無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 台風襲来 | トップページ | 神田上水(2) »

2011/09/24

神田上水(1)

このあいだ杭州で「京杭大運河」を見て、土木工事が文明を築いてきたと再認識
した。土木工事というと今でこそ「税金無駄遣い」や「談合や汚職」が連想されて
イメージ良くないが、土木工事なくして人類の歴史や文化はありえない。

とくに水道は文明の代名詞のようなもので、古代ローマの遺跡といえば、欧州
からアフリカや中東にわたる広大な領土に築かれた水道橋を思い浮かべる。
水なしに人間はいきていけない。水なしに都市は成り立たない。

私が江戸歩きの最初のテーマにしたのは、そういうわけで「江戸の水道」だ。
でもどこに行けば江戸の水道のことが分かるの?
東京都水道局のHPを見たら、水道橋近くに「東京都水道歴史館」があることが
分かった。(入場無料)さっそく行ってみる。

Nec_0153s

お茶の水駅と水道橋駅のちょうど中間あたりにある、きれいで静かな(入館者が
少ない)博物館だった。

受付カウンターで無料音声ガイドを借り、数種類のパンフレットもらう。
「水道の史跡さんぽ」などあって役に立ちそうだ。ちなみに上水というのは水道の
こと。下水に対して上水と言った。

Nec_0154s
(↑これ面白そうだけど、10月1日は都民の日で入館料無料になる博物館に行く
予定なので、残念だけど参加できないなあ)

Nec_0163s
(お茶の水の懸樋。神田川の上に懸けられた水を渡すための橋。現在のJRの
駅名にもなっている“水道橋”の地名は、この懸樋が由来)

東京は巨大工事がひんぱんに行われているので、そのたびに江戸時代の遺跡が
見つかるようだ。

Nec_0165s
(旧東京都庁舎跡地から出てきた木樋。当時の職人の高い技術がわかる)

S

私がいつも通る汐留からも、伊達藩などの大名屋敷跡から多くの上水設備が発見
された。

S_2
(写真は伊達家屋敷跡。イタリア公園がある辺りかな)

何気なく歩いている道だけれど、ここに伊達藩などいくつかの武家屋敷があった
かと思うと、つい高層ビルの谷間に江戸の名残をさがしてしまう。

でも未来都市のようなビル群が並んでいて、江戸らしさなど何処にもない。

Nec_0193s
(現在の浜離宮と汐留ビル群)

今見ているこの風景も、やがて時の流れに埋もれて遺跡になってしまうんだな。
無常だな‥なんて思うと、ちょっぴりセンチメンタルな気分になる。

S_3
(水道橋名由来のレリーフ)

水道橋駅の周辺には江戸上水の史跡がいくつかあるので、ウォーキングしつつ
行ってみる。もっとも史跡といっても、記念碑やレリーフがあるだけだけど。

S_5

JR水道橋駅でおり、水路のモニュメント(↑)のある外堀通りを神田川沿いに
少し歩くと、「お茶の水分水路」「神田上水懸樋跡」などの記念碑がある。

S_4

そうそう、水道歴史館を出てからお茶の水に戻り、超近代的な「明治大学」の
レストランでランチを食べた。そこで疲れをとってから、「とちの木通り」と
いう落着いた小路を水道橋方面に向って歩いた。

Nec_0176s

途中には「男坂」「女坂」など急階段の坂があった。
もう少し行きアテネフランセを過ぎると、中央・総武線の線路に沿って水道橋に
続いている坂道に出る。

Nec_0178s

この坂道の名は「皀角坂(さいかち坂)」
皀角の木が多くあったためこの名がついたと書いてあったが、皀角の木ってどんな
木かしら?

それにしても、この界隈は本当に坂道が多い。上水史跡めぐりが終わったら、次は
江戸の坂道めぐりをしようかな。(←気分はすっかりブラタモリ)

S_6

こちら側の線路沿いにも「神田上水懸樋跡」のプレートがあった。

今日最後の江戸上水の跡は「小石川後楽園」だ。

S

今年この大名庭園を訪れるのは2回目、「西湖の堤」をイメージした場所があると
いうので、8月の杭州旅行の前に見に行った。それまでこの庭園に入ったことは
なかったし、そのときも「神田上水の跡」なんて無関心だった。

S_2
(内庭)

前回は「ストレッチできるシューズ」のせいで足痛を起こし、庭園鑑賞する気分に
なれなかったが、今回はけっこうジックリ歩いて庭園の魅力を味わうことができた。

S_3
(神田上水跡の小川。今は井戸から水を取っているようだ)

小石川後楽園には巨大望遠レンズを構えた中高年がたくさんいた。
写真クラブの撮影会でもあったのかしら?

« 台風襲来 | トップページ | 神田上水(2) »

江戸を歩く」カテゴリの記事

コメント

水道橋って何気なく通過してましたがこんな歴史があったんですね。

上水を確保するのは人口の多い都会では必須だったでしょう。田舎なら井戸を掘ったりしても下水が混じったりもしないだろうし。
江戸の上水にテーマを絞るとはなかなか面白い着想だと思います。

博物館立派ですね。流石東京だ!

東京に行って思ったのが意外と坂が多いと言うことでした。適度な運動になってウォーキングには良いのでしょうけど。
その後ストレッチ出来るシューズは活躍していますか?

歴史散歩には江戸はぴったりだと思います。
季節が良くなってウォーキングには良くなりましたね。
楽しんでまた紹介してください。

ところでスマホの電池はすぐ無くなりませんか?
私は充電池2個買いました。使い過ぎかな?

私も旅先で水のインフラ見るの大好きです。
上下水道やお風呂など遠い昔に完備されてるのをみていつも驚いています。
日本は木製が多いだろうし、急峻な地形で川がすぐ海に流れだして、地方ではあまり下水道の観念なかったかもしれませんね。
さすが大江戸は大都会ですね。
水道橋も神田上水の跡もなるほどなぁ、でした。
水道歴史館、おもしろそうですね。
大阪にも淀川の浄水場などがありますが、未だ見学したことないのです。

HANAさん、昨日は「江戸上水史跡めぐり」のパンフを参考に、土曜日の続きを歩いてきたんですが、玉川上水終点の「四谷大木戸跡」にたどり着く前にくたびれてダウンしてしまいました。

今回地図を片手に歩いてみて、江戸は本当に坂が多い町だったんだと思いました。坂じゃなくても、神田上水だった「巻石通り」なんて道路が斜めになっていて、当然歩道も斜めなので、とっても歩きにくい。

その後も急坂を上ったり下りたりしてだんだん足が重くなり、バスに乗って新宿まで行きケーキとコーヒーでひと休みしたら、もう歩く気しなくなっちゃいました。

ストレッチできるシューズはもう履いていません。足を痛めたら元も子もないですからね。ウォーキングには楽な靴が一番ですわ。

江戸探しのウォーキング、始めたらキリがないですが、お金のかからない健康法なので続けようと思います。土曜、日曜と首からスマホをぶら下げて街中を闊歩しましたが、歩いてみて似たような中高年がけっこういるのに気が付きました。思わず笑っちゃいますよ。

スマホは写真を写すのと、メールチェックと、地図を見るくらいなので、電池はそんなり減りません。HANAさんはお仕事関係でも使っているんじゃないですか?

うららさん、江戸の史跡めぐりをしてみると、今まで何気なく歩いていた道や街角にも歴史や意味があることがわかり、風景が違って見えます。

それから、目ぼしい史跡の近くには必ず武家屋敷や大名庭園などがあり、やっぱり江戸はお侍さん中心に造られた町だったんだと思いました。まあ当然ですけど。

でも実際に土木工事に携わった職人の高い技術があったからこそ、江戸の町が繁栄できたってことも、忘れてはならないですね。水道歴史館で木製の樋を見ましたが、水漏れしないよういろんな工夫がしてありました。昔から日本人は仕事が丁寧だったんだな~と感心しましたわ。

水は命をささえるものなので、世界中に関連する遺跡や設備がありますね。文明の源のようなものですから、いろんな国で水にまつわる建造物や工夫の跡を見てみたいものです。

半分以上が、よく通ったところです。
こういう昔の姿をしのびながら歩くと、全く違って見えるでしょうね。
確かに東京は坂が多いです。
なんだか慣れっこになってしまいましたが、自宅近辺を思い浮かべると……川に向かって全体的にゆるやかに傾斜しているだけで、地形の高低でいえば、シンプルなものです@
シューズのくだりは前のブログに書かれたのでしょうか。よく分からなくてもうしわけないですが、なにげに健康によさそうな「ストレッチできるシューズ」で足が居たくなってしまったんですか。
私は思いっきり外反母趾なので、長く歩くとでっぱったところが必ず痛くなります。。

まみさん、そうですか、この辺りは馴染みの地域だったんですね。

私も今までは坂も川も気に留めなかったんですが、NHKの「ブラタモリ」という番組を見てから、東京の地形にちょっと関心が向くようになりました。ウォーキングはお金のかからない健康法なので、頑張って続けようと思っています。

ストレッチになるシューズは、何かのクチコミで良さそうだったので買ったんです。「easy tone」だったかしら。履いたときは足にしっくりきたのに、1時間も歩いたらもう痛くて痛くて‥‥。靴はやっぱり履いて歩いてみないと分かりませんね。でも買わないと歩けないし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風襲来 | トップページ | 神田上水(2) »