無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ぐるっとパス「皇居周辺」 | トップページ | 久々にスカイツリー »

2010/12/07

「ぐるっとパス」下町&オルメカ

日曜日は1枚残っている「東京メトロ1日券」を使ってフルにミュージアム巡り
するつもりで家を出た。

まず錦糸町から地下鉄半蔵門線で三つ目の「水天宮前」で下り、目的の「ミュゼ
浜口陽三・ヤマサコレクション」に行った。ここは大通りをはさんで「東京シティ
エアターミナル」のすぐ前にある。

S

「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」はお醤油のヤマサが運営している個人
美術館だ。浜口陽三は少し前に吉祥寺美術館でみてきたばかり。静かな空気を
たたえた銅版画が心に残っている。ここには吉祥寺美術館と同じ作品もあった。

ミュージアムグッズは、グリーティングカード3枚組みを700円で買った。
シンプルな図柄は部屋の壁に似合いそう。

「東京シティエアターミナル」はいつも空いている。以前、地下鉄で通勤して
いたときは、休日にここにきて学習などして過ごした。都内のめぼしいコーヒー
ショップはどこも混んでいて「学習禁止」なんて書いてあるカフェもあるなかで、
ここは広々としているし、設備も整っているし、何より空いていて有難い。

でも今日は「T-CAT」でノンビリ読書している時間はない。水天宮のすぐ近くに
ある「人形町駅」まで歩き、日比谷線に乗り換えて三ノ輪の「一葉記念館」
行かなくちゃならない。

S_2
(水天宮では幟が立っていた。何か縁起のいい日なのかな?)

S_3

人形町駅は水天宮前駅のすぐ隣りにあって、乗り換え駅と言ってもいいくらい
近い。水天宮の前の人形町通りでは、地元の人たちがたくさん集まってイベントを
やっていた。ついブラブラとここで時間をつぶしてしまう。

S_4

次のミュージアム「一葉記念館」(↑)では、樋口一葉の生い立ちや下谷龍泉寺の
長屋の暮らしぶりなどが、資料や写真とともに紹介されていた。あらためて小説を
読んでみようという気になる。

S_5

それにしても、一葉が24歳で亡くなったなんて、とても信じられない。一家を
ささえ、文壇にデビューして名作をつぎつぎと発表し、短い人生を駆け抜けた。
ぎゅっと凝縮された人生だったのね。

この辺りでお昼を食べようと思ったが、お店はどこも閉まっている。
やっと中国人夫婦がやっている中華料理店を見つけ、回鍋肉をお腹いっぱい食べ
たら、急に眠気と疲労が襲ってきた。地下鉄に揺られたらもうだめ、気を緩めたら
すぐ寝込んでしまいそうだ。

予定では、日比谷線で恵比寿に行き「東京写真美術館」、それから池袋サン
シャインシティ・古代オリエント博物館の「古代メキシコ・オルメカ文明展」に行く
つもりだったが、時間的にも体力的にもちょっとムリのような気がして、池袋
だけにした。

S_6

池袋サンシャインシティは若者というより子供の街って感じ。騒音と混雑のなかを
くたくたになって歩き、サンシャインシティのいちばん奥まったところにある
古代オリエント博物館にたどり着いたら、ここも人でいっぱいだった。
「マヤ暦」が話題になっているようだから、それでこんなに入場者が多いのかな。

S_7

謎のオルメカ文明だけれど、私がいちばん不思議に思うのは、どんな人種、民族が
その文明を担ったかだ。発掘された土偶を見ると、東洋人的な容貌をしている
ものもあれば、まったく異なる容貌の石像もある。
彼らはどういう人種なんだろう。

メキシコシティにある「国立人類学博物館」の所蔵品もあった。あの博物館に
行ったときは、巨大すぎる展示会場とミステリアスすぎる展示品にエネルギー負け
してしまったものねぇ。

オルメカパワーにやられたのか、今回もまたフラフラになって会場を後にした。
ちょっとミージアム疲れかな?

« ぐるっとパス「皇居周辺」 | トップページ | 久々にスカイツリー »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

古代オルメカ文明展は京都であったときに行きました。
マヤより前にこんな文明があったとは驚きでした。
彫刻が印象的でした。

東京もいろいろミュージアムがありますね。
いろいろなイベントも。

餅つきとは師走らしいイベントで楽しい。

まだミュージアムパスは使えるのでしょうか。
ウォーキングも頑張ってください。

翡翠のお面をつけたパカル王のミイラ。
初めて画像を見たときは衝撃的でした。
古代日本のほかに、人類が翡翠に注目した文化圏が世界にもう一カ所あり、それがオルメカ・マヤ・アステカ文化圏、というのがとても気になっていました。
HANAさんが京都で古代オルメカ文明展行ったと書かれていたので、ちょっと調べてみたら、今年7月が9月まであったのですね。
知らなかった~、残念!!!

先日関西でも「ぐるっとパス」があるのが分かったので、梅田へ出たついでに購入しておこうと思いました。
大阪では大阪市営交通営業所とか書かれてあったので、地下鉄改札口で聞くと、東梅田のどこそこ、という。
そこへ行くと、御堂筋線の中央口あたりの○○へとか言われて結局買えなかった。
駅員さんはよく知らないみたいで、利用している人はあまりいないんだろうと思われました。

HANAさんもオルメカ展をご覧になったんですね。

中南米の古代文明はちょっと不気味なところがあるけれど、土偶や石像をジックリ見ると、表情豊かでユーモラスでとっても魅力的です。謎がいっぱいで、好奇心をかきたてられますわ。

またメキシコに行きたいけど、だいぶ治安が悪いようだし、難しいかな~。観光客は問題ないって話ですけどね‥‥。

「ぐるっとパス」は今月30日まで使えるんです。でも12月はいろんな予定が入るので、ムリしないようにします。我家から徒歩圏内の「東京現代美術館」とちょっと遠い「ちひろ美術館」、できたら「世田谷美術館」にも行きたいんですけどね。

うららさん、私も展覧会場でヒスイに注目しました。

日本でも、新潟県の糸魚川で産出される翡翠が、日本各地の縄文遺跡から発掘されていますね。縄文時代は、想像していた以上に、交流がさかんだったようです。

オルメカ展でもヒスイ製の発掘品が展示されていました。ヒスイは加工が難しいと言われていますから、ヒスイ製品が多いということは高度な文化があったということですね。「オーパーツの謎」というと、まずオルテカ、マヤ文明を思い浮かべます。

ところで関西版の「ぐるっとパス」、ぜひ活用してください。
このパス、東京ではもっぱらリタイアした中高年族が利用しているようで、一葉記念館などはスタッフも入館者も年配者ばかりでした。ちょっぴり疲れるけど、それなりに知識が増えるので、なかなかメリットのあるパスだと思っています。

「関西版」のサイトがありました。有効期間6ヶ月と、東京よりだいぶお得です。
http://www.museum-cafe.com/gruttokansai_about

ろうまさん、うららさん、こんにちは

関西版ぐるっとパスは対象の博物館や美術館で売ってますから、そちらに行ってから当日買う方が有効期限の関係で良いのではないかと思います。3カ月有効が1000円、6か月有効が2000円。でも東京に比べて大阪のは無料で入れるところが少ないのでお得感が無いのだと思います。このパスの利用者は暇な老人が多いのでしょうが、大阪市民の高齢者交通パスを持っている老人なら既に無料のところが多いからじゃないかと思ってます。大阪市交通局で買えないのはおそらくそんな理由かと思います。割引施設が多くて、そういうところは既に何らかの割引が受けられるような割引券を発行していることも多いですからね。
関西文化の日のように全施設無料の日があることも多いし。
http://www.kansai.gr.jp/upfile/ku_houdou/j_20101005143041.pdf

むしろするっと関西と一緒になった大阪周遊パスのほうが無料で入れる施設も多いのでこちらを選ぶ人が多いのかもしれません。
http://www.pia-kansai.ne.jp/osp/ja/
300円ほどの追加で阪急・阪神・南海・近鉄・京阪などの鉄道エリアから載り放題になりますから、私の和歌山の友人などは梅田エリアで会うときは一か所でも入場すれば元を取れると言っております。

自分に合ったパスがいつまでも発売されていると嬉しいですね。

HANAさん、紹介していただいた「大阪周遊パス」は観光客にも利用価値大ですね。フルに活用しようとして疲労困憊してしまう恐れがありますけど。

今日は仕事だったんですが、ふつうは木曜日が休みなので、最近はよくミュージアム巡りします。平日はとくに空いていて、自分ひとりしかいない美術館、博物館なんかもあって、申し訳ない気分になりますわ。でもちょっと興味を傾けるだけでも、ミュージアムへの応援になると思うんですよ。入館者がいなかったら、ただの空間ですものね。

「大阪周遊パス」で無料入館できるところもバラエティに富んでいて、何気なく入って見たら予想外に面白かったなんて博物館がありそうです。こういう周遊券やパスは、もっと宣伝してほしいですね。

ろうまさん、この無料入館できるところの入場料は結構するところもあります。また、水都大阪らしく、船が3つありますけど、それぞれ700円、1600円1700円なんですよ。周遊パスは2000円ですからこれだけでもお得度がわかると思います。同日に乗るのはたぶん無理でしょうけど。

このパスは交通費プラス2,3か所を回ることを前提に作られていると思います。

HANAさん、「大阪周遊パス」は、内容を知れば知るほどお得なパスですね。アクアライナーが12月~2月まで無料で乗船できるとか。船は乗るだけで気分がゆったりしますし、川から見る大阪はまたひと味違うでしょう。

2~3日前に、1月で期限切れになるマイルがあるとANAからメールがありました。それで1月の連休に2泊3日で上海に行こうと思ったんですが、羽田~虹橋は往復とも「キャンセル待ち」なんです。

いちおう復路を浦東→成田にして往路の羽田発だけをキャンセル待ちにしたんですが、もしチケットがとれなかったら、大阪もいいな~と思っています。まあ、もうしばらく待ってみますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぐるっとパス「皇居周辺」 | トップページ | 久々にスカイツリー »