無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 房総の小江戸 大多喜 | トップページ | 河内音頭とジャズ »

2010/08/16

景気づけにワッフル

電気代が払えず76歳の男性が熱中症で亡くなったという。悲しい話だ。
病気がちの48歳の長男と二人、亡くなった父親の年金だけで暮らしていたと
いう。

世界一の長寿国のかげで、家族とも縁が切れてしまった高齢者が数多くいる。
行方不明になった理由はさまざまだろうが、家族がいたために却って行方を
捜せなかったケースもあるだろう。

8月15日の終戦記念日になると、あまりにも悲惨な死をとげた多くの若者達の
ことが取り上げられる。決して戦国時代のことではない。ついこの間の話なのだ。

これから人生で最も充実した時期というときに、病で亡くなることもある。
人生ってままならぬものだと思う。

戦時中に大病院に勤務していたという女性は、自分が体験した空襲の話を始めて
止まらなくなった。
「山のように積み上げられた死体は、どう処分されたんだろう、たぶんどこかに
埋めたんでしょうね、それ以外に方法がないもの。生き残った友達も皆亡くなって
今は私ひとりきりなの」

「いくら話してもキリがない」と言いながら、お話はなかなか終わらない。
こちらは仕事があるから、いつまでも話相手しているわけにいかない。誰か、
同じような境遇の友人でもいればいいんだけど‥‥。長生きするのも寂しいもの
かも知れない。

失意のうちに亡くなった人の話、きびしい暮らしのなかで生きている人の話など
聞くと、贅沢を言えないなと思う。無いことを悲しむより、有ることで満足する
ようにしないとね。まあ口で言うほど簡単なことじゃないけど‥‥。

駅構内でやっている「マンスリー・スイート」、今月は神戸のワッフルだ。

F1000005

景気づけに「大阪おばちゃんロール」買ってしまったわ。
スポンジは柔らかいし、中のクリームも美味しくて、気に入りました。

F1000002

« 房総の小江戸 大多喜 | トップページ | 河内音頭とジャズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

父親の年金で親子二人が生活していて亡くなるという悲しいニュースでした。

この年金だと一人でも家賃を払えば生活できないと思います。
適度なおせっかいが必要な時代じゃないかしら。

こういう人たちがいるにもかかわらず、生活保護で毎日パチンコに行ったり、お寿司を食べに行ったりしている人たちがいるのは本当におかしいと思います。行政はきちんと実態を把握して必要な人に必要な保護が行われ、働ける人は働いて自分の生活を確保するようにして欲しいです。

年配の人は昔のことは良く覚えているけど、それを話す相手がいないみたいですね。傾聴ボランティアというボランティアもいるらしいけど。
伝えることが必要なことは伝えていかなくてはならないと思うけど。

HANAさん、お役所もなかなか目が行き届かないんでしょうが、当然受けるべき人が支援からもれて、うまく利用している人に税金が使われるのは困ります。生活保護の人は医療費が無料ですから、安心して医者にもかかれるしお薬ももらえます。でもわずかな年金で暮らしている人は、病院に行くのもためらってしまうでしょう。

もっと公平でバランスのとれた制度はないものかしら。

近いうちに全世帯の4割が一人暮らしになるそうですが、どうやって高齢者が孤立しないようにするか、その生活をバックアップするかが社会の最大の課題になるでしょうね。

でもそんな社会を支える若者が、いま職が無くて大変の状況です。これからどうなるんでしょうね。

この神戸ワッフルは手土産にしたり、あるいは逆にいただいたりします。
が、大阪おばちゃんロールは知らなかったわぁ。
どこのかしら?

うららさん、この「大阪おばちゃんロール」は、神戸ワッフル「エール・エル」の目玉商品みたいで、ショーケースの目立つところに置いてありました。

ワッフルというと、外側のスポンジのようなものがあまり好きじゃないんですが、神戸ワッフルの「エール・エル」はワッフルというよりケーキの食感で美味しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 房総の小江戸 大多喜 | トップページ | 河内音頭とジャズ »