無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 朝鮮通信使のパレード | トップページ | 東京の伝統的工芸品 »

2010/11/04

文化の日・耐久ミュージアムめぐり(前半)

今日はウォーキングに絶好の秋晴れとなった。
スカイツリーもくっきり見える。

S

こんな日は東京メトロ1日券を使ってミュージアムめぐりをしようと、「ぐるっと
パス」のリストと地下鉄路線図を見比べ、港区の美術館に行くことにした。

S_2

まず最初はホテルニューオータニの中にある「ニューオータニ美術館」へ。
地下鉄半蔵門線に乗って永田町駅でおり、お堀で釣りをする人たちを眺めながら
弁慶橋を渡ると、眼前には巨大なホテルがそびえ立っている。

S_3

ホテルニューオータニと向かい合うプリンスホテルの敷地に、こんな碑が立って
いた。ここ紀尾井町の町名は、この地に藩邸を構えていた「紀伊徳川、尾張徳川、
彦根井伊」の各藩から一文字ずつとって付けられたという。江戸時代から特等地
だったのね。

そういえば、我が住まいの辺りは「津軽弘前藩」だったな。
ビルが林立する東京で、江戸の名残を探しながら散策するのも楽しそうだ。

企画展は「日本画に見る四季の美」というもので、東京富士美術館所蔵の日本画が
展示されている。日本画とひとくちに言っても、丹念に描かれた美人画から抽象画
のようなものまで様々だ。河合玉堂の作品も数点あった。玉堂の描く風景には、
いつも懐かしさを感じる。

S_4

次は永田町から南北線で六本木一丁目駅まで行く。この駅は「泉ガーデン」という
複合ビルと直結していて、エスカレータを乗り継いで丘の上まで行くと「泉屋
博古館 分館」がある。(本館は京都にあるようだ)

S_5

S_6

隣は「スペイン大使館」前は「スウェーデン大使館」で、辺り一帯は木々の緑に
囲まれ、高級住宅街の雰囲気いっぱいだった。

ここでは「幕末・明治の超絶技巧」という特別展が開催されていた。「世界を驚嘆
させた金属工芸」というパンフのキャプションは誇張じゃない。日本の伝統工芸の
繊細さ、技術の確かさ、品のよさに魅せられた。この日訪れた美術館のなかでは、
ここがいちばん印象強かったわ。主要作品は京都の「清水三年坂美術館」所蔵との
こと。

S_7

そこから歩いて5分くらいで「大倉集古館」に着く。
ホテルオークラの玄関前にあるこの美術館では「開窯300年マイセン西洋磁器の
誕生」をやっていた。16~18世紀、ヨーロッパの宮廷を魅了したイタリアの
劇団「コンメディア・デッラルテ」の磁器人形が、いきいきとして華やかで素敵
だった。

大倉集古館は、ホテルオークラと同じ敷地内にあるので、ミュージアムグッズには
外国人が好みそうな北斎の小物もあった。

S_8

今回の美術館はどこも、常設展と企画展にパスだけで入ることが出来る。
こういうところでは気に入った作品の絵葉書などを買って、わずかだけれどお金を
落とすことにしている。

« 朝鮮通信使のパレード | トップページ | 東京の伝統的工芸品 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

一日で3つですか~、パスを活用してますね。
でも前半ということはもっと巡ったんですか。

泉屋博古館のことは知りませんでした。住友コレクションの美術館なんですね。
三井といい三菱といい最近旧財閥系のコレクションを美術館として公開するのが目立ちますね。まぁ、元々コレクション自体はあったのでしょうけどここも分館が出来たのは平成になってからだそうです。都心の再開発に合わせているのかどうなんでしょう。
それとも税制が変わって公益法人化が進んだのかしら。

東京は都心でも緑が多くていろんな見どころがまとまっているのが羨ましいです。
美術館巡りはたくさん歩かなくてはならないから体力が要りますね。

昨日は関西文化の日でたくさんの施設が無料だったのですが、ちょっとお疲れモードだったので一日家でごろごろしていました。
もっと文化度を高めなくては!

HANAさん、そうなんですよ、まだこの続きがあるんです(^o^;)
地下鉄の1日券をフルに活用しようと、耐久レースさながらに頑張ってしまいました。

財閥系コレクションは規模がそんなに大きくないのでハシゴできましたが、それでも朝起きたら体が痛かったわ。まあこんな機会でもなければ、足を運ぶこともなかったので、良かったですわ。

どの美術館も「ぐるっとパス」を持った中高年の姿が目立ちました。
このパス制度はグッドアイディアですね。美術館側はコレクションを見てもらえるし、時にはグッズも買ってもらえる。でも最大のメリットは、中高年&高齢者の心身が鍛えられることじゃないかしら。美術館めぐりは、かなりの運動量ですからね。

ところで、今日のニュースで知ったんですが、ブログに書いたプリンスホテルが廃業するようです。最後のクリスマスイルミネーションが灯ったと伝えていました。紀伊和歌山藩、ホテルときて、今度は何になるんでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝鮮通信使のパレード | トップページ | 東京の伝統的工芸品 »