無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

すみだの地図

1週間ほど前に図書館に行ったら、「幕末から明治初期のすみだ地図資料展」を
やっていた。

Photo

最近は「ブラタモリ」の影響で、地図にちょっと関心がある。

Photo_2

沽券という言葉は知っていても、その由来はここで初めて知ったわ。

沽券については「東京都公文書館」のサイトに詳しい説明が載っていた。
このサイトはなかなか面白い。とくに「江戸東京を知る」というコーナーは、
「ブラタモリ」ファン必見じゃないかしら。

「東京23区の歴史」によると、本所区と向島区が一つにまとめられて「墨田区」
になったとのこと。本所という地名は時代劇や小説によく出てくるが、今の本所
よりだいぶ広い。江戸時代の本所が本所区になったんでしょうね。今は東京スカイ
ツリー近くに地名が残るのみだけど。

図書館で「鬼平犯科帳1」を返し「告白」と「シューマンの指」の2冊を借りた。
借りた本は両方とも推理・サスペンス小説で、すぐ読み終わってしまった。
「シューマンの指」のほうが面白かったな。

今日「1Q84」の準備ができたとメールが来たので、また近いうちに図書館に
行かなくちゃならない。この本は予約したのが去年の4月だから、かれこれ1年も
待っていたことになる。読む意欲がだいぶ薄れてしまったわ。

最近花粉が飛び始めたので、出歩くのが億劫になっている。
図書館がもっと近くにあるといいんだけど‥‥。

Photo_3

図書館から両国駅に行ったら、普段は使わないホームの階段におひな様が飾って
あった。

2011/02/22

スパムメールに埋もれて

今日昔の職場の集まりがあって、とてもお世話になった人が亡くなったことを
知った。私にもメールで連絡したというのだが、スパムメールの山に埋もれて
見落としてしまったらしい。

このあいだは妹から「メールを出したのに返事がない」と言われて、慌てて削除
したメールを見直したら、たしかに来ていた。ちゃんとタイトルを漢字で書いている
妹のメールさえ見落としてしまうんだから、困ったもんだわ。

2011/02/19

鬼平犯科帳散歩 法恩寺

木曜日に住基カードを作成しに墨田区役所に行ってきた。

我が住まいからは、スカイツリー経由で徒歩40分ほどかかるけど、暖かい上に
花粉もまだ飛んでいなかったので、「鬼平犯科帳」の舞台を訪ねながら歩いていく
ことにした。

鬼平の舞台は本所深川で、まさに我が住まいの周辺なのだ。
スカイツリーの建設がなければ、長年住んでいても町のことは何も知らず、歴史に
関心を持つこともなく、日々を過ごしてしまっただろうな~。
今までこちら方面に来るのは「本所税務署」か「墨田区役所」に用事がある時
だけだったもの。

でも一度だけ、まだスカイツリーの話などまったく無かった頃に、押上にカレーを
食べに来たことがある。友人と押上駅で待ち合わせし、分かりにくいそのお店を
「不便な場所にあるのね~」とぼやきながら探して行った。
押上は経済発展から取り残されたような町で、寂れてレトロな雰囲気が漂って
いた。

ところが最近本屋で観光ガイドブックを見ていてビックリ、あのカレー屋が載って
いるではないか。そのお店「スパイスカフェ」は、押上駅からは道が複雑だが、
ガイドブックの地図によると「十間橋」の近くで分かりやすい。

Photo

この「十間橋」は「逆さツリー」撮影のスポットとしてスッカリ有名になったが
それとともに「スパイスカフェ」も予約が必要な人気店になっているらしい。

「鬼平犯科帳」(1)の「唖の十蔵」にも「本所の押上村」が出てくる。
(大川(隅田川)をわたってこのあたりまで来ると、まったくの田園地帯‥‥)と
書かれている。

「本所・桜屋敷」では鬼平の生い立ちが紹介されている。

(本所には彼(鬼平こと長谷川平蔵)の青春がある。
横川河岸・入江町の鐘楼の前が、むかしの長谷川邸で‥‥、このあたりをひと
めぐりしてから、平蔵は横川沿いに北へすすみ法恩寺橋をわたったのである。)

「鐘楼」があったのは、雪の日に写真を撮った「鐘のオブジェ」の場所らしい。
そこから北へ横川が流れていたが、今は「大横川親水公園」となって、スカイ
ツリーのふもとの業平橋まで続いている。

Photo_2

大横川親水公園を歩いて「法恩寺橋」まで行き、そこから蔵前通りに出ると、
「法恩寺」の参道がある。でも言われなければ「参道」と気付かない、普通の
脇道だ。周囲にお寺が多いなと感じる程度。

Photo_3
(正面が法恩寺)

Photo_4
(参道の梅の木。小さなつぼみがついていた)

Photo_5

すぐ近くに和菓子の「蝶谷本店」がある。一見「駄菓子屋」みたいだが、文政9年
創業の由緒ある和菓子屋さんだ。ここで梅模様の練りきりを2個買った。こってり
してお茶のおともにピッタリの味だった。

Photo_6

鬼平犯科帳には地名やお寺、橋などが沢山登場するので、先日買った「古地図
つき、江戸東京散歩」を見ながら読んだ。名前が変わっているのもあるし、架空の
ものもあるだろうが、江戸の雰囲気が感じられて楽しめる。

古地図によると本所は現在よりずっと広い範囲だったのね。

「ブラタモリ」の影響受けすぎたかな(^_^;)
あの番組のおかげで街角を見る目がちょっと違ってきたもの。

(写真をクリックすると拡大します)

2011/02/17

e-Tax

今年も確定申告の時期になった。

去年は新宿の「作成コーナー」に出向いて作成したので減税にはならなかったが、
利用者識別番号とやらは貰った。
カードリーダーもあるので、今年は自宅パソコンからe-Taxしようと、電子証明書を
もらいに区役所まで出向いた。

F1000006_1
(平日は工事をやっているので活気があります>スカイツリー)

電子証明書をもらうには、その前に「住民基本台帳カード」を発行してもらわな
くちゃならない。写真を入れると「身分証明書」にもなるというので、この際
何でもやってしまおうと写真も持参した。

F1000004_1
(墨田区の有名人は、北斎と勝海舟と王さんです)

そういうわけで、これからパソコンで申告書作成しなくちゃ。

今日は暖かいけれど花粉はまだ飛んでいないようなので、「鬼平犯科帳」に出て
くる場所に立ち寄りながらウォーキングできた。

2011/02/11

「鬼平犯科帳」借りに図書館へ

今日は東京も「みぞれ時々雪」のお天気で、とにかく寒かったが、お昼を食べて
から頑張って図書館に行った。

途中にある「時の鐘」のモニュメントをケータイカメラでパチリ。

Photo

「鬼平犯科帳」と何らかの関係があるようなので、あとで調べようととりあえず
写真を撮った。ここから東京スカイツリーがある業平(なりひら)まで「大横川
親水公園」が続いていて、絶好の散歩コースなのだが、今日は寒くてそれどころ
じゃない。

図書館で冷え切った体を温め、新聞など読んでから、急ぎ足で近くの「江戸東京
博物館」に駆け込んだ。

F1000014

博物館は連休の初日ということで、たくさんの入館者でにぎわっていた。
大河ドラマ「江」の展覧会を開催中なので、それでこんなに人気があるのかな。
まあお天気が悪いときはミュージアムが最適だよね。

ロビーで「江の生涯」というビデオを見て、ミュージアムショップをぶらついて
電車で帰ってきた。江戸東京博物館のミュージアムショップには、江戸にまつわる
さまざまな本がそろっていて、立ち読みしているだけでも楽しい。

もちろん、特別展開催中の「江グッズ」や「戦国グッズ」もいろいろ売られて
いた。私は、このあいだ近江八幡に行った時に「琵琶湖のヨシで作った江のお箸」を
買ってきたので、こちらも見るだけにしておいた。

2011/02/10

すみだ区をアピール

今日仕事で飯田橋の「区政会館」に行ったら、1階ロビーで「すみだ区」の魅力を
紹介する展示を行っていた。定期的に23区の魅力を紹介しているようだが、
一般の人が来るところじゃないので見学者は少なかった。

F1000004_2

「すみだ区」と言えば今は「スカイツリー」が最大の名所だが、それだけじゃ
観光客はみんな浅草に行ってしまうので、何とか「すみだ区」の魅力を知って
もらおうと担当者も頑張っているようだ。

F1000008

F1000007

アピールするのは、「江戸庶民の町」として「すみだ区」だ。
庶民生活の舞台として時代小説に登場することが多いので、スカイツリー見学の
ついでに散策してもらおうというわけだ。最近は「散歩」がブームだからね。

F1000002

まづは区が作っているマップを参考にして、近所をブラついてみよう。
そのためには基礎知識が必要なので、先日の「橋ものがたり」(藤沢周平著)に
続き、「鬼平犯科帳」を読むことにした。図書館からは「準備できた」とメールが
入ったので、明日にでも本を借りに行こうと思っているが、天気予報では「東京は
雪」らしいので、気勢をそがれてしまいそう‥‥。

(画像をクリックすると拡大します)

2011/02/06

ひかりに悪戦苦闘

ADSLからフィレッツひかりに変えたはいいけど、スムーズに動き出すまで
苦戦を強いられた。

まず電話が通じないと言われてビックリ。自分のケータイからかけるとちゃんと
呼出音が鳴るので、故障というわけではない。しばし考えて「そうだ、ルーターの
電源を切っているせいだ」と気がついた。いつも外出時や夜間は電源を切っていた
ので、その習慣でルーターの電源も切ってしまったのだ。

NTTの人が「停電の時は電話が使えませんよ」と言っていたっけ。

こうして電話は通じるようになったけど、今度はメールが送信できない。
@niftyのサイトでQ&Aをあれこれ当たって、「メールアドレスがnifty以外の
ケース」の設定方法がソフトごとに載っていたのを見つけ出した。これでメール
送信も解決した。

でも、テレビとレコーダをつないで「地デジとBSをひかりフレッツテレビで
見る」という最大の難関がまだ残っている。これが出来なかったら「ひかり」に
した意味がないのよね。我がマンションにはBSアンテナがないが、何とか番組を
見たくて「フィレッツひかり」にしたんだから。

DVDレコーダーは「ひかり」のキャンペーンで1万円で買ったもの。ブルーレイ
じゃないが、そんなに録画しないのでこれで十分だと思っている。
ここでボケ気味の脳を叱咤激励して取扱説明書を読み、メーカーのサポート係に
電話したり、分波器やアンテナケーブルなど買いに行ったりして、夕方になって
ようやく設定を完了した。

苦労した最大の原因は、ひかり通信の「ルーター」がどういう機器なのか知らな
かったことにあると思う。でも何とか自分でやってみれば、多少なりとも知識が
つくので、ルーターが壊れた時に自分で付けなおすことが出来るわ。

年末に妹が録画してくれた「辻井伸行さんのリサイタル」のDVDを見ながら、
「ひと仕事終わったな~」とちょっぴり満足感にひたっている私だった。

2011/02/04

スマートフォン

スマートフォンの人気が高く、関連する企業は軒並み高収益を上げているらしい。
携帯電話はあまり使わない私だけれど、スマートファンならドンドン使いそうな
気がする。

私が希望するスマートフォンの条件は、「おさいふケータイ」「高画素カメラ」
「WORLD WING」の3点が揃っていること。

その条件にピッタリなのが、今のところ「REGZA Phone」だ。
今日ドコモショップに立ち寄って聞いたところ、「予約が殺到しているので、
今は受け付けていない。入荷日も未定」という。

ネットニュースに「REGZAのおさいふケータイに不具合がある」という記事が
載っていた。3月頃からスマートフォン向けの新料金体系がスタートするよう
だし、商品が行き渡って店頭に並ぶまで待った方がいいかしら。

係りの人が「近いうちにsonyの製品が出る」と言っていた。
いろいろ調べてみたほうがいいけど、何せケータイオンチの私だから、どれが
いいのか判断できないかも知れないな。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »