無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« エアチャイナで北京からローマへ | トップページ | 寒いローマで(2)現代美術館 »

2012/02/29

寒いローマで(1)

旅の基本要件は移動のアシと泊まるところだ。
ホテルはいつもネットで探すが、移動に便利なテルミニ周辺になることが多い。

今回は「鉄道or地下鉄&バス」で郊外のエトルリアの遺跡を行く予定だったし、
ナポリにも行きたいと思っていたので、テルミニに近いことがホテル探しの必須
条件だった。

けっきょく、寒くて暗い夕方にホテル探しをするのは負担なので、前回泊まった
ホテルにした。「YesHotel」5泊340ユーロ(朝食つき、税・サービス料込み)
BOOKING.COMで予約。

S

荷物置き場もない狭い部屋だが、サニタリーは真新しく清潔で、ベッドも広めの
セミダブル。ホテル代が高いローマなので、これで満足しなくちゃね。
エアコン、空のミニ冷蔵庫、金庫つき。いちおう三ツ星。

S_2
(金庫の説明が9ヶ国語で書いてある。右下が日本語。アラビア語(?)もある)

遠出をするつもりでテルミニ近くのホテルにしたのだが、1日目から体調は最悪で
ナポリ行きはすぐ諦めた。ローマは雪が降っていたし、天気予報ではナポリも
かなり寒そうなのだ。とても観光に行けるような状況ではなかった。

3日目か4日目にお天気が良くなって、私の体調も回復したら、エトルリア遺跡
には行けるかもしれない。それを期待して、2日目はとくに目的を立てず、雪の
ローマを歩いてみることにした。

4s
(人影少ないスペイン階段)

S_3

観光客たち(右隅)が身を乗り出してフォロ・ロマーノを見下ろしていた。

こんなとき便利なのが「ワンデーチケット(1日券)」(4ユーロ)だ。
地下鉄、バス、路面電車が1日中乗り放題なので、街歩きしをして寒さに耐え
られなくなったら、バスに飛び乗りローマ市内をぼんやり眺めていられる。

S_4

Presepios

まだPresepio飾っている教会があった。

S_5

テベレ川にかかる橋をムリして渡って、体調がますますヒドクなってしまった。
これ以上うろついたら必ず寝込むと思ったので、やってきたバスに乗り、見覚えの
あるピラミッドで地下鉄に乗換えてテルミニに戻った。どこからでも1~2回の
乗換でテルミニに戻ることができる。やっぱり便利だ。

Nec_0113s
(ピンボケ写真)

テルミニのスーパーマーケットで地元のワイン「エスト!エスト!エスト!」を
買い、ピザとお惣菜も買ってホテルで食べた。でもせっかく買ったワインが飲め
たのはこの晩だけ。日ごとに食欲がなくなって、ワインも飲む気がしなくなった。

« エアチャイナで北京からローマへ | トップページ | 寒いローマで(2)現代美術館 »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

喉もと過ぎれば記憶は忘却のかなたで、たいていのことは忘れてしまうタチですが、この記事読んで思い出しました。
南イタリアとシチリア島廻った時、もちろんツアーですけど、高熱で数日寝込んだあとすぐの出発でした。
空港の検査でひっかかるかと心配してたのが無事通過できたのですが、行きの飛行機からしんどかった。
旅の間は回復期で、ゆったりとした南イタリアの景色に癒されました。
バスの中も常にウトウトしてたし、ホテルに到着すれば先にお風呂使わせてもらって、連れが済ませたときにはすでにバク睡してたそうです。
スペインのサンチャゴコンポステーラからポルトガルへ廻ったときも、熱を出すは歯は痛いわで最悪でした。

ツアーならともかく、お一人で乗り切られた体験談、やっぱりすごいです。

ろうまさん、こんにちは。
秋に比較的長期に旅行していたときには、旅行中必ず一回は風邪をひいたものですが、夏にシフトして少し短くなってからはそれがなくなりました。
体調を崩すのが一番つらいですよね。寒さも辛い。
風邪ではないけれど、去年の夏の旅行で帰国日に腰が動かなくなったときのことを思い出しました。
一人だと自分が動かなくてはどうしようもないから、本当に冷や汗をかいたものです。
無事に乗り越えた後では、笑い話?になるのですが。
帰国後しばらく調子が悪かったようですが、もう回復されたのでしょうか。
このあとの旅行記を楽しみにしています。

体調不良の原因は北京で貰ったウイルスだったのでしょうか。
でも調子が悪くなったのが慣れたローマだったのが良かったのか悪かったのか。
全然知らない都市だったら調子が悪い時に動きまわったら隙だらけでスリなどに狙われちゃいますし、歩きまわる余裕が無いでしょう。勝手知ったローマだったから動いてしまって回復が遅れたのかもしれませんね。

でも計画していなかったところをぶらつくのも個人旅行の良いところですね。団体だったら無理やり参加するか離団するしかないですものね。

テルベ川にかかる石畳の橋、テルミニのスーパーなどすぐに思い出せるところです。次を楽しみにしてます。

うららさんも旅先で具合が悪くなったことがあったんですね。

気管支が弱いと気候の変化を受けやすいような気がします。いちど体調を崩すと、夜中に咳が止まらず、汗をかいて、よく眠れなくなります。眠らないと病気は治りません。
うららさんはホテルで爆睡できたようですから、気持がしっかりしていて回復も早かったんでしょう。

南イタリアやスペイン・ポルトガルは、気候がよくて食べ物も美味しいところですから、ここで寝込んじゃったら悲劇ですわ。意地でも治ってやるという気になりますよね(^o^)
サンチャゴデコンポステーラ、行ったことはないですが、話にはよく聞きます。そこで具合が悪くなるなんて、まるで「苦難の巡礼」でしたね。

まみさんの旅はいつも長期間なので、体調を崩すこともあったでしょう。長年旅をしていると、「帰国便には乗れないだろう」と覚悟する事態も何回かはありますよね。

寝込んだり、スリに貴重品を盗られたりといったトラブルは、帰国後は引きずらないようにしています。でもその物忘れの早さが、また次のトラブルを呼んでしまうんですけど。

私は若いころ頭痛持ちで、すぐ寝込んだりしていたんですが、中年になるにつれて丈夫になってきたんです。それを過信してしまって、今回は痛い目にあいました。もっとユックリ旅すればいいんでしょうが、じっとしていられない性分なので、ついつい歩き回ってしまうんです。旅のスタイルを考え直さないと‥‥。

まあでも今年の冬は特別だったんですよ。ヨーロッパとくに東欧では多くの人が凍死したと聞きました。

HANAさん、じつは北京ですでに体の具合がおかしかったんです。
北京は好天だったので、その日差しにだまされちゃった気がします。

それと大気汚染がひどかったんじゃないかしら。中国の大都会は超微粒子の汚染物質が基準をはるかに超えていると聞きました。気管支が弱い人はテキメンにやられてしまいますわ。ときどき旅をするのならいいけれど、長期滞在したくはないです>中国
ビジネスで行く人は、そんなこと言っていられないでしょうが。

たしかに、ローマだったから、体調を考えずに歩いてしまったということはあります。初めての街だったら、ムリできませんからねぇ。

旅の計画はひとつも実行できませんでしたが、(せめてチヴィタベッキョに行って支倉常長だか伊達政宗だかの銅像を見てきたかった)その代わりと言っちゃナンですが、予定に無かったところで時間をつぶしてきました(^_^;)

フォロロマーノ、雪がかぶって寒そうですけど、こういうローマは哀愁が漂っていいですねえ。

ろうまさんがブログを出したこの日は、東京が真っ白でしたね、そちらのほうは大丈夫でしたでしょうか。練馬は10センチは積もったと思いますが、昨日のお昼にはもうほとんど支障がないほどになりました。

ヨーロッパも寒い冬になったようですが、そんな中を体調すぐれず過ごされることになったとは、大変でしたね。写真だけを拝見していたら、順調に旅していらしたような感じがするので、知った街で無理されたんですね。でも、一番観光客が少なそうな2月のローマ、あたしも行ってみたいな。ローマは8月に行って(行きかえりに寄ってというほうが正しい滞在ばかりですし)げっそりして過ごしたことしかないんだもんなあ。

ふみさん、雪を被ったフォロロマーノは滅多にない光景ではありますが、見ているぶんには美しくてもそれが一筋縄ではいかないってことを、雪国出身のふみさんは(私もですが)百も承知ですわね。

26年ぶりの積雪になったローマも、あらためて雪の面倒を認識したようです。お天気になっても、思わぬところから雪や水が降ってきて歩道を歩くことが出来ず、大通りのコルソなど歩行者天国になっていました。石造りの街なので、凍結すると怖いし。

私が帰国する日は前日から「雪」の予報が出ていたので、金曜日なのに学校もお役所もみんなお休み。ほとんどの美術館、博物館が閉まってしまい、観光客が気の毒でした。ミュージアムくらいは開けられるだろうに‥‥。

2月のローマは本来なら旅にふさわしいんですよ。現に私の滞在期間前後はポカポカ陽気だったんです。8月より過ごしやすいでしょう。子育ても一段落したんですから、ぜひ行ってみてください。

旅先では体調を崩すのが何より辛いですよね。体調崩して、薬飲み過ぎて何も食べらなくなった辛い思い出があります。食べると吐いてしまうという。食べられることが何より健康の証だなあと思いました。

でも、ナポリは健康な時でも日帰りはきついですよね。また、ゆっくりナポリを訪ねて下さい。雪のローマも貴重じゃないですか?イタリアって寒くても雪は少ないんですよね。

ユーロが安くなっていて恩恵いっぱいあったんじゃないでしょうか?ホテル代を拝見した時に、私が前回行った時は170円だったので、ふと、今のレートと比較してそんなことを感じてしまいまた。

アトムズさん、やっぱり旅好きの皆さんは、どなたも具合が悪くなった経験があるんですね。生身の人間ですもの、そりゃありますよね。年齢とともに基礎体力が落ちるし、抵抗力も落ちるので、いつも自分自身に「ムリしない、ムリしない」と言い聞かせておかなくちゃなりませんわ。

イタリアはあまり雪が降らないと思っていたんですが、今年は特別だったようです。毎日テレビで雪に閉ざされた地方の映像を流していて、「あれ、これ日本かしら?」とつい錯覚しそうでした。

お天気には恵まれなかった今回の旅ですが、為替的には恵まれました。もうカードの清算表がきたんですが、ユーロのレートは101円くらいです。これが170円だったらと思うとゾッとしますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアチャイナで北京からローマへ | トップページ | 寒いローマで(2)現代美術館 »