無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 秋晴れの一日 | トップページ | 近江八幡へ »

2010/10/07

京都と近江八幡2泊3日

連休に京都に行くことにした。土曜日は仕事があるので、日曜日~火曜日の2泊
3日となる。

何気なく見ていたWebニュースで、京都の高台寺で長谷川等伯の「山水図襖」
複製画を公開していることを知った。劣化が激しい作品を高精細デジタル技術で
再現したもので、12月8日まで公開される。

高台寺といえば、両親のお骨を分骨してある「東大谷廟」のすぐ近くだ。
9月にお参りに行く予定だったが、妹が怪我をして計画延期になっていた。
でも「等伯の襖」鑑賞を兼ねてやっぱりお参りしてこよう。機会を逃すと、また
いつ行けるか分からないもの。

思い立ったら即実行‥‥と言っても、出発の日曜日まで3日しかないから、即
実行しなくちゃ間に合わないけれど。

東京駅のJR東海ツアーズに、格安で新幹線に乗れる「ぷらっとこだま」の
空きがあるかきく。さすがに日曜日はいっぱいだったけど、お昼頃発の京都行き
グリーン車をとることが出来た。帰りは京都午後発の普通車。紅葉の季節だから
普通の新幹線はもう席がないと思うけど、「こだま」なら何とかなるような気が
したわ。

帰宅して早速パソコンに向かって宿探しをした。
日曜日の京都はもうどこも満杯だったので、初日は前から行きたかった近江八幡に
泊まることにした。翌日は京都駅前のビジネスホテルを予約することができた。
近江八幡のほうも駅前のビジネスホテル。どちらも口コミ情報を参考に決めた。

行楽時期の休日は、ビジネスホテルのシングルルームが狙い目だ。
ふだん仕事で泊まるビジネスマンが休みなので、部屋が空いていることが多い。

さあこれから皆さんのブログを読み直さなくちゃ。

S
(このあいだ買った「うすはりグラス」に「大吟醸」をいれて飲んだ。グラスだけだと
心もとないほど軽いが、お酒を入れるとちょうどよい重さになる)

« 秋晴れの一日 | トップページ | 近江八幡へ »

旅・国内」カテゴリの記事

コメント

このうすはりグラス、娘の友人も例のアウトレットでゲットしたそうです。
以前から買おうかどうか悩んでいたけど、ビールなどとても美味しく飲めて、もっと早く買えばよかったとブログに書いていたそうです。
TMさんと同じ思いの人が他にもおられましたよ。

京都と近江八幡の旅楽しみですね。
近江八幡は歩くのにちょうどよい大きさの町でした。
お天気に恵まれるといいのですね。

大谷さんに分骨されておられるのでしたか。
嫁家のお墓も大谷さんにあります。
8月に手術をしたおじいちゃんが7日に亡くなり、昨日はお通夜、ちょっとあわただしい日々を過ごしています。

うららさん、こんにちは。

「うすはり」はかなり有名なんですね。私は今まで知らなかったんですよ。とっても軽いので、ビールなんかも、ジョッキとはひと味違った上品な気分で飲めそうです。

さきほど「うららさんのブログ」で「近江八幡」の記事を読ませていただきました。写真を拝見して、町のイメージがわいてきました。楽しみです。

東大谷祖廟へは最初に父と行きました。私が世間の常識に疎いので、自分が死んだ後私がちゃんとお骨を納めてくれるか心配だったみたいcoldsweats01 あれこれレクチャーを受けました。
故郷にもお墓があるんですが、私が死んだら世話する人がいなくなるので、すべて京都の大谷廟に納めてもらおうと思っています。

おじいちゃんが亡くなられたとのこと。お葬式は心身とも疲れます。お体をお大事に。

琵琶湖の旅、楽しみですね。
長谷川等伯の複製画公開の話は知りませんでした。
もし機会があれば行ってみたいと思います。

京都の紅葉は11月下旬ですが、連休はいつも混みあっていますね。
近江八幡のほか、長浜、彦根などあの辺りは見どころが多いです。
楽しんできてください。

HANAさん、いつものことながら、ドタバタ行き当たりバッタリの旅をして、疲れて帰宅したところです。

1泊目を近江八幡にして正解でした。近江商人を生んだ町ですが、朝鮮通信使が通った町でもあるんですね。琵琶湖もチラッと見てきましたが、大きくて自然豊かで「里山」があるというのも納得しました。

近江八幡のあと彦根にも行ってみたんですが、「彦根城天守閣上り60分待ち」という表示に恐れをなして、お堀をぶらつくだけにしました。さすが「国宝」だけのことはありますね。立派なお城だと思いました。

京都見学は今朝7時にホテルをチェックアウトして「大谷廟」でお参りし「高台寺・円徳院」「智積院」で等伯を鑑賞してきましたが、あいた時間で行ったところが大変だったりしました。

また旅行記をアップしますので、読んでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れの一日 | トップページ | 近江八幡へ »