無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« スマホから再トライ | トップページ | 広島から岡山へ列車旅 »

2012/01/14

広島

JALのマイレージキャンペーンを利用して、広島~岡山2泊3日の駆け足旅行を
してきた。往復とも広島だったら宮島や呉にも行けたのだが、夕方便がとれた岡山
から帰ることにしたので、広島は原爆ドームと平和記念資料館だけになった。

S_2

行くときは、羽田空港でお昼を食べようと早めに着いたおかげで、空いていた
早い便に乗ることができた。JR新幹線口徒歩5分くらいにあるホテルにチェック
インして、すぐコトコト路面電車で原爆ドームに行ってみた。

S

初めての広島は想像以上に立派な国際都市という印象を受けた。
正直、原爆ドームが小さく感じた。中心部に何でも揃っていて、東京よりずっと
暮らしやすそうだ。

でも整然とした街並みを見ていると、原爆ですっかり焼け野原になったから、
こんなにキッチリ都市計画ができたのかと複雑な気持にもなってしまう。

S_3

翌朝、広島平和記念資料館に直行した。8時半から開館ということでしばらく
公園内をぶらぶら歩く。いろんな記念碑があるのは普通の公園と違うところ。

朝一番のミュージアムというと入館者が誰もいないなんてことがあるが、さすがに
この資料館はオープン早々にかなりの人が入ってきた。

S_4

ここに陳列されている品々や資料はまさに歴史の証拠品だ。人間は忘れっぽい
から、時々このような証拠品を目の当たりにして、原爆や戦争の恐ろしさを思い
出さなくちゃならない。それがこの資料館の意義だと思う。

S_5

原爆投下目標都市に「新潟」もあったなんて知らなかった。

S_7

それにしても、原爆投下のわずか3日後にはもう電車を運転していたとは。

阪神淡路大震災、東日本大震災など次々と日本列島を襲う大災害にもくじけず、
社会をまもっていく日本人の勤勉さを再確認した思いだ。

広島では「あなごめし弁当」と「もみじまんじゅう」と「三次ワイン」のハーフ
ボトルを買って部屋で食べた。どれも地元のもので美味しかった。
「お好み焼き」も食べたかったけれど、一人じゃちょっと食べきれない気がした。
妹が「私も行きたかった」と言うので、今度は宮島と平清盛に的を絞って再訪
しようと思う。お好み焼きはその時までとっておくわ。

« スマホから再トライ | トップページ | 広島から岡山へ列車旅 »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

原爆記念館は、爆撃を受けた当時の現物を展示してある昔からの資料館と、新しくデジタルデータなどが展示されてる新館とが繋がってましたでしょう。
その通路を渡ったとたん、空気が変わった気がしませんでしたか。
旧館のいろんな現物はとても生々しくて、悲痛な思いがこもっているようで見学者にも恐怖や残念な思いが伝わってきます。
鹿児島知覧にある特攻隊の記念館も悲痛な思いがひしひしと伝わりますね。

うららさん、資料館の展示室では言葉にあらわせない重い雰囲気を感じました。アウシュビッツでも、とても現実にあったとは信じられない恐ろしさを感じましたが、人間はその時々の状況や価値観に左右されますから、誰もが無関係ではないですね。人類の歴史は戦争の歴史でもありますから、未来もどうなるか分かりませんわ。

遺品などとともに、生き残った人たちが描いた絵や文も、大きなインパクトがありました。「東京大空襲」の被災者が描いた絵でも思ったのですが、深く刻まれた記憶をそのまま表現しているので、その悲惨さがストレートに心に届きました。

初広島はいろいろと感じるものがありますね。

私が初めて広島に行ったのは小学校2年生の時でした。当時原爆ドームのそばに行ったのですが、修復中だったのを子供心に覚えています。資料館に行ったのはその時だったのか、よく覚えていないのですがおお弁当箱ぐらいしか覚えていないのです。最近行ったときのほうが衝撃が大きいのはそれだけいろいろ理解できるようになっていたからでしょうか。

長崎と広島が選ばれたのは天候なんでしょうけど、戦争が長引けば、小倉、新潟と続いて落とされたのかもしれませんね。

今の広島を見ると原爆の落とされた街だとわからないぐらいです。100年は木も生えないといわれたのに、今はこんなに美しい街に変わってしまってます。たくさんの人が被ばくしていますが大丈夫だった人も多い。今原発で揺れている福島も東北地方も希望を持ってほしいと思います。

HANAさん、広島の原爆資料館は「負の遺産」として後世まで伝え続けなければなりませんね。沖縄にも東京にも世界各地にも、そういう「負の遺産」は残されていますが、だんだん風化していくのではないかと心配です。気がついた時には、個人の力ではどうにもならなくなる、それが戦争の怖さだと思います。

それにしても今の広島は、大都会なのにゴミゴミしていなくて、素敵な街だと思いました。広島の人々は、大変な被害を受けたのに、何とか生きようと必死に前を向いてきたんでしょうね。被爆3日目に電車が動いていたなんて、すごい気力です。

東北地方の人々も、きっと世界を驚かせるような復興を成し遂げるでしょう。我慢強くて勤勉ですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホから再トライ | トップページ | 広島から岡山へ列車旅 »