無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/29

日本の暮らしはそう悪くない?

どうしてこんなに暑いのか‥‥。

休みの日に冷房につかってグータラしていては、健康にも良くないし電気代も
かかる。だから用事がなくても出かけて、ショッピングセンターや大型書店で
ぶらぶら時間を過ごすことにしている。

今日は新宿まで行った。
西口の超高層ビル街はほとんどがオフィスなので、日曜は空いている。でもビルを
閉じているわけではないので、冷房はしっかり入っていて、涼むのには最適だ。
閉まっているお店も多いが、コーヒーショップなどはオープンしているし、駅の
周辺にくらべ混んでいないのでユックリできる。

ぶらつきの途中に「ペンタックスフォーラム」で「富嶽天空の夢彩 」という
写真展を見た。これでもかとばかり美しい富士山の写真の数々。いっとき涼しい
気分になれたわ。

コーヒーショップでお茶を飲んで、立ち読み客がたくさんいる大型書店を流して
歩く。最新のさまざまなジャンルの書籍や雑誌を立ち読みできるのは有難いが、
つい気になる記事や本を見つけて買ってしまい、よけいな出費をしてしまうのが
難点だ。

今日はニューズウィーク日本語版を買ってしまった。
この中に「世界 成長力&幸福度ランキング100」という特集が載っていて、
日本は何と第9位につけているのだ。上位に名を連ねるのは、小さくて豊かで
治安が良くて寒い国ばかりなので、人口の多い国に限るとランキング1位になる。

「え~っ、このランキング、どんなデータに基づいているの?」
日本は景気が悪くて、冴えない国の代表みたいだと思っていたので、これには
興味をひかれてつい買ってしまった。

いくつかの項目のなかでは「医療」で日本が第1位になっている。
外国の医者にかかったことがないので比べられないけど、外国の医療の話を聞くに
つけ、日本の「国民皆保険制度」は守っていかなければならないと思う。

S

夕方になって、まだまだ熱がこもっている駅前広場におり立つと、今日はやけに
空が赤い。赤というよりピンク色に染まっている。暑さと関係あるのかな?

S_2

そうそう、部屋のベランダから東京スカイツリーのてっぺんが見えた。
先週の日曜日にはビルに隠れて見えなかったから、1週間でだいぶ伸びたことに
なる。こう暑いと、何か積極的に楽しみを見出そうという気にならないから、
ときどきベランダからスカイツリーを見て、その成長でも楽しもうかな。


2010/08/26

錦糸町河内音頭大盆踊り

今日は恒例の「錦糸町河内音頭大盆踊り」の日。帰宅途中に会場に立ち寄った。

S

会場になっている首都高速の高架下は人いきれでムンムン。

S_2

長い会場の手前はシート敷きのスペースで、適当にすわって「お花見」みたいに
飲み食いしている。お花見の場合は、それぞれ自前のシートを敷いて場所取りする
けれど、こちらは主催者が敷いたシートなので誰がすわってもいい。

S_3
(夜店、屋台も並んでいる)

「飲み食い」している人たちの向こうに、踊っている人たちの大集団がある。
ふつう盆踊りってのは輪になって踊るけれど、この「錦糸町河内音頭盆踊り」は
ディスコみたいに入り乱れて、みんな勝手に踊っている。

F1000005s

プロの歌手の生歌が朗々と響く。「エンヤコラセ~、ドッコイセ」のリズムに
のせられて、自然に体が飛び跳ねてしまうわ。

S_4

飛び入りで踊る人が多いのも、河内音頭の特徴じゃないかしら。
右手に焼ハイ、左手にたこ焼き、肩にバッグの私は、周りでピョンピョン飛び
跳ねていただけだけど。

この盆踊り大会、明日もあります。ストレス解消にもってこいですよ。

(↑2009年の盆踊りのビデオ。YouTubeより)

2010/08/22

亀戸天神祭とジャズフェスティバル

今日は亀戸天神4年に1度の本祭の「氏子神輿宮入」の日。
朝から練り歩いているお神輿の笛の音が、いつまでもピーヒャラ、ピーヒャラと
近くで鳴っている。洗濯物を干すついでにベランダの下を覗いてみたら、マン
ションの前で担ぎ手の皆さんが休憩していた。

S

しばらくして買物に出たら、お神輿は大通りを通過中だった。
3ブロック25の氏子町内の神輿が練り歩くのだから、行列はえんえんと続いて
いる。


S_2

猛暑のなか体を押し合いながら歩くので、口から出る言葉は「暑い、暑い」
ばかり。ショッピングモールの前でダウンしている人がたくさんいた。

今日は「第1回すみだストリートジャズフェスティバル」もあった。
屋外のステージは日差しがあまりにも強くて、演奏者も聴衆もみなゲンナリ。

S_3
(ビルの日陰にかたまって演奏を聴く人たち)

室内の会場はそのてん快適だ。
駅前のホテルのロビーラウンジで「椎名豊トリオ」の演奏があるので、お昼を
食べてから行ってみた。

ラウンジの前には順番待ちの列が出来ていた。
相席にしないので、とても全員は入れない。
あぶれた人たちは、2階の廊下からラウンジを見下ろして演奏を聴いた。
私も廊下組。

S_4

ついつい身体がリズムをとってしまう。スゴイ!良かったわ~。

S_5

それにしても暑すぎたわ。ボランティアの人たち、大変だったでしょうね。
ちょっとは応援しなくちゃと、1000円のタオルを買い300円のカンパをしてきた。

2010/08/18

河内音頭とジャズ

8月も下旬になると、あちらこちらで盆踊りやお祭りが行われる。

Img_3794s

ところで、街を歩いていたら、こんなポスターが目に入った。

F1000003s

「すみだストリートジャズフェスティバル」

今年が第1回なので、今後もつづくかどうかはフェスティバルの盛り上がり次第
でしょうね。土曜日は仕事があるので行けないけど、日曜は食料品を買いに出た
ついでに見てくるかな。

このポスターを見てふと思ったのが、毎年開催される「河内音頭盆踊り」のこと。
資金難で続けるのが大変という話を聞いたことがある。ジャズフェスティバルも
いいけど、せっかく地元に溶け込んだ「河内音頭盆踊り」は止めないでほしいな。

‥‥と思っていたら「錦糸町河内音頭大盆踊り」のポスターも、ジャズに負けじ
とばかりに貼りだされていた。

F1000007s

こちらは、いつも仕事帰りに立ち寄る。たこ焼きを食べるのが楽しみだ。
みんな勝手に踊ったり、飲んだり食べたりしているが、私は舞台の前で「河内
音頭」を聴くのが好き。ジャズと河内音頭は、ノリがいいところに共通性がある
わね。

ジャズフェスティバルは21(土)、22(日)の昼間だが、盆踊りのほうは
25(水)、26(木)の夜なので、時間帯がダブることはない。

でもこんなにお祭りだらけだと、暑さ疲れの体がついていけない気がする。
熱中症にならないようにしないと。

ジャズフェスティバルの時期を、もう少し秋口に延ばせばいいのにな。

2010/08/16

景気づけにワッフル

電気代が払えず76歳の男性が熱中症で亡くなったという。悲しい話だ。
病気がちの48歳の長男と二人、亡くなった父親の年金だけで暮らしていたと
いう。

世界一の長寿国のかげで、家族とも縁が切れてしまった高齢者が数多くいる。
行方不明になった理由はさまざまだろうが、家族がいたために却って行方を
捜せなかったケースもあるだろう。

8月15日の終戦記念日になると、あまりにも悲惨な死をとげた多くの若者達の
ことが取り上げられる。決して戦国時代のことではない。ついこの間の話なのだ。

これから人生で最も充実した時期というときに、病で亡くなることもある。
人生ってままならぬものだと思う。

戦時中に大病院に勤務していたという女性は、自分が体験した空襲の話を始めて
止まらなくなった。
「山のように積み上げられた死体は、どう処分されたんだろう、たぶんどこかに
埋めたんでしょうね、それ以外に方法がないもの。生き残った友達も皆亡くなって
今は私ひとりきりなの」

「いくら話してもキリがない」と言いながら、お話はなかなか終わらない。
こちらは仕事があるから、いつまでも話相手しているわけにいかない。誰か、
同じような境遇の友人でもいればいいんだけど‥‥。長生きするのも寂しいもの
かも知れない。

失意のうちに亡くなった人の話、きびしい暮らしのなかで生きている人の話など
聞くと、贅沢を言えないなと思う。無いことを悲しむより、有ることで満足する
ようにしないとね。まあ口で言うほど簡単なことじゃないけど‥‥。

駅構内でやっている「マンスリー・スイート」、今月は神戸のワッフルだ。

F1000005

景気づけに「大阪おばちゃんロール」買ってしまったわ。
スポンジは柔らかいし、中のクリームも美味しくて、気に入りました。

F1000002

2010/08/15

房総の小江戸 大多喜

いすみ鉄道に30分ほど乗ると沿線最大の町「大多喜町」に着く。
この町は、徳川四天王の1人本多忠勝の城下町として栄えた。
今もその雰囲気があり、由緒ある建物がいくつも残っていて、房総の小江戸と
呼ばれている。いすみ鉄道随一の観光地だ。

(クリックすると画像が拡大されます)

S
(駅のホームには、こんな記念撮影用のハリボテが)

でも私の目的は小江戸でなく、この町にある「薬草園」のほうだ。
駅前にある立派な観光案内所に立ち寄って市内マップをもらう。

S_2

この観光案内所はなかなか便利だ。トイレはもちろんだが、テーブルと椅子や
ゆったり出来る大きなソファもあり、物産品なども置いてある。100円でタン
ザニアの無農薬コーヒーも飲める。(何でタンザニアなのかは?)

S_3

マップを見ると「薬草園」は大多喜城の近くにある。ネットで調べたら駅から
徒歩15~20分らしいので、そちらに向かって歩き始めた。

ところが目指す地域は中心部とは反対側の山のほうにあり、「城と渓谷ライン」
という上り坂道路を歩かなければならないので楽じゃない。
道の片側が渓谷になっていて景色は悪くないんだけど、その日は台風の影響で
強い風が吹いたり、急に雨が降ってきたり、またカンカン照りになったりで、
歩くのも大変だった。

S_4

そんな道を黙々と歩いていると、場違いな「メキシコ通り」とやらに出会った。
慶長4年房総沖で難破したメキシコ船を救助したことから、メキシコとの友好の印
としてつけられた通りとのこと。もっと賑やかなところにすればよかったのにね。
でも城下町とメキシコは合わないかな。

いつも持ち歩いている晴雨兼用の傘の骨が強風で折れてしまって、タクシーに
乗ればよかったとトホホの気持になったころ、お城や薬草園などへの道案内が
見えた。ヤレヤレ‥‥。

お城と薬草園は方向が違うが、案内板によると薬草園のほうが近そうでホッと
した。薬草園のすぐ近くに図書館があったので、まずそこで一息つく。熱中症に
なったら大変だから、ムリしないようにしないと。この図書館は有難かったな。

S_5

「薬草園」は大多喜町から指定された城西国際大学が管理運営を行っている。

面積は、たぶん、このあいだ行った小石川植物園より小さいのだろうが、何せ
周囲が山や渓谷だから、ずっと広く感じる。周辺一帯がホンマもんの植物園だ
もんね。

S_6

木陰に行くとヒンヤリした風が吹いてきて涼しい。植物は天然のクーラーだと
実感することができたわ。入園者は誰もいない。後にも先にも私だけ。資料館に
行ったら管理人がいたけど。

S_7

ワイルドだな~。やっぱりホンマもんだわ。でも注意って、どうすればいいの?

S_8

資料館の入口には「神農さま」の小さな像が置かれていた。

資料館には漢方に使われる生薬の標本が並んでいた。最近漢方の勉強をしている
ので興味津々で見て廻ったが、まだどれが何やら見分けがつかない。
朝鮮人参くらいかな、見分けがつくのは。

植物園から見えるお城は昭和50年に再建されたもので、現在は博物館になって
いる。ここから徒歩5分くらいなのだが、薬草園だけで疲労困憊してしまった
ので、お城はやめて城下町散策にエネルギーを使うことにした。

S_9

帰り道は下り坂なので、来る時よりずっと楽だった。
いすみ鉄道の踏み切りを渡ると、城下町への道しるべが立っている。

S_10

まず目に飛び込んできたのが「酒蔵小路」。ここを通り過ぎることは出来ないわ。
道は御影石が敷き詰められている。

S_11

その先にあるのが「豊乃鶴酒造」。

S_12

ちょっと裏側も覗いてみる。

S_13

ここからは城下町通りをぶらぶら散策し、観光案内所にパンフ(上の写真)が
おいてあった和食のお店でランチを食べた。すべて野菜のお料理は胃にやさしく
ペロッと平らげた。中高年向きのお店だわね。

S_14
(今日のランチは冷汁)

小江戸の雰囲気がただよう静かな町だった。

S_15

2010/08/13

いすみ鉄道&小湊鉄道

きのう(木曜日)「いすみ鉄道」に乗ってきた。
「いすみ鉄道」は、経営難の折から訓練費用700万円は自己負担という条件を
つけて機関士を募集した会社。それに応募して採用された人がいるんだから、
鉄道にあこがれる人が多いんだな~とビックリした。

でもこの「いすみ鉄道」は数日前に存続か廃止かを決める会議が開かれて、存続が
決定したばかり。「何もない」がウリモノの路線だから、赤字になるのが当然で、
ローカル線を残したいという鉄道ファンの応援が頼りだろう。

ひょっとして奇抜な求人募集は「路線存続のためのパフォーマンス」だったんじゃ
ないかしら。応募する人がいて、募集したほうがビックリしたのかもね。

錦糸町から千葉で乗り換え外房線「大原」まで1時間40分ほど、そこから「いすみ
鉄道」に乗る。

S

ホームの入口に切符自動販売機があるが、私が買いたい「房総半島横断切符」は
レジで買ってくださいと貼り紙してある。ところが売店はシャッターが下りたまま。
ウロウロしていたら発車少し前の9時半ごろお店の人がやってきて、無事切符を
買うことができた。

S_2

いすみ鉄道は今「ムーミン列車」を運転中だ。
フィンランドから視察の人が来て、この雰囲気ならムーミンにふさわしいとOKが
出て実現したらしい。

S_3

私のプランは「いすみ鉄道沿線最大の観光地」大多喜でおり、終点の上総中野で
こちらもローカル線の「小湊鉄道」の乗り換える。養老渓谷で下りて散策し余裕が
あったら温泉に入って、夕方小湊鉄道終点の五井まで行き、JR内房線に乗り換え
帰宅するというもの。でも何せ本数が少ないから、計画通りに行くかどうか。

S_4

コトコト走り出したムーミン列車は、黄色に実った田んぼや深い緑のなかを進んで
行く。平日ということもあって乗客はまだ少ないけど、13日~15日はもう少し
行楽客でにぎわうんだろうな。

Img_3839s

途中の国吉駅には「スナフキン」などムーミンキャラクターが並んでいた。

S_5

また他の駅には「かかしコンテスト」らしきものも。お決まりのスタンプラリーも
あって、乗客集めにいろいろ知恵を絞っているようだ。

S_6

全線約1時間ほどの「いすみ鉄道」は上総中野で「小湊鉄道」に連絡する。

S_7
(無人駅が多いので女性の車掌さんが切符を売っている)

この辺りには「養老渓谷」と「養老渓谷温泉」があり、多くの行楽客でにぎわう
地域のようだ。大多喜ですっかり疲れた私は、ここでの途中下車を諦めたのだが、
駅には足湯があって沢山の人が座っていたから、この沿線で最も人気のある観光地
であることは間違いない。

S_8
(関東駅100選の上総鶴舞駅)

ところで小湊鉄道にはレトロな駅舎がそろっていて、映画やTVドラマの撮影に
利用されることが多いらしい。私が気に入ったのは「東京タワー オカンとボクと
時々、オトン」が撮影された「里見駅 」だが、写真を撮り損ねてしまった。

養老渓谷をパスしたので、一ヶ所くらいどこかで途中下車しようと「上総牛久」で
おりた。ここから電車の本数が増えるから、見どころが無かったらすぐ次の電車に
乗り換えられると思ったのだ。

Img_3920s
(レトロな雰囲気の上総牛久駅近く)

駅の近くにこれといった観光名所はなく、結局次の列車で終点「五井」に行った。

小湊鉄道五井駅はJR内房線五井駅に連絡している。
私は知らなかったけれど、この駅は市原市の玄関口のようで、駅からは渡り廊下で
「サンプラザ市原」というお役所の窓口も兼ねたモダンなビルに行くことができる。

Img_3927s

この12Fにあるレストランで、「クリームあんみつ」を食べながら街並みを眺めて
時間をつぶした。海岸沿いにコンビナートが見えた。あれは何工業地帯かな?
レストランの人に聞いたけど、よく知らないようだった。
(ネットで調べたら京葉工業地帯みたい)

S_9

駅構内には「スカイツリー案内」のポスターがあった。
錦糸町からの徒歩コースが載っている。ここからだったら錦糸町がいちばん便利
だと、つい宣伝したくなるわ。いろんなガイドブック見ても、錦糸町は江戸情緒が
ないせいか余り紹介されていないのだ。

1時間に1本総武線快速直通の電車があるので、それだと乗り換えせずに1時間
ほどで錦糸町に着く。このあたりから都内に通勤している人もかなりいるだろう。


2010/08/10

おしなりくん

今日はお休みだけど、暑いからと家でジッとしていたら、ますます夏太りして
しまう。冷房にどっぷりつかっていたら体に悪いし、電気代もかかる。
やっぱりどこかに出かけなくちゃ。

予約している本が貸し出しOKとなったら図書館に行こうと思っているのだが、
評判になった本ばかりなので、なかなか順番が回ってこない。

オンラインで予約状況を調べたら、「1Q84」214人、「告白」84人、「天地
明察」82人、「親鸞・上」27人、待ちとなっていた。予約したのが4月だから、
下手をしたら1年待ちになってしまうわ。ときどきチェックしないと、何を予約
したのかも忘れてしまう。

お昼を食べてから、久しぶりに東京スカイツリーまで歩くことにした。

Img_3823s

錦糸町駅隣にあるホテル前の道は、真ん中にスカイツリーを眺めることができる
ので、近隣から「スカイツリー通り」にする案が出ているようだ。JRのパンフ
にも「散策コース」として紹介されていた。徒歩20分ほど。

何にもない通りだけれど、これから変わって行くんだろうな。

Img_3805s

こんな(↑)ビストロがあった。前に来たときには無かったと思うけど‥‥。

S_2

道は「浅草通り」につきあたって終わる。

目の前にはスカイツリーがそびえ立っているが、浅草通りを横断する前に、
すぐ右隣に地元の人がつくった休憩所「おしなりくんの家」があるので行って
みる。あいにく今日火曜日はお休みだったけれど。

でも近所の商店は「おしなりくん」で盛り上がっていて、いろんなグッズが売ら
れていた。

Img_3808s

「おしなりくん」というのは「押上」と「業平」の二つの町名をとって
つけられたもので、モデルは「在原業平」。でも美男じゃなくて「癒しキャラ」。

Img_3810s

Img_3813s

私はこういう可愛いものが好き。都バスのマスコット「みんくる」もいいね。

Minkurutowa_01

少しは地元経済に貢献しようと、1個200円でこんな「おしなりくんパン」を
買ってきた。頭の上に切り込みがあるから、自分でオクラみたいなクッキーを
さして「烏帽子」にするんですって。(クリームたっぷりで美味しい!)

Img_3825s

2010/08/06

快眠グッズ

いま漢方の学習をしているが(まだ初歩の初歩)、近く最初の試験があるので
ノートにいろいろメモして通勤電車のなかでチラチラ見ている。
でもこれを見ていると、すぐに眠くなってしまうのだ。電車の振動のせいか、
ノートに書きつけた文字のせいか‥‥たぶんその両方なんだろうけど。

熱帯夜つづきで寝不足気味だ。とくに寝つきが悪くて困っている。
このあいだテレビを見ていたら、「寝つきを良くするグッズ」ということで、
振動するマットを紹介していた。「電車の振動モード」と「赤ちゃんの時感じた
お母さんの鼓動モード」などあって、どれも効果が上がっているんだとか。

これまでにも「ヒンヤリするジェルマット」とか、「体圧を分散するマット」とか
いろいろ買って処分に困っているので、買うかどうするかもう少し考えることに
するわ。

電車といえば、訓練費用700万円自己負担という条件で機関士候補を採用した
「いすみ鉄道」を存続するかどうか、明日検討会議がもたれるようだ。
あの千葉県森田知事が「私としては残したい」というようなことを言っていたし、
「いすみ鉄道」経営陣も、ムーミン鉄道を走らせたりしていろいろ経営努力をして
いるので、何とか続けてほしい。

だいいち、廃線になってしまったら、有り金700万円もはたいて機関士訓練を受ける
人たちはどうなってしまうの。

でも存続するためには、やっぱり乗客がいないとね。
休みの日にでも「いすみ鉄道」に乗りに行こうかな。

S
(しなの鉄道の直売所も兼ねている駅)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »