無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 杭州旅行(京杭大運河1) | トップページ | 杭州旅行(諸葛八卦村1) »

2011/08/19

杭州旅行(京杭大運河2)

たっぷり飲み食いしたあと、広場のなかに建つ「京杭大運河博物館」に行った。

Img_5098s

立派なまだ真新しい博物館で、入場無料というのが嬉しい。中国の博物館は無料の
ところが多いのだ。

S

子供にもわかるようビジュアルな展示方法なので、中国語がわからない外国人
でも理解しやすい。

Nec_0032s

出口近くにお土産売り場があったので、そこの陳列棚を博物館のどのコーナー
よりも熱心に眺め、バタバタと買物をした。
中国ではなかなか洒落たお土産を買う機会がない。
ここはそれほど充実しているわけではないが、絵葉書とかしおりやお人形など、
そこそこ揃っていた。
売り場スタッフも、久しぶりのお客さんに大張り切りで、少しでも関心を示そう
ものなら、すぐさま取り出して目の前に並べるのだった。

私はしおりや切手を少し買っただけだが、妹はいろいろ買い込んでいた。

Nec_0025s

この博物館は空いていて、涼しくて、休憩にピッタリ。オススメです。

S_2

博物館見学をしてから、広場を横切って京杭大運河の杭州の象徴「拱宸橋」に
出た。この橋の近くに水上バス乗り場があり、橋を渡った対岸には古い町並みが
ある。

S_3
(右のほうに見えるのが水上バス乗り場)

S_4

日本語よりハングルのほうが上に書いてあった。韓国人観光客のほうが多い?
そういえば日本人には出会わなかったな~。

S_5

暑いせいか人の姿はあまりない。少しばかり通りを歩いたが、暑さにグロッキー
気味で、すぐまた橋を渡って水上バス乗り場に行った。


S_6
(バスの時刻表)

S_7

時刻表より10分ほど遅れて水上バスは出発した。

S_8

市中心地「武林門」まで30分くらい。料金はたったの3元。普通のバスと同じ
なんじゃないかしら。でもこちらは渋滞に巻き込まれることもなく、優雅に
沿岸の景色を見ながら行くことができるんだから、ひょっとしてバスより早く
着くかもしれない。

S_9

水上バスはいくつもの橋の下を通る。橋げたには彫刻などが施してあって、写真を
撮ろうと慌ててカメラを構えるのだが、あっという間に過ぎてしまうのだった。

S_10

ポツポツ降り始めた雨が武林門に着いたら土砂降りになって、急いでデパートに
駆け込んだ。

<追伸>

面白くてためになるブログ見つけました!

「野澤道生の日本史ノート」
「エピソード」→「恐るべし!大運河」
他の記事も楽しい。

« 杭州旅行(京杭大運河1) | トップページ | 杭州旅行(諸葛八卦村1) »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

中国の博物館はこの10年ほどで本当に変わりましたね。昔は展示方法もいい加減なら、これで保存は大丈夫か、と思う博物館が多かったけど最新設備をどこも導入してあっという間に変わってしまいました。
売店も昔は怪しげな売り子がいるような、偽物を売っているような怪しげなところが多かったけど今は割ときちんとしてますね。
売ってやると言う感じはなくなり売り込みも上手になりました。
妹さんは何を買われたんでしょう。

博物館に行ってこの大運河の歴史的なところを勉強してみたいです。
ここは子供たちへの教育用なのかもしれませんね。

しかし、水上バス、たったの3元とは。乗ってみたいです。

HANAさん、この博物館はトイレ休憩をかねて利用するのにピッタリでしたよ。展示内容だって、何しろ運河ですから、そんな詳しい知識は必要ないですし。

前日西湖岳廟前のお土産屋さんで絵葉書を買ったんですが、あまりパッとしない図柄でした。この博物館にも杭州の絵葉書が売られていて、こちらのほうが良さそうでしたね。

妹は歴史上の人物のマスコットみたいな「いかにもお土産」というものが好きで、ここでもそんな類のものを買っていました。
そうそうHANAさんが良かったと仰っていた雷峰塔に、帰国日の午前中に行ったんですが、日本風お土産があったので、ここでもゆかりの人物のストラップとか人形セットなど買っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杭州旅行(京杭大運河1) | トップページ | 杭州旅行(諸葛八卦村1) »