無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 文化の日・耐久ミュージアムめぐり(後半) | トップページ | ミュージアムめぐり 上野 »

2010/11/11

ふゆざくら

今日は午前中に宅配便が来ることになっていて、お昼頃になってやっと届いた。
おかげで部屋の掃除が出来たけど、美術館めぐりはあきらめた。

このあいだ「江戸東京博物館」のイタリアンレストランで、お得なハンバーグ
ランチを見かけたので、今日はそこでお昼を食べようと行ってみた。でも今日の
お得メニューは別だったので、居酒屋風のところでお刺身定食を食べた。
広い店内は超満員で、両国周辺のどこにこんなにビジネスマンがいるんだろうと
ちょっとビックリ。国技館で「ビジネスフェア」をやっているからかな。

食事をしてから、読み終わった「ピアニストという蛮族がいる 」(中村紘子著)を
返しに図書館に行ったら、「幸田露伴の兄、郡司成忠」の資料展をやっていた。

たいていの人は幸田露伴を知っていても、郡司成忠は知らないだろう。私も知らな
かったのだが、たまたまこの日返却した中村紘子の本の中に、日本人ピアニストの
草分け的存在、幸田延(幸田露伴の妹)のことが載っていて、兄である探検家、
郡司成忠の名前もあったのだ。

それにしても幸田一家は優秀な人物ばかりだ。何だか息が詰まりそうな家族だわ。
ひとりくらいボンクラがいたほうが、視野も世界も広がるのにねぇ。
(凡人の負け惜しみです‥‥^^;)

S

江戸東京博物館の周囲のソメイヨシノの並木は、赤っぽい黄色に色づいていた。
ソメイヨシノって桜の花だけでなく紅葉も楽しめるのね。

S_2

その紅葉のなかに、白い小さな花をつけた木が混じっている。

S_3

可憐な白い花の木は「ふゆざくら」だということを、掛けられた名札で知った。

« 文化の日・耐久ミュージアムめぐり(後半) | トップページ | ミュージアムめぐり 上野 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

冬桜というと、群馬県藤岡市鬼石の冬桜を見に行ったことがあります。(^◇^)
今年もそろそろ咲いてるかなあ。
徒歩圏内で見られるとはいいですねえ。

こちらのベランダでは花梨が紅葉してます。
朝顔もまだ小さいのが咲いてるけど、これはそろそろ終わりでしょう。
冬間近だ。(^o^)/~~~

欠食児さん、ベランダで花梨が紅葉しているなんて、素敵じゃないですか。ネットで調べたら、花梨はバラ科ということですから、ソメイヨシノやふゆざくらと同じですね。

花梨をベランダで栽培できるとは知りませんでした。お手入れが大変なんじゃないですか?でも花梨の実には薬効があるので、育てる価値はありますね。

私はモノグサだし我家は日当たりが悪いので、ベランダにあるのは物干しだけです。

花梨は食べた物の種を植木鉢に蒔いたら育った、だけです。(^◇^)
放ったらかしでもどんどん育ち、私の身長位になったので先を切って成長を止めました。
偶に小さな花が少し咲きますが、未だに実はなりません。

キャベツも残った芯を埋めたら、成長しましたよ。
三つ葉も根っこを埋めたら毎年生えてきます。
果菜は土の量が少ないのでベランダでは難しいですが、葉菜は何とかなります。
蝶が寄ってくると、後に虫が発生しますが。
三つ葉は日当たりが少ないほうが育ちますよ。(^o^)/~~~

食べ終わった果物の種を埋めておいただけで育つなんて、植物の生命力は強いんですね。いろんな果物で試してみてくださいな。アボカドなんか、どうかしら?

三つ葉やハーブなど、ほんのちょっと欲しいというときに便利ですね。キャベツの芯はいつも捨てていましたが、もったいないような気がしていました。シャキシャキとした採れたてキャベツが食べられていいですね。

今度気が向いたら三つ葉でも植えてみます。

冬桜って知りませんでした。
普通の桜は暖かくなって咲くんですから、これは寒くなってから咲くんでしょうかね。

欠食児さん、ベランダで植物を育てるのは好きじゃないと出来ないですね。すごいです。私もキャベツ育ててみようかしら。(ひたすら食い気です)

ろうまさん、アボガド育てたことありますよ。種を水につけて3週間ぐらいすると芽が出ます。パカッと種が割れて芽が出てくると嬉しい。
でもかなり大きくならないと実はならないようです。観葉植物として育ててました。すぐ大きくなるので鉢が大きくなっていくのが大変でした。

HANAさん、私も今回初めて冬桜という木を知ったんです。
ソメイヨシノより小さくて可憐なお花でした。冬というくらいですから、きっと今が見ごろなんでしょうね。ときどき江戸東京博物館に行くので、お花の様子を見てきます。

ところでHANAさんはやっぱりアボカドを育てたことがあったんですね。でもあの種を果実にまで育てるには、ベランダではムリでしょうねえ。

キャベツはいつも余ってしまうので、食べたい分だけ収穫できたらな~と思っていました。でも私は、食べるのは好きだけど育てるのは苦手なので、こんな大物はムリですわ。三つ葉がいいとこかな。

昨日、偶然アボガドを安く入手しました。(^◇^)
種は結構大きかった。
HANAさんは栽培した事があるんですね。
大型の植物は土の量を必要とするから、ベランダでは苦しいです。

私のベランダも殆ど食用。
何故かソテツがありますが、これは種を貰ったので植えたら生えてきた。
東京でも冬を越してます。
今年の猛暑で葉っぱが増えました。

キャベツは虫がつきやすいので、結球するまではなかなか成長しません。
半分以上は食われてしまう。
その代わりに揚羽蝶などが時々立ち寄ってくれます。

収穫は、出来たらもうけもの程度に考えてます。
気楽にやるのがベランダ菜園が長続きするコツかも。(^o^)/~~~

欠食児さんもHANAさんも、手軽なベランダ菜園のレベルを超えていますわ。なかなかそこまで出来ませんよ。お二人のお宅のベランダを、写真で拝見したいものですcoldsweats01

心にゆとりがないと、植物を育てることは出来ませんよね。芽が出てスクスク成長する様子を見ていたら、気持も前向きになるような気がします。そのうえ食用になれば、石二鳥ですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化の日・耐久ミュージアムめぐり(後半) | トップページ | ミュージアムめぐり 上野 »