無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 杭州旅行(京杭大運河2) | トップページ | 追い込み「夏祭り」 »

2011/08/21

杭州旅行(諸葛八卦村1)

大運河とともに行きたかったのが「諸葛八卦村」だ。
三国志のヒーロー「諸葛孔明」の末裔が暮らす村で、1992年にその存在が世に
知られるようになり、1996年に村全体が国家の文化財に指定された。

杭州から諸葛八卦村への日帰りツアーがいくつかの旅行社で催行されていて、
日本語ガイドつきのツアーもある。その中から孫権の子孫が暮らす村「龍門古鎮」
にも廻って料金も手頃な「浙江省中国旅行社」にHPから申し込んだ。

ところが、出発が迫っているのに、旅行社からの返答がこない。
出発前日になって担当者にメールして何とか連絡がついたが、先方とやりとり
している時間がなかったので、「到着日の翌日諸葛八卦村に行きたい。ダメな
場合はホテルに連絡してほしい」と送信だけした。(旅行社のHPがウイルス
感染して開けなくなったんだとか)

でも当日旅行社のガイドは来なかった。仕方なく別の「諸葛八卦村ツアー」に
申し込めるか聞いて欲しいとホテルの日本語堪能スタッフに頼んで、その日は
大運河見学に出かけた。

その日の観光を終えてホテルに戻ると、日本語ペラペラのホテルスタッフ「ユナ
さん」のメモが部屋に置いてあった。「旅行社はTMさんにメールしたそうです。
明日諸葛八卦村の日帰り観光は大丈夫です」という内容だった。どうやらユナ
さんが連絡したのも中国旅行社だったようだ。

翌日8時半、ホテルのロビーにガイドの謝さんがやってきた。
まだ新しい7人乗りのワンボックスカーに、運転手と謝さん、私と妹の4人が
乗り、三国志にまつわる話をしながら諸葛八卦村へ。

もっとも私は単なるミーハー三国志ファンだし、妹は諸葛八卦村に行くことに
なってから興味を持ち「テレビドラマ三国志」を見始めたという程度なので、
話のレベルは初心者クラスだ。妹によるとテレビドラマでは、諸葛孔明はまだ
舞台に登場していないらしい。

このドラマは昨年中国で放映されたばかりで、何と全95話もある膨大なもの。
小説「三国志演義」でなく史実にそって制作されているらしい。そうなると主役は
曹操になるのかな?

車は、対向車もほとんど来ない高速道路をスイスイ走って、諸葛村に着いた。
所要2時間もかからなかったんじゃないかしら。
諸葛村の近くにインターが出来てから、車で行きやすくなったと謝さんが言って
いた。

S

村への入口近くの駐車場には観光バスもとまっていた。
こんな光景を見ると「だいぶ観光地化されていそうだ」と心配になるが、料金
40元を払って村に入ると、そこには素朴だけれどどこか威厳のある雰囲気が
漂っていた。

S_2
(村の周辺で蓮を栽培していて、蓮の実を売っていた)

S_3

観光客の姿もほとんど見当たらない。

« 杭州旅行(京杭大運河2) | トップページ | 追い込み「夏祭り」 »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

中国は急速に高速道路網も伸ばしていますからバスツァーはやりやすくなったでしょうね。

しかし、結局中国のツァー会社で行けたとは良かったです。

ハスの実は食べてみましたか?

HANAさん、蓮の実はその日の夜、かの「青藤茶館」で食べました。
私は食べたことが無かったんですが、妹は昔食べたとかで、小さい種みたいなものを食べるんだとおしえてくれました。

味らしい味がなくて、食べやすかったです。

蓮の実って食べれるのですね。
私は数珠持ってますよ~
お寺の住職さんに本山である大念仏寺(大阪市平野区)で買ってきてもらったのですが、たしか蓮の実といわれてたと思い調べたら間違いなく本式数珠のようでした。
本式の数珠は、房は天台とおなじであるが、主玉は真言宗の半繰念珠と同じで蓮の実54個が通されているとのこと。
奈良時代、大仏開眼供養に蓮の実の数珠奉納されたとも知りました。

うららさん、数珠に蓮の実が使われているなんて、知りませんでした。近いうちに「空海展」を見に行く予定なので、その前にいろいろ勉強しなくちゃ。

蓮の実はとっても小さいので、あれを通して数珠にするのは大変ですね。それとももっと大きい蓮の実があるのかしら?

私は最初外側の皮も食べていたんですが(不味かった)、妹からその中の白っぽい小さな実を食べるんだと教えられました。小さな実は味がほとんどなくて、いくつでも食べられそうでした。

蓮の実の数珠って粒が大きいですよ。
たぶん外殻も一緒なんでしょうね。
その中に白い小さな実が食べれるのですね。
こんど撮影して記事にしますからまた見てください。

うららさん、やっぱり外殻も実のうちなんですね。
私は最初それごと食べていました。

写真と記事をぜひお願いします。
私も、青藤茶館という大きなお店で食べた蓮の実を写したんですが、核のような小さな白い実は写っていませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杭州旅行(京杭大運河2) | トップページ | 追い込み「夏祭り」 »