告もこれだけ大きいとインパクト強い。写真や映像はストレートに感性に
訴えてくるから、見ているだけでウキウキ旅している気分になれる。

S

駅にはお金と工夫をつぎ込んだ観光パンフがドッサリ置いてあるので、あれこれ
貰ってきて眺め、あちらも、こちらもいいな~と日本全国想像の旅をしている。
情報だけは確実に増えるわwink

やはり今日読んだ新聞に「全国自治体観光パンフ30傑」という記事が載って
いた。東京駅近くの「ふるさと情報コーナー」においてある2600種類のパンフが
どれくらい持ち帰られたか調べたもの。

1位神戸「KOBE de 清盛 2012」、2位金沢市観光マップ、3位さっぽろ観光
マップ、4位に台東区が入っている。あら墨田区はどうなっているのと記事を
読んだら、どうやらパンフ自体置かれていないようだ。こういうところで観光
慣れしている台東区に遅れをとっちゃうんだよね。

それでも、今まで観光とは縁が薄かった下町の地味な区も、東京スカイツリーに
やってくる観光客を何とか取り込もうと頑張りはじめた。

Photo

地元の錦糸町駅にも「プチお散歩MAP」が置かれているし、キレイな写真と
地図入りのフリークーポンつき冊子などはガイドブックより詳しいくらい。でも
せっかく作っても観光客の目にとまらなかったらムダになってしまうから、もっと
活用方法を考えて欲しいものだ。

そんな数あるパンフの中でも、私いちばんの「お気に入り」は、「下町6区」が
共同で作った「スカイツリー下町6区巡り、おさんぽ案内帖」(100円)だ。

Photo_2

とかくお隣同士は仲が悪いと言われるけれど、利益が一致すれば手を組むのだ。
参加しているのは「台東」「墨田」「江東」「足立」「葛飾」「江戸川」の六つの
区。それぞれの区の見どころや名物を地図&写真つきで紹介していて、ウォーキ
ングのお供にもってこい。

それぞれの区がとても近いということも再確認した。墨田区に隣接している
台東区(浅草)、江東区(亀戸)、江戸川区(西葛西)、足立区(北千住)、
葛飾区(柴又)など、行ったことのある街も多い。

ところで私が疑問に思ったのは、この中に荒川区が入っていないことだ。
なぜ?発案者が荒川区を除外するとは思えないので、荒川区のほうから辞退したん
でしょうね。でもどうしてかなあ?

参考資料で23区のマップを載せました。東京在住でも各区の位置関係はよく
分かりませんからね。

23

2012/04/10

お花見

桜の花びらが地面を敷き詰めるほどになったけれど、今日の夜はわりと暖かかった
ので、近くの公園ではどこかの会社のグループがお花見宴会をやっていた。

2s

桜の木の数が少ないので、宴会するグループもせいぜい1組か2組。夜桜見物に
付きもののボンボリなんかも、もちろんない。
何の変哲もない普通の公園だものね。でも手づくり感があって楽しそうだ。

S_2

錦糸町界隈にもお花見宴会場が何ヶ所かあって、駅前の「錦糸公園」では、花より
だんごとばかりにドンチャン騒ぎが繰り広げられる。これはこれで、日本の春の
風物詩にようなものだからいいと思うけど、人のいない街角の公園で見事に咲いて
いる桜を眺めるのも、贅沢なひとときだ。

このあいだの日曜日、街角の公園で見た桜は白い花をつけていた。
これは「オオシマザクラ」かしら?

S
(向こう側の桜はソメイヨシノだろうけど)

2012/04/09

スカイツリー試験点灯

今日帰宅途中、スカイツリーがイルミネーションのテストをしていた。
ほんの一部だけのようだが、なかなかキレイ。

S

急いでスマホを取り出しシャッターを押したが、ずい分ボケてしまった。
口惜しいなあ。スマホカメラの機能をもっと研究しなくちゃ‥‥(-_-;)

ところでツリーの下の青い光は、JR総武線ガード下の青色防犯灯。

S_2

この写真(↑)はだいぶ前にデジカメで写したもの。夜でも鮮明に映っている。
近いせいもあるけど、スカイツリーより鮮やかだ。

今度はデジカメで写してみようかな。

2012/04/07

さくらの季節

我家近くの小さい公園の桜も満開になり、通り過ぎる人々も足をとめてケータイや
スマホのカメラを向けている。

S
「こぼれるように咲く」という形容がぴったり。

今日は「うららさんのブログ」にあった「ヒマラヤザクラ」を見に東京駅まで
行った。丸の内口のすぐ前にある「OAZO」のところに植えられていると、
インターネットに載っていたからだ。「OAZO」は地下街ウォーキングのとき
最も頻繁に立ち寄るビルなのだが、めったに地上に出ないものだから、まだ一度も
「ヒマラヤザクラ」が咲いているのを見たことがない。情けない話‥‥。

S_2
(手前の枯れた木がヒマラヤザクラ)

10月から11月にかけて花が咲く「ヒマラヤザクラ」なので、今はこんな寂しい
姿だった。地面に埋められた説明プレートがなかったら、どの木がそれなのか
分からなかったわ。「二酸化炭素を吸収するので環境に良い」と書かれてあった。

S_3

もう1本「ヒマラヤザクラ」があって、そちらは緑の葉がいきいきと力強かった。
何だか同じ木に見えないけど、葉が落ちたほうは養生中なのかな。

S_4

東京駅は改築工事がだいぶ進んで、シートのかげから赤レンガの駅舎が姿を見せて
いた。大正時代の創建時を復元した建物になるのだとか。天井のぺらぺらの銅板が
安っぽい(^^;)感じだが、あえて金ピカのままで時間がたつのを待つのだという。

S_5

冬の桜といえば、私がよく行く図書館の入口にも冬の間ずっと咲いている
桜の木がある。この白い可憐な花は息が長いのだ。もう何ヶ月も咲いている。
不思議に思ってインターネットで調べたら、冬と春の2回咲くのだそうだ。でも
いつ見ても咲いているような気がしたけど。

S_6

そのすぐ前の公園ではソメイヨシノの花が咲き始めていた。(1週間前)

2012/04/03

観光は路線バスで

今日は日本列島を暴風雨が走りまわった。朝からテレビで警戒を呼びかけていた
おかげで、仕事はお昼で終わりとなり、電車が動いているうちに無事帰宅する
ことができたけど。

東日本大震災、そのあとの台風などで、多くの帰宅難民が出た経験から、今日は
従業員を早い時間に帰宅させた会社が多かったようだ。

ところで昨日は墨田区内循環バスのことを書いたが、コミュニティバスだけで
なく都営バスもいろいろ工夫しているようだ。

Nec_0253s

錦糸町駅前のバスターミナルで「東京夢の下町バス」というのを見た。

(観光路線バス「東京→夢の下町」は、都内の観光名所を結ぶ便利な路線バス)
とHPに紹介されている。

外国からのお客さんや東京は初めてという人を案内するのに使えそうだ。

バスは路線も複雑だし時間もかかりそうで、つい敬遠してしまう。私なんか普段
バスに乗らないので、何だか面倒臭く感じてしまう。

でも休日の過ごし方として、ノンビリするにはもってこいかも知れない。

「東京都交通局」のサイトには「東京スカイツリー見学に便利なバス路線マップ」
のPDFが載っている。

同じサイトの「エリア別路線図」というのも面白そうだ。GWに、これをもとに
して都内観光でもしようかな。1日券を買って、行先はバス任せという旅もいい
かも知れない。(←ローマで便利な1日券に味を占めてしまった私)

Nec_0277s
(これも錦糸町駅で見たバス。普通の路線バスのようだ)

2012/04/01

スカイツリー循環バスに乗ってみた

今日は良いお天気になったので、ものは試しとさっそく区内循環バスに乗って
みた。でも「江戸紫」のバスは、錦糸町から逆方向をぐるぐる巡ってスカイツリーに
行く遠回りコースなので、行きは押上に隣接する京島まで歩き、バスは帰りに
乗ることにした。

Nec_0259s

北十間川もすっかり整備された。きれいに整いすぎて何だか味気ない。

Nec_0263s

京島は戦災をまぬがれたために古い民家が残っている町で、大地震が起きたら
火災が心配されている地域だ。ちょっと歩いただけで、スカイツリーの賑わいが
ウソのように活気がない町並みになる。

Nec_0270s

最近ガイドブックに取り上げられることが多い「キラキラ橘商店街」も歩いて
みたが、日曜日だったこともあって閉まっているお店が多く、人通りもなかった。
食堂でお昼を食べたが、お店の人もお客さんもお年寄りで「お客さんが来ないね」
なんて話をしていた。

Nec_0268s
(桜もまだまだ)

スカイツリーが出来るまでは、押上もまさにそんな町だった。
「今どきこんな昭和レトロな町があるんだな~」とビックリしたものだが、今は
スカイツリー効果で様変わりしている。でもその効果はすぐお隣の京島までは
及んでいないようだ。

Nec_0271s
(昔、給食で食べたコッペパン)

Nec_0269s

この町を歩いていると古い看板が目に付き、何だか貴重な感じがしてついカメラを
向けてしまう。映画のセットじゃなくホンモノだものね。

Nec_0273s
(ぶちっく‥‥)

Nec_0274s

帰りは京島から巡回バス「すみまるくん」に乗り、運転手に「押上で乗り換えて
錦糸町まで行きたい」と言ったら「乗換券」をくれた。

押上に着いて錦糸町方面行きのバスを待つが、いつまでたっても「江戸紫」は
来ない。15分間隔で走っているはずなのに、30分たってもまだ来ない。他の
ルートのバスは何台も来るのに。

せっかく無料の乗車券をもらったんだからと辛抱強く待って、やっと乗ることが
できたが、間違いなく歩いたほうが早かった。しかもそのバスは満員で積み残しが
出るありさま。

Nec_0276s

この「江戸紫ルート」は、他の二つのルートがもっぱら区民利用なのに対して、
区民以外の利用者が多い。主な交通機関にリンクしているので、とくに休日は
多いだろう。

きちんとコートを着込んだ高齢の男性が、バス最後尾の席で地図を広げルートや
停留所をチェックしていた。悠々と景色を眺めていて、バスから降りる気配がない。
お年寄りにとっては、格好の時間つぶしかも。

錦糸町はいつにも増して人が多かった。浅草ほどじゃないけれど、こんなに混雑
していたんでは、あんまり人に勧められないなあ。早くも自信をなくしてしまう
私だった。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »