無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 「都営まるごときっぷ」乗り物いろいろ | トップページ | 日本文化で売り込み »

2010/09/26

「都営まるごときっぷ」スカイツリーと江戸情緒

日暮里から都営バスに乗って浅草でおりたが、じつは前日の日曜日にも妹と浅草に
来たばかりなのだ。

S
(アサヒビールの炎のオブジェ)

お昼に妹と浅草の「イタリアレストラン」に行ったら、午後1時すぎだというのに
満席だった。仕方なく、吾妻橋を渡って墨田区側にある「アサヒビール」のビア
レストランに入った。ここはビール会社の経営なので、ビールの種類がバラエ
ティに富んでいる。ビール党は楽しめるだろう。私はバナナ味のビールを飲んで
みた。アルコールに強くない女性向きのテイストだった。

S_6

連休の日曜日だからか浅草は観光客でごった返していて、「何だこの大混雑は!
今日は正月か!」と叫びたくなったわ。数年前に「浅草は活気がなくなった」と
言われていたのがウソのようだ。

S_2

「せっかくだから浅草寺にお参りしていく」という妹を日陰で待ちながら、スカイ
ツリーの恩恵をいちばん受けているのは浅草だな~と実感した。もちろんスカイ
ツリーのほうも、浅草があるから観光客が来るんだろうけど。

各種旅行ガイドにもスカイツリーと浅草がメインで載っているし、隅田川のまわり
には浅草以外にも江戸の名残りが多いので、この辺で観光客を案内するとしたら、
私も「江戸とツリー」をセットにするでしょうねぇ。

でも私が住んでいる錦糸町だけは江戸とは真逆の「エスニックタウン」で、探せば
伝統工芸の小さな博物館やお店などもあるのだが、たくさんのタイやインド料理の
レストランがそれらを圧倒している。まあたまにはこちらで気分を変えるのも
良いと思うけど。

1dayフリーきっぷは、錦糸町から二つ目の浅草橋(都営地下鉄浅草線)から
スタートしたのだが、地下鉄に乗る前に、駅近くの洋食レストラン「大吉」で
ランチを食べた。池波正太郎がひいきにしていたらしい。11時半オープンなので
11時40分に行ったら、もう何人ものお客さんが座っていた。

S_3

私はランチメニューの「エビフライとカニコロッケ定食」(1150円)にした。
美味しかったわ。他のメニューも食べてみたい。駅からも近いので、何を食べるか
迷ったらこのお店がいいと思う。

S_4

このお店に行く途中に、外国人がゾロゾロ出てきたお家(↑)があったので、何だ
ろうと覗いて見たら「ゲストハウス」だった。浅草橋は浅草、秋葉原、日本橋が
徒歩圏内という観光にはもってこいの町なので、これからも小さなゲストハウスが
増えるんじゃないかしら。

S_5

夜は神保町まで行って「ボンディ」のカレーライスを食べた。お店が入っている
ビルの入口はもう閉まっていて、裏口から入ったのだが、店内はお客さんでいっ
ぱいだった。私が注文したのは「ポークカレー」(1450円)。間違いなく美味し
かったが、料金が高すぎる。神保町は古書や本屋の町で、貧乏学生がやってきて
カレーを食べるというイメージがあるので、この町のカレーは安くあるべきと
私は思うのだ。銀座じゃないんだから。

雑誌などにレストランが紹介されてていても、ふだんは行く機会がない。
お休みの日などに、フリーキップを使って普段着グルメをするのもいいわね。

« 「都営まるごときっぷ」乗り物いろいろ | トップページ | 日本文化で売り込み »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

東京に行くとなんか浅草に行きたくなります。
夫は浅草神矢バーの電気ブランが大のお気に入りで、私には少し強かったですが、一番最初に電気ブランを飲んだ時は美味しいと大感激していました。
その後、近くのスーパーで電気ブランを見つけた時も感激していましたが…
私は、次はアサヒビールのビアレストランに行きたいです。

マンデーさん、「神谷バーの電気ブラン」
http://www.kamiya-bar.com/02.html
はもう何十年も前からいちど飲みたいと思い続けているんです。でも機会がないんですよね~。

神谷バーにひとりで昼間入るのも何だか気が引けるし、浅草は夜が早いので飲みに出かける気にならないんです。錦糸町は一晩中やっているお店がたくさんあるのに、浅草はどうしてあんなに早終いなんでしょう?

でもマンデーさんとご主人がオススメなら、これはもう飲まなくちゃなりませんね。今度だれか酒飲みをさそって、夕方あたりに行こうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「都営まるごときっぷ」乗り物いろいろ | トップページ | 日本文化で売り込み »