無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 江戸庶民文化「浮世絵」 | トップページ | イタリアがIMFの監視下に »

2011/10/30

庭園散歩(新宿御苑と浜離宮)

江戸散策をしていると、かならず行きあたるのが大名屋敷や大名庭園だ。これまで
何気なく通り過ぎていた公園も、幾多の歴史を経てきているのだと知ると、少し
見る目が違ってくる。

玉川上水の史跡めぐりでは「新宿御苑」に行ってきた。
ここは玉川上水の終点(四谷大木戸水番所)にあり、かつては信州高遠藩内藤家の
下屋敷だったところ。

御苑大木戸門を入ってすぐのところにある玉藻池辺りは、玉川上水の余水を利用
した内藤家の庭園『玉川園』の一部だ。

S
(玉藻池)

広大な緑地帯は樹木の清々しさに満ちていて、都内最大の繁華街にあるとは
とても思えない。

S_2
(広い芝生に寝ころんで)

S_3
(レバノン杉)

S_4
(秋バラが咲いていた)


昨日の土曜日には「浜離宮恩賜庭園」に行ってきた。

新宿御苑は大名屋敷跡だがこちらは将軍家御用達の鴨場だったところ。
今の勤め先がすぐ近くにあるのだが、近すぎるとかえって行く機会がない。
でも先週のブラタモリがアンコール放送で浜離宮の鴨場を取り上げていたので、
やっぱり一度は行こうという気になった。都内では唯一の鴨場とのこと。

この庭園の特徴は海に面していることだろう。先日妹夫婦が来たときに浅草から
水上バスに乗ったが、日の出桟橋の手前「浜離宮」で降りる人がたくさんいた。
(入園料300円必要)

S_5
(ゲートを通って隅田川から入ってきた水上バス)

Nec_0192s
(右が隅田川。左が浜離宮。ビルの窓から)

浜離宮には都内では唯一の海水の池があり、水門を開閉して池の水の出入りを調節
している。ブラタモリでは水門を開けて海水を取り入れる様子を映していた。

S_6

潮入りの池は浜離宮庭園の中心部分で、復元された御茶屋がある。この日は好天の
土曜日ということもあって、お抹茶をいただく観光客で満員だった。

S_7

上から見ていると、平日の浜離宮は園内整備のスタッフの姿があるだけなんて
こともある。やっぱり来るのなら平日だな。

Nec_0193s

現在の勤務先が遅くとも来年初めには移転する予定なので、そうなると汐留や
桟橋のほうに来る機会も少なくなる。近いうちにもう一度来て、お抹茶をいただき
ながらゆっくり過ごしたいわ。

S_8

浜離宮を眼下に望むところにJRが経営している「弥生会館」がある。
ここのレストラン「パステル亭」で、すぐ近くに住んでいる友人とディナーを
食べたことがある。

S_9
(いちばん右のビル、最上階の張り出したところがレストラン)

夜なので浜離宮は見えなかったけれど、隅田川と東京湾が合流する地点なので
両岸のビルやレインボーブリッジなどの夜景が宝石みたいに輝いていた。

S_10

オススメのレストランです。

« 江戸庶民文化「浮世絵」 | トップページ | イタリアがIMFの監視下に »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

ドバイ空港のトランジットに大きな杉らしき木が植えてあるコーナーがあり、これがひょっとしてレバノン杉かなと。
帰ってからレバノン杉をネットで検索しましたがいまいち画像では確信持てなかったのでした。
新宿御苑にいけば実物見れることがわかりました。

そして玉藻池。
出雲人が玉藻鎮石(たまもしづし)を祀ってた、というかとからこの玉藻も調べてたのでした。
興味あるものがあるので、今度東京へ行くことがあれば観てきたいです。
名前の由来は玉川と藻があるだけではなさそうな…

中央・総武線のお茶の水~新宿間の沿線には外堀や新宿御苑などがあって、緑豊かな風景を楽しめます。春はお花見しながら通勤って感じなんですよ。でもいつも近くを通っていても、新宿御苑に入ることはほとんど無かったんです。やっぱり行動するには何らかのインセンティブが必要ですね。

レバノン杉は何故だったか忘れましたが記憶にあるんです。
「レバノン杉」という表示を見たとき、「おお~っ、これか」と何だか感動してシャッターを押しました。

このあいだ見た「イビサ島」(スペイン)のテレビ番組によると、ローマ人に滅ぼされたフェニキア人はレバノンからイビサ島そしてカルタゴにやってきた海洋の民で、レバノン杉で船を造ったそうです。レバノン杉は最高級の木材なんですって。(ギリシャのパルテオン神殿もエジプト・ピラミッドの太陽の船もレバノン杉で造られているとか)

フェニキア人は日本人との共通項が多いような気がして、親近感を感じる私です。

ところで、地名や名称は複雑な歴史を経て今日に至っているんですね。東京のハイクラスな地名の代表のような赤坂溜池が、江戸時代は上水を取り入れる池だったとは。まさに名は体をあらわしていたんですね。

玉藻池のこと、何か分かったらぜひ教えてください。
江戸検定受けるつもりで始めた学習ですが、なかなか江戸上水から先にすすみません。実地学習ばかりしているので、知識を仕込む時間がなくて‥‥(^^;)

話は変わりますが、昨日たまたまテレビをつけたら、うららさんの同級生の方(芸大教授でせんとくんの作者)が仏像についてお話していました。気さくな印象の方で、説明も分かりやすかったです。

フェニキア人、私もとても気になる民族です。
だからレバノン杉気になったのかなぁ~

同級生の薮内君、私は長いことなってませんが、聞くところによるとかなり俗物的になってるとか。
年を重ねいろんな経験して、芸大受験する人独特のナイーブさは姿を内にひそめたのでしょう。
先週の日曜朝、たまたまTVつけたらJR九州の唐池君がでてました。
高校卒業以来でしたが、眉毛が八の字に下がってる特徴でわかりました。
柔道部のキャプテンででっかくていかつい感じだと思い込んでたのが、人生を経てま~るくゆるキャラ風で親しみもてました。

私も庭園類は好きで、昨日帰ってきましたが下記にも立ち寄ってきました。(^◇^)
http://www.huntington.org/

既に夏の盛りは終わって花が少なくなってましたが、広い園内で1日楽しめました。
帰りには足腰が疲れたあ。

今月はこんな所を楽しみにしてます。
http://www.hitachi.co.jp/rd/crl/garden/teien.html
春は中止だったし。
10/1は都民の日で、都営の庭園が無料なのはいいですねえ。(^o^)/~~~

うららさん、薮内さんは昔はナイーブな方だったんですか(^o^)
せんとくんなど見ると、作者は押しの強い個性派って気がします。それからJR九州の社長さんが出ていたテレビ番組は私も見ました。ざっくばらんなアイディアマンって感じですね。

どちらの方も行動力がありますね。大阪人の特質でしょうか。
そうそう、うららさんもお二人に負けず劣らずの行動力の持ち主ですね。

欠食児さん、アメリカ旅行にいらしてたんですか。
Huntingtonの日本庭園はなかなか立派ですね。9エーカーがどれくらいの広さかピンときませんけど。
写真を見た感じでは、アメリカらしくちょっとワイルドな日本庭園ですね。再オープンされたら地元の人がたくさん行くんでしょう。

東京には庭園や公園がたくさんありますね。今まではあまり関心がなかったんですが、江戸探索しているとゆかりの庭園や公園に必ず出会うので、これからはもっと積極的に見て歩くことになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸庶民文化「浮世絵」 | トップページ | イタリアがIMFの監視下に »