無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/28

上海に決めた

1月の連休にマイルをつかって上海へ行こうと、羽田~虹橋便をねらったが、
国際線ターミナルがオープンしたばかりの羽田便はずっと空席待ちで、時間
切れの26日までにOKになりそうになかった。

26日を過ぎたらまた一から申し込まなくちゃならない。そうなると帰りの便も
とれなくなる恐れがあるので、仕方なく空席のある成田発の上海行き最終便に
した。もう少し早く羽田発に見切りをつけていたら、もっと良い時間の成田発が
とれたんだけど。

カードの支払いだけでチマチマ貯めたマイルなので、まあ贅沢は言えないわ。

でも往路が羽田発だと諸費用が7千円台なのに成田になると9千円台になる。
燃料代がこんなに違うとは思えないけど‥‥?

フライトが決まったので、さっそくホテル探しをした。
上海着が夜9時過ぎなので、ホテルのチェックインは夜中になる。
中国のホテルは、予約していても他のお客さんを入れたりするので安心できない。

それで、日本人向けサービスが充実していて、日本語が通じるホテルにした。
地下鉄駅に近くて便利が良さそうなのも決め手のひとつ。何せ正味1日の滞在
だから、交通の便は最重要ポイントなのだ。

1日5室だけの最低価格保障プランとやらの部屋にしたが、それでも1泊食事なし
6千円以上する。中国にはもっと安いホテルがいくらでもあるから、必ずしも
格安じゃないけど、ウォシュレット、バスタブ付きとなっているから悪くないと思う。

貯めたマイルを消滅させまいと急遽決めた旅行なので、上海がダメなら北京にする
ことも考えた。でも北京はこの時期寒そうで、気持が乗らなかった。

上海は何年ぶりかしら。上海博物館のほかにはこれといった目的がないが、経済
発展を続ける街の空気にふれるだけでもいいと思う。

2010/12/26

くたびれクリスマス

今日は土曜日だというのに沢山の処方せんがきて、パニックになりそうなくらい
忙しかった。カゼが流行っているのか苦しそうに咳をしている人が多い。
でも私は入力に追い立てられて、カゼをひく暇もないけれど。

やってくる皆さんが病気であることは同じだが、病院も違えば薬剤も違うし医療費
負担割合も人によって違う。難病の人、生活保護や子供など、負担ゼロという
ケースもあれば1割ということもある。高齢者は収入によって負担割合が違う。

保険証や医療証が変わったり負担割合が変わっているのに気づかないこともある。
公的援助も国、都、区といろいろあり、その複合もあり、複雑だ。
システムぜんぶをキチンと把握している人なんているのかしら?

処方せんを通して社会のありようを見ている気がする。

冷え込みが厳しい師走の街をとぼとぼ帰る。クリスマスのせいか、新宿駅は普段
よりいっそう混雑していた。

でもクリスマスといっても、昔ほどバカ騒ぎしなくなったわ。
クリスマスツリーと店頭のケーキ販売が目立つくらい。
ケーキは買わなかったけれど、疲れた1日の慰労のため、高野でサラダを買った。
サラダといっても100g500円くらいするから、年末年始じゃないと買えない。

どこに行ってもクリスマスイルミネーションがキラキラ光っているので、最近は
ちょっと食傷気味だ。でも明日になったら、いっせいに門松が並ぶんでしょうね。

Photo

オペラシティのクリスマス・ツリー。

Photo_2

夜、階段もライトアップしていた。(オペラシティ)

Photo_3

スカイツリーは、いつもより工事の照明が多かった。

2010/12/23

師走あれこれ

師走はひとり者の私でもいろいろ用事がある。けっきょく今日も美術館には行けな
かった。でも先日ちょっとした時間をつくって近場のミュージアムには行ったので、
あんまりムリしないようにするわ。

F1000043
(両国から隅田川ぞいに歩くと、芭蕉庵がある)

Photo_2
(どこも観光には力を入れている。江東区は芭蕉で墨田区は北斎)

私が住んでいるマンションは、地デジと光は大丈夫だがBSのアンテナがない。
いつもNHKのCMを、「BSは質のいい番組をやるな~」と指をくわえて眺めて
いた。

昨日妹にその話をしたら、「フレッツ光にしたら、アンテナなしでもBSを見られ
るよ」と言う。さっそく今日ネットで調べ、今までのADSLから光ファイバーに
変更することにした。

プロバイダに電話して、あれやこれや話していたらお昼を過ぎてしまった。
手続きが完了するまで2~3週間はかかるとのこと。年末年始には見たい番組が
目白押しだが、間に合いそうもない。悔しいな~。

夕方になって買物に出かけた。駅ビルに、私が狙っているスマートフォン「ドコモの
REGZA Phone」をチェックしに行ったが、まだ発売間もないので品薄らしく「予約
してください」という貼り紙がしてあるだけだった。
予約した人にもまだ行き渡っていないらしい。仕方ない、もうしばらく様子をみるか。

部屋の照明も、できたらLED電球にしたかったのだが、蛍光灯にくらべ直下は
明るいが周囲は明るさが落ちると聞いたので、とりあえず今年は蛍光灯のままで
いくことにした。

来月期限切れするANAマイルがあるので、1月の連休に上海に行こうと思う
のだが、帰りの「浦東~成田」はOKとなったものの行きの「羽田~虹橋」が
空席待ちのままだ。そうこうしているうちに、代替案の「成田~浦東」まで空席
待ちになってしまった。26日までに予約できないと、もう一度申込をしなければ
ならない。1週間前くらいになったらキャンセルが出るような気がするけれど、
年末までにとれなかったら他のプランを考えなくちゃ。

今日の新聞に、「首都圏の2009年度ラッシュ時混雑率は錦糸町~両国がもっとも
高い」という記事が載っていた。ちょっとでも電車が遅れたら、ホームに人が
あふれてしまうものねえ。まったく、何とかしてほしいわ。

20101222220503

きのうの錦糸町駅前(↑)。夜10時を過ぎていても、忘年会シーズンなので賑わって
いた。駅前のスタバの外のテーブルで、中年オジサンと若いお嬢さんのグループが
コーヒーを飲んでいた。忘年会のあとかな。お嬢さんたち、年に一度くらいは付き合って
あげるか~って感じだったbleah

2010/12/19

ちひろ美術館

急に寒くなったせいか、休日は家でぐずぐずしていて始動が遅い。
お昼ごろやっとお神輿上げて、図書館に本を返しに行った。
借りていたのは本屋大賞になった「天地明察」、江戸時代の人々がいきいきと
描かれていて面白かった。ちょっとばかり、江戸時代に興味がわいてきたわ。

図書館では「忠臣蔵資料展」をやっていた。討ち入りの12月14日に行われる「吉良
祭」と「義士祭」はもう終わったが、これから赤穂浪士の映画やドラマが上映され
るので、まだまだ関心度は高いのだろう。

S

討ち入り関連地図を見ていて、意外な発見をした。我家のすぐ近くに「浅野家
本所屋敷」があったのだ。
資料によると、浅野家の屋敷は鉄砲州(上屋敷)と赤坂(下屋敷)にあったが、
元禄10年に赤坂下屋敷の一部が召し上げられ、その代わり本所に屋敷を賜った
とある。まるで「仇を討てといっている」と感じるほど、吉良邸の近くなのだ。

それにしても、我が住まいの目と鼻の先に浅野家の屋敷があったなんて、今の
今まで知らなかった。知らないことが沢山あるな~。

図書館から江戸東京博物館を通って両国駅から電車に乗った。

S_2

S_3

江戸東京博物館は紅葉と小さな花をつけた冬桜が並んでいた。
今は企画展をやっていないので、館内は静かだった。

今日はちょっと遠い「いわさきちひろ美術館」を目指す。
新宿で西武新宿線に乗って「上井草」で下り徒歩7分、決して不便な場所じゃ
ないが、上井草駅前はお店も少なくちょっと寂しい雰囲気だった。

S_4
(これは栗の木かしら?農地だと固定資産税が安くなるので、空き地に手間の
かからない栗の木を植えて「農地」として申請していると聞いたことがある)

S_5

「いわさきちひろ美術館」はこじんまりとしたお洒落な美術館だった。
作品の数はそんなに多くないのに、ミュージアムカフェやグッズ売り場はかなりの
人がいた。幼い子供の絵に、みんな惹きつけられるんでしょうね。

S_6

「ぐるっとパス」で入館料が無料だったので、その代わりにマグネットのセット
(750円)を買った。

2010/12/16

久々にスカイツリー

区役所に用があって、お昼ご飯を食べてから出かけた。今日はとても寒かった
けれど、屋外ウォーキングには暑いより寒いほうが適している。

S

まずスカイツリーまで行く。平日なので観光客はそんなに多くなかったが、仕事の
ついでに立ち寄ったらしいビジネスマンの姿が目についた。この辺りを歩いて
いる人は、誰もがとりあえずカメラを向ける。

平日は工事関係者の皆さんが黙々と作業をしている。つい足をとめて見学して
しまうわ。

S_3

久しぶりに行ってみると、工事現場の向かいにコンビニや新聞社の分室がオープン
していた。最寄の業平橋駅でツリー図の年賀ハガキを買ったら、おまけでシールや
絵葉書がついてきた。

S_4

区役所はそこから徒歩10分ほどの隅田川べりにある。区役所ビルの斜め向かいの
枕橋の上もスカイツリーのビューポイントのひとつだ。

S_2
(ツリーと船と電車の三点セット)

S_5
こんな溜り場スポットもある。(枕橋茶や)

墨田区役所でご当地レトルト「すみちゃんカレー」280円を買った。マスコミに
取り上げられて、けっこう評判になっているらしい。役所ビルのカフェでも食べ
られるが、お昼にカレーを食べたばかりなので、お土産用のレトルトパックにした。

S_6

隅田川をはさんで浅草がすぐ前なので、ついでに足を延ばした。
お正月は大混雑するので、今のうちにお参りしてこよう。でもこんないい加減な
根性じゃご利益ないわね。

S_7

ここまで歩くとかなりの運動量になるので、お腹が空いてしまい、フラッと目に
ついたお店で天丼を食べてしまった。あ~あ、せっかくのウォーキングが
元も子もないわ。

浅草からバスに乗るつもりだったが、天丼のカロリーがお腹まわりにくっついて
いる気がして、また歩いて帰ることにした。
おかげで体がスッカリ冷えてしまった。

S_8
(区役所前は隅田公園。この白い鳥はゆりかもめ=都鳥?)

「ぐるっとパス」のミュージアム巡りは小休止ってとこだけど、日曜日は最後の
追い込みで頑張らなくちゃ。

2010/12/07

「ぐるっとパス」下町&オルメカ

日曜日は1枚残っている「東京メトロ1日券」を使ってフルにミュージアム巡り
するつもりで家を出た。

まず錦糸町から地下鉄半蔵門線で三つ目の「水天宮前」で下り、目的の「ミュゼ
浜口陽三・ヤマサコレクション」に行った。ここは大通りをはさんで「東京シティ
エアターミナル」のすぐ前にある。

S

「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」はお醤油のヤマサが運営している個人
美術館だ。浜口陽三は少し前に吉祥寺美術館でみてきたばかり。静かな空気を
たたえた銅版画が心に残っている。ここには吉祥寺美術館と同じ作品もあった。

ミュージアムグッズは、グリーティングカード3枚組みを700円で買った。
シンプルな図柄は部屋の壁に似合いそう。

「東京シティエアターミナル」はいつも空いている。以前、地下鉄で通勤して
いたときは、休日にここにきて学習などして過ごした。都内のめぼしいコーヒー
ショップはどこも混んでいて「学習禁止」なんて書いてあるカフェもあるなかで、
ここは広々としているし、設備も整っているし、何より空いていて有難い。

でも今日は「T-CAT」でノンビリ読書している時間はない。水天宮のすぐ近くに
ある「人形町駅」まで歩き、日比谷線に乗り換えて三ノ輪の「一葉記念館」
行かなくちゃならない。

S_2
(水天宮では幟が立っていた。何か縁起のいい日なのかな?)

S_3

人形町駅は水天宮前駅のすぐ隣りにあって、乗り換え駅と言ってもいいくらい
近い。水天宮の前の人形町通りでは、地元の人たちがたくさん集まってイベントを
やっていた。ついブラブラとここで時間をつぶしてしまう。

S_4

次のミュージアム「一葉記念館」(↑)では、樋口一葉の生い立ちや下谷龍泉寺の
長屋の暮らしぶりなどが、資料や写真とともに紹介されていた。あらためて小説を
読んでみようという気になる。

S_5

それにしても、一葉が24歳で亡くなったなんて、とても信じられない。一家を
ささえ、文壇にデビューして名作をつぎつぎと発表し、短い人生を駆け抜けた。
ぎゅっと凝縮された人生だったのね。

この辺りでお昼を食べようと思ったが、お店はどこも閉まっている。
やっと中国人夫婦がやっている中華料理店を見つけ、回鍋肉をお腹いっぱい食べ
たら、急に眠気と疲労が襲ってきた。地下鉄に揺られたらもうだめ、気を緩めたら
すぐ寝込んでしまいそうだ。

予定では、日比谷線で恵比寿に行き「東京写真美術館」、それから池袋サン
シャインシティ・古代オリエント博物館の「古代メキシコ・オルメカ文明展」に行く
つもりだったが、時間的にも体力的にもちょっとムリのような気がして、池袋
だけにした。

S_6

池袋サンシャインシティは若者というより子供の街って感じ。騒音と混雑のなかを
くたくたになって歩き、サンシャインシティのいちばん奥まったところにある
古代オリエント博物館にたどり着いたら、ここも人でいっぱいだった。
「マヤ暦」が話題になっているようだから、それでこんなに入場者が多いのかな。

S_7

謎のオルメカ文明だけれど、私がいちばん不思議に思うのは、どんな人種、民族が
その文明を担ったかだ。発掘された土偶を見ると、東洋人的な容貌をしている
ものもあれば、まったく異なる容貌の石像もある。
彼らはどういう人種なんだろう。

メキシコシティにある「国立人類学博物館」の所蔵品もあった。あの博物館に
行ったときは、巨大すぎる展示会場とミステリアスすぎる展示品にエネルギー負け
してしまったものねぇ。

オルメカパワーにやられたのか、今回もまたフラフラになって会場を後にした。
ちょっとミージアム疲れかな?

2010/12/02

ぐるっとパス「皇居周辺」

今日は東京駅丸の内にある銀行に行って「ピーターラビット」のカレンダーを
もらい、日本橋高島屋で「ゆずのポン酢」を買うのが目的だ。

でもせっかくのお休みにこれだけという訳にはいかない。丸の内まで行くのなら、
「ぐるっとパス」で皇居お堀端にある「国立近代美術館」に入ろう。
それから、お堀端に行くのなら、半蔵門にある「日本カメラ博物館」のフォト
サロンと九段にあるイタリア文化会館の「イタリアの世界遺産写真展」も見て
こよう。フォトサロンとイタリア世界遺産写真展はぐるっとパスの対象ではないが、
どちらも入場無料なのだ。

こうして休日はどんどん忙しくなるのだった。

F1000020

カレンダーとゆずポンは荷物になるので後回しにして、まず半蔵門にある「カメラ
博物館」に行った。でも今日の目的は博物館でなく「名取洋之助の写真展」が
開催されているフォトサロンのほう。

1930年代の日本、ドイツ、アメリカの写真は、断片的ではあるけれど、その時代の
空気を感じさせてくれた。それにしても、アメリカは豊かだったなあ。

S

カメラ博物館は英国大使館のすぐ裏手にある。英国大使館は長い塀と樹木に囲ま
れて、まるで大名屋敷のようだ。

Photo_2
(英国大使館正面)

何かで読んだのだが、世界中どこも英国大使館はその国の一等地にあるんだとか。
もちろん日本の英国大使館もその例にもれず。何たって千代田区一番町だもんね。

S_2

つぎに目指すのは「イタリア世界遺産写真展」だ。
英国大使館前の内堀通りを15分ほど歩くと、周囲の落着いた佇まいとは不似合いの
赤いビル「イタリア文化会館」に着く。平日だからか入館者の姿はなかった。
わざわざ写真展で見なくても、ガイドブックにいくらでも載っているしね。

Photo_4

行ったことのないイタリアの世界遺産がまだまだある。今度いつイタリア旅行
できるかな~。

S_3

皇居周辺の道は紅葉で埋まっているけれど、師走とは思えない暖かいお天気で
歩いていると汗ばんでくる。イタリア文化会館から靖国神社前を通り、途中で
「ぐるっとパス」が利用できる「昭和館」に立ち寄った。あまり興味はないが、
せっかく通りかかったんだものね。(↑道の向こう、右手の建物が昭和館)

S_4

そこから「国立近代美術館」は徒歩15分ほど。
ここは常設展のみ「ぐるっとパス」で見られる。東京の美術館のなかで、私はこの
「国立近代美術館」がいちばん好きだ。

3時までに東京駅丸の内の銀行に行ってカレンダーをもらわなくちゃならないので、
美術館で休憩もせず急ぎ足で東京駅に向かう。
それにしても1年たつのは速い。ここのカレンダーを貰ってきたのが、ついこの
あいだのような気がするけど、もう1年たってしまったのね。

東京駅構内を通って八重洲口に行き、日本橋高島屋で「味工房 志野」の「ゆずの
ポン酢」など3本買った。うららさんが美味しいと言っていたので、東京での販売
予定をチェックしておいたのだ。

夕飯にさっそく「しゃぶしゃぶ」で味見した。ぽん酢の味がマイルドで美味し
かった。これからは当分簡単鍋料理になりそうだわ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »