無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 寒いローマで(3)美術館がいちばん | トップページ | 寒いローマで(5)街歩き »

2012/03/18

寒いローマで(4)教会めぐり

あさいちばんで「トラステベレ」に行った。
トラステベレは、ローマ中心部から少し離れたテベレ川対岸にあり、下町の雰囲気
漂う地域だ。いつもテルミニ近くに泊まる私なので、行きたいと思いつつ、つい
行きそびれてしまう地域でもある。

S

でも今回は寒くて長時間の街歩きができなかったので、バスの車窓ごしに市内
見学しながらトラステベレまで行くことにしたのだ。

S_6

トラステベレ地区は夕方から夜にかけて賑わうので、午前中は観光客の姿も住民の
姿もあまり見かけない。
観光客や移民でざわついているテルミニ周辺と違って、ここは昔ながらのローマが
残っているような気がする。

S_7

トラステベレでは安くて美味しいお料理を食べるのがいちばんだ。
昔から美味しいピッツェリアが多い地域だった。
体調の良いときに来て、ランチをお腹いっぱい食べたかったな~。

バス停から徒歩5分ほどの場所に「サンタマリア・イン・トラステベレ教会」が
ある。この辺りではいちばんの観光名所だ。

S_2

この教会はローマで最初の教会堂だが12世紀に建て直された。
どこの教会もそうだが、堂内には太い花崗岩の円柱が林立している。よく見ると、
この柱の太さやデザインが違っている。同じ建築家がわざわざ違う設計したとは
思えない。統一感がないからだ。

じつはこれらの柱は、他の遺跡から持ってきた、いわばリサイクルされたもの。
ルネサンス以前の人々にとって古代遺跡は資材置き場のようなもので、それらを
再利用することに何の抵抗もなかったらしい。

S_3

教会前の小さな広場をはさんだ向い側に有名レストラン「サバティーニ」がある。
1回か2回食事したことがある。もちろん勤め先の支払で。

大寒波に見舞われたローマの街歩きは体力を消耗する。東京でも北京でも手袋を
しなかったのに、ローマでは手袋が手放せなかった。寒さに耐えかねると近くの
教会に飛び込んで、お祈りする椅子にすわってひと休みした。

もちろん寒さしのぎに入った教会ばかりじゃない。カラヴァッジョの絵画がある
教会など目的があって行った教会もある。タダで名画を見せていただくのは申し訳
ないので、寄付のつもりで絵葉書を買ったりした。

そのなかのひとつ「サンタ・マリア・デル・ポポロ教会」は、私が行くといつも
閉まっていた。どうやら開いている時間が決まっているようなので、午前中早めの
時間帯に行ってやっと入ることができた。

ところが祭壇すぐ脇の礼拝堂にかけられているはずのカラヴァッジョの絵がない。
絵が掲げられていた壁にはむきだしの板と「モスクワのプーシキン美術館に貸出
中」というメモ書きがあるだけだった。

三回も来てやっと入ることが出来たというのにガッカリだわ。
それにしてもカラヴァッジョは貸し出されることが多い。礼拝堂の壁から剥がして
貸出すなんて、教会は相当のお金を積まれたのかしら。

S_8
(サンタ・マリア・マジョーレ教会)

S_4
(多分、サンタ・マリア・マジョーレ教会。天井画を鏡に映している)

S_5

教会とひとくちに言っても建築様式はさまざまだ。

« 寒いローマで(3)美術館がいちばん | トップページ | 寒いローマで(5)街歩き »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

石畳も年季がはいっているのが見て取れますね。
日本のコンクリートと違って長持ちしそうですけど、メンテナンスはどうしてるのでしょう。
上下水道やガス工事で掘り返すこともないのでしょうね。

天井画を鏡に写しているとはアイデアですね。
日本のお寺も仏像を博物館とかに保管してもらって管理料払うどころか貸し出し代金もらっているのでしょう?

遺跡の使いまわしは、日本の古代の宮殿でもあったようですよ。
大きな太い柱はそのまま次の宮殿作りに使ったようで、大阪歴史博物館でその説明を受けました。

せっかく入れたのにカラヴァッジョがないなんて残念でしたね。私が行ったときはありました。
ローマの教会は何かしら修復していたりとすんなりと入ってみたいものを見られるとは限りませんが、これはまた来いということですのでぜひまた行ってみてください。

うららさん、確かに日本のお寺も国宝の仏像などをよく貸出しますね。東京国立博物館でもよく展覧会をやっていて、入場者の記録を作ったりしています。
それに日本の有名神社仏閣は拝観料が高いし、無名のところは中に入れないし‥‥。そう考えると、だれでも無料で教会に入ることができるローマのほうがいいかなcoldsweats01

ローマの遺跡等のメンテナンスはいろいろ問題ありそうですよ。
ローマ市内は、自分の持ち家でも届けを出さないと修理もできないほど規制されているんですが、あまりにも古い建造物がありすぎて、それにコロッセオやパンテオンなどは大物すぎて、なかなか手が出せないんでしょうね。

何かで読んだんですが、ローマの下水道がごみだらけなので掃除しようということになって、前にいつ掃除したか調べたら1000年くらい(←正確な数字は忘れました)前のことだった。1000年もしなかったんだから、何も今しなくてもいいじゃないかということで、結局掃除はしなかったとか。

呆れるのを通り越して笑っちゃいますわ。

HANAさん、寒くて体調が悪いなか足を運んだのにカラヴァッジョを見られなくて残念でした。今回は旅の目的が何一つ実現できませんでしたわ。また来なくちゃ。

でも代わりに現代美術館に行けたからヨシとします。こんな機会でもないと、現代美術館には来なかったでしょう。ローマでは過去にばかり目が行きますが、現代イタリア人の色彩感覚や斬新なデザイン感覚は、もうひとつの魅力ですものね。

ともあれ、この次は、ボルゲーゼをゆったり散歩できる季節に行きたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒いローマで(3)美術館がいちばん | トップページ | 寒いローマで(5)街歩き »