無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 初詣は牛嶋神社 | トップページ | 貧乏神神社 »

2011/01/02

上野公園のお正月

今日は早めに家を出て、東京国立博物館に行くことにしていた。
ところがANAのサイトをチェックしたら、私が旅行する日のもっと早い上海便に
空席ありの表示が出ているではないか。

すぐさま電話しフライトを変更してもらう。深夜にホテルにチェックインしなくて
すむのは有難い。羽田便ではないけれど、もうこれで十分だわ。

そのあとすぐに家を出ればよかったのだが、NHKでやっていた「南米大陸一周の
旅」という番組を最後まで見てしまって、けっきょく今日もお昼ごろのスタートと
なった。

東京国立博物館は、1月2日から本館がリニューアルオープンし、これまでの
「平常展」が「総合文化展」となる。「東博=トーハク」をパワーアップさせる
ためにいろいろ工夫を凝らしているようなので、楽しみにしていた。

Photo

ところが博物館前に着いてビックリ、チケット売り場は人波でギッシリ埋まって
いるのだ。根性なしの私は今日の博物館見学を諦めた。いつでも来られるから、
ムリすることはない。

東京は今日も、大雪で大変な目にあっている人には申し訳ないけど、爽快に晴れ
上がっていて、ベンチにすわってノンビリお弁当を食べている人の姿が目につく。
散歩にはぜっこうの日和なのだ。ハトが飛びかう広場を過ぎ、花園稲荷神社の
脇の坂を下りていくと、その途中にもうひとつの神社があった。

Photo_3

「五條天神社」なんて知らなかったな~。上野公園には何度も来ているし、すぐ
近くで数年間働いたこともあるのに‥‥。
医薬祖神というのにも興味をかきたてられる。

F1000023

Photo_6

説明文を読みながら、この輪を八の字書くようにくぐる。「茅の輪くぐり」と
いうらしい。

Photo_4

社務所は「花園稲荷神社」も兼ねているようで、「縁結び」を期待した女性達が
縁起物を買っていた。韓国人らしき女性が、巫女姿の売り子さんに「何ていう?
ハナゾノジンジャ?」と確認するようにつぶやいていた。縁結びをお願いするん
だから、神様のお名前くらいは知っておかないとね。

私は五條天神社の「健康祈願」のお守りが欲しかったけど、巫女さんが一人で
大わらわだったので、こちらも後日ということにした。(だいぶ前に花園神社で
良縁をお願いしたはずだけど、神様は忘れているみたい‥‥^^;)

坂を下りると近くに不忍池の弁天堂がある。「不忍池は琵琶湖に見立てられ、池の
中央に浮かぶ中之島(弁天島)は、琵琶湖の竹生島になぞらえて造られ、同じように
弁財天を祀るために上野弁天堂が建立された」とのこと。

Photo_5
(不忍池とゆりかもめ、向こうに見えるのが弁天堂)

不忍池から、年が明けてもごった返す「アメ横」で旅行カバンや靴などを見て、
秋葉原まで歩いた。秋葉原のドンキホーテの前は男性がいっぱい集まっていた。
どうやら「AKB48」のイベントがあるらしい。

私はヨドバシカメラで最新のスマートフォン「REGZA Phone T-01C」をチェック。
でも在庫ナシで、入荷も未定だった。ドコモのサービスセンターでも入荷未定に
なっていたなあ。せっかく買う気になっているのに、当分手に入りそうにないわ。

だいぶ歩いたのでダイエットになったかと期待したが、お風呂上りに体重を量っ
たら少し増えていてショック。やっぱりお正月は鬼門だわ。明日からは食事の量を
減らさなきゃ。

(画像をクリックすると拡大されます)

« 初詣は牛嶋神社 | トップページ | 貧乏神神社 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、東京の国立博物館はお役所なのに2日から開いているんですね。

それにしてもチケット売り場に大行列だなんてやはり東京は人が多い。少し空いたころに行ってみたいです。

不忍池は上野公園の中でも都会を忘れるような場所で好きなところです。ゆりかもめの写真素敵ですね。

HANAさん、東京国立博物館や国立近代美術館、江戸東京博物館など、メジャーなところは、2日から開館することが多いです。私はここ数年、2日は美術鑑賞と決めています。

でもいつもはこんなに混んでいないんですけどね。東博がリニューアルして、2日がオープンの日だったからかしら。

ところで、不忍池は琵琶湖を模したものだったんですね。私は知らなかったです。竹生島と言えば、HANAさんがお父様といらしたことがありますよね?このあいだちょっとだけ琵琶湖を見てきたので、憧れる気持が分かるような気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初詣は牛嶋神社 | トップページ | 貧乏神神社 »